2018年07月11日

チャックつきポリ袋のこと

IMG_7972zipper.JPG

チャックつきのポリ袋、
よく見たら身の回りの商品に、たくさんありました。

しかも「中身(商品)を守るための袋」だから、すごく丈夫!

きっちり洗ってお日様でしっかり乾かして
順次使わせてもらっています。

IMG_7973.JPG
(その昔、月桂樹を植えるという発想がなかった頃のもの)


袋そのものが「商品」だと、
数回で破れないと次を買ってもらえないから
あえて薄く作ってあるんじゃないかなぁ。

(だって以前、冷蔵庫を使っていた頃、
 冷凍用チャックつきポリ袋が
 冷凍庫内でぶつかって破けてるなんて、
 日常茶飯事でしたもん)

IMG_7779kitchen.JPG
(パーマカルチャーと平和道場の、廃材を駆使したシステムキッチン)


うちの母なんか見ていると、
安い100均の袋を買ってきて
冷凍専用だと書いてあるのに
アッツアツに電子レンジでチンして
「なんかくさい・・・」なんてこともしょっちゅう。

冷凍専用だの加熱OKだの、種類が増えすぎて
いざ使う段になると、何がNGかわからないようです。

IMG_7781water.JPG
(明るいうちに調理。後ろでプールを満喫してくれたらラッキー)


ということで、最近は
昆布の大袋、乾燥ハーブの小袋、重曹の袋に
スキムミルク(冷蔵庫ないのにカフェラテがやめられない私)の袋・・・

などなど、チャックつきのものが空になると
大喜びで洗っては干し、再利用しています。


何が入っているかわからなくなりそう、
と以前の私なら嫌がっていたはずなんですが。

裏紙や模様の薄い包装紙を小さく切っておき、さっとメモして
テープで貼ったり洗濯バサミでとめたりすればそれでOK。

それ以前に、冷蔵庫がないおかげで
そんなにたくさん保管しなくなりました。

把握しきれる量で暮らすという、
新たなチャレンジでもあります。

IMG_7972-2.JPG

ちなみに今は、ラップもない生活。

野菜の切り口をぴったり保存したいときや
刻んだ野菜類を次の料理に回すようなときには・・・

薄くて柔らかい(笑)「商品としての」チャックつきポリ袋や
薄手の透明のビニール袋(お豆腐なんか買うと使うアレです)を、
何度も再利用して使っています。


「小さな変革」関連記事:
ほうきでお掃除 カタログの山に挑む 服は買わない 縫い針の錆びを落とす 油汚れに新聞紙を 古着を捨てる前に



* * * お知らせ * * *

facebookのページで「参加予定3人」でしたが、
3人で動かせる気がしませーん(涙)。

P1090474koya.JPG
7月14日(土) 小屋をピラミッド建造みたいに移動する会!


人数が多いほど楽チンになるはずですので、
お近くのみなさま、見物がてら、ぜひぜひお力を貸してください〜!



* * * まかない日記 * * *

敷地内のあちこちにアシタバがわさわさと茂っているので
「パワーのあるものが食べたーい!」という気分の日に刈ってきて、調理しています。

アシタバの茎(下茹でなし)とさつまいものきんぴら。
IMG_7785ashitaba.JPG
八丈島の家庭料理を、子どもも食べやすくさつまいも入りでアレンジ。

葉っぱはくったり食べやすくなるまで下茹でして・・・
IMG_7771ashitaba.JPG
刻んで鰹節粉・醤油でささっとおひたしに。
IMG_7786ashitaba.JPG
(太すぎました!小さい子には千切りがいいみたい)

アシタバのほか、最近はツユクサも美味しくて気に入っています。
また野草ネタが書きたいなぁ〜^^

IMG_7789ashitaba.JPG
ごちそうさまでした♪
posted by miya at 23:33| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする