2018年11月13日

妊娠したかな?と思ったら -妊娠検査のマイルール-

IMG_9256dakko.JPG

最近お会いした方には
少しずつご報告してきたのですが、

ただいま第四子を妊娠中です。


夏、妊娠したかな?と思ってから三ヶ月、
じーっと様子を見守っておりました。

そして秋、散々つわりで苦しんでるし、
生理が三ヶ月こないし、さてそろそろかね、
と腰を上げて、助産師さんのところへ。

そりゃもう立派な赤子が育っておりました!


・・・これがここ数年の、私の妊娠後のスケジュール。

「三ヶ月で受診」というのをマイルールにしています。
(※あくまでも個人的な判断です。自己責任でお願いします)

IMG_9257dakko.JPG

妊娠8回、うち流産4回、出産3回。

このとおり、流産が多かったもので、
妊娠しても最初の三ヶ月くらいは母子手帳がもらえません。

病院の先生も慎重にならざるを得ないのか、
「うーん、もうちょっと待ってね」と言うことが多い。


でも、今の妊娠検査薬って
生理予定日の翌日くらいから判定可能だったりして
えっらい精度があがってますよね。

ということは、ごくごく初期から「陽性」と出てしまう。
まだどうなるかも定かではない初期から。

IMG_9259happa.JPG

で、勇んで産婦人科に行くも

「まだ早いから、胎嚢(たいのう)も見えませんねー
 二週間後にまた来てください」

なんて言われちゃう。


ドキドキ、ハラハラ、
二週間をやたら安静に慎重に過ごして
いざ2回目の診察では

「胎嚢(たいのう)は見えますねー
 でもまだ赤ちゃん(胎芽)が見えませんので
 また来週来てください」

となって、
赤ちゃん、どうか生きていてー!
と願いながらまたハラハラの一週間。

IMG_9244echo.JPG

3回目の診察でも

「まだ心臓が見えませんから〜
 心拍が確認できれば安心なんですけどねー
 また二週間後に来てください」

で、4回目に心拍が確認できても
先生の勘か何かで

「もうちょっと様子を見たいですねー
 念のため、また来週来てください」


・・・もう、えーっちゅうねん!!!

IMG_9171gama_no_ho.JPG

この過程の中で、私の場合、
半分くらいは育ちきらずに
短い命を全うして還っていくことが、
充分にわかりました。

底なしの絶望と虚無の真っ只中で、
あのときのあの動作がいけなかったのか、
あの食べ物で子宮が収縮したんじゃないか、
なんて全力で後悔もしました。

心拍が一週間で消えたことも、
お腹の中で萎んで小さくなっていたことも、
妊娠三ヶ月での流産も、ありました。


初期から診察していて流産したら、
それが体内で心拍が止まったままだったりすると
自然に出てくることを待ったりはせず、

入院して麻酔して、手術で掻き出して、
廃棄物として処分されることも経験しました。

IMG_9182gama_no_ho.JPG

 つらい。

 妊娠って、
 早くわかっても、つらい。

 安定期までは周りにも言えないから、
 つわりってことも、伝えられない。

 流産したら、余計につらい。

 誰にも言ってないから、
 悲しいって言えない。

IMG_9185gama_no_ho.JPG

・・・でも。

子宮外妊娠なんかも心配だし、
やっぱり診察はしたほうが安心なのかな。


 じゃあ、妊娠三ヶ月になった頃に診察しよう。

 運を天に任せて、命それぞれの持ち時間に委ねて、
 せーの、ドン!で、三ヶ月目に見てみよう。

IMG_9183gama_no_ho.JPG

そう思うようになってからは、
妊娠したかな?と思っても、
すぐには妊娠検査薬を使わなくなりました。

使うのは、生理が来なくなって二〜三ヶ月してから。
診察してもらう直前。

初診が三ヶ月だと、心拍どころか
脳も目も手足も確認できる時期なので、

診察のたびに先生に何か不安要素を聞かされて、
次回への不安を募らせる・・・というストレスが減りました。

※ただし、不正出血や腹痛を繰り返すときは、もちろん安全優先で調べます!

IMG_9141tsumiki.JPG

そうそう、
こんなこともありました。


「そろそろ診察に行こうかな・・・」
と思っていたある晩、

ずっとつわりで気持ち悪かったはずなのに
ムラムラっと性欲めいたものが感じられ、

「え!?おかしいな?何かあったかな?」
と思ったら、

当時履いていた冷えとり靴下に
一夜にしてボッカリと大穴が空いて・・・。


「あ、この子は昨日で寿命を迎えたのかもしれない。」
直感で悟りました。

数日後、お風呂でどろっとまとまった出血があり、
その子が出ていったのを感じました。


自然な旅立ち。

病院で手術されたときの慟哭とは大違い、
静かな気持ちで、送ることができました。

IMG_9150daigo_eki.JPG

なんだかお別れのことばかり書いてしまいましたが・・・

IMG_9513telephone.JPG

現在は、お腹の第四子が妊娠五ヶ月。

3月の半ばに産まれてくるようです。

本人の生命力を、天命を信じて、応援するのみです!

IMG_9534bouken.JPG

7月後半から10月前半までの重いつわりが
やーっと、明けたー!! と思ったら、

すでに胃袋が大きな子宮に押し上げられて苦しく、
結局あんまり食べれない・・・(涙)


たまにドカ食いしたり、
ジャンクに走って撃沈したり。

自分の浮き沈みに泣き笑いしつつ、甘やかしつつ、
省エネモードで暮らしてまいります。


さて、暮らしも出産も、どうなることやら!?

以上、妊娠のご報告を兼ねて、
妊娠にまつわるマイルールのご紹介でした〜。

IMG_9544bouken.JPG

関連記事:
お産にじっくり向き合う
 分娩予約のこと、おすすめの自然出産本など。
 私が2度目の出産(次女)を目前にした頃に書いた記事です。

お産について思うこと
 3度目の出産(長男)前に書いた記事。
 切迫早産のこと、お産の死生観についてなど。

IMG_9278picnic.JPG



* * * お知らせ * * *

話す、聴く、座る、過ごす。
いつものそんな時間に、瞑想を味わう時間が加わると・・・?

ひきこもり当事者および悩みを抱える方のための
マインドフルネス体験会が前半に入っているそうです^^

11月21日 新月カフェVol.26(with マインドフルネス!)@つくば

私と子ども達は、
つくば自然育児の会の外遊びに行こうかなーと。

穏やかな天気になりますように〜



* * * まかない日記 * * *

夏に2歳になった息子は、
お料理のお手伝いを少しずつ覚えています。
IMG_9188A_otetudai.JPG
静かに混ぜる、ピーマンを洗う、なんかはもうバッチリ。

この日は10月だけど暑い日で、つわり中の私は
「冷やし中華なら食べられるかも」と思って
具だくさんのタレを作ったのでした〜。

子ども達は・・・
IMG_9190osoto_lunch.JPG
つくばの一軒家の名残か、お外で食べるのが好きらしく、
アパートの駐車場でも!コンクリでも!新聞紙でも!

何だか楽しげに、お外ランチをしていましたよー。
IMG_9189osoto_lunch.JPG

自分ちの駐車スペースを、洗濯物と子ども達で半々にして。
ちんまりと収まっております(笑)。
IMG_9192osoto_lunch.JPG

私は、食べられないもののほうが少なくなってきたので
少しずつ体重を増やしていきたいです!

ではまた^^
posted by miya at 16:55| Comment(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする