2018年02月16日

夜だけ『ゴム紐なし』生活 -暖房なし生活 発展編-

IMG_5091hanten.JPG

◆ 暖冬じゃなかった ◆

この冬は暖かいなぁ〜、と思っていました。

1月の徹夜仕事で深夜に湯たんぽを出したのが4回。

来客時以外は本当にエアコンもストーブも出番がないばかりか、
家事をしていたらポカポカしてきて
必需品だった半纏を脱いで過ごすこともしばしば。

もう節分を過ぎたら春の陽気で、
なんて短い冬だったのかしらと・・・

でも、今年はすごく寒い冬だとあちこちで書かれていたので
どうやら、私や家族の代謝があがり、体温が高くなっているみたいです。
(体温計を使わないので、明確に体温が何度とはいえないんですが・・・)

IMG_5083hanten.JPG

◆ ゴム紐が身体に悪い!? ◆

例年の暖房なし生活に加えて、今年取り入れたのは
ずばり、

 「 ゴム紐なし生活 」。

見元良平先生というお医者さんが提唱された『ゴム紐症候群』に、
我が家はすごーく納得したのです。
1484139020kenkoudearutameni.png
健康であるために―ゴム紐症候群について

見元 良平【著】
※目次が見れるためリンクを貼っていますが、本は手に入りません


簡単に言うと、

・ゴム紐の入った衣類が日本に流入して以来
 様々な疾患が増えてきた

・じわじわと締めつけ続けることは体表の血流を妨げ
 人間の治癒力を低下させる

・入院患者にゴム紐なしの衣類で過ごさせると
 ゴム紐ありの患者に比べて治癒が非常に早かった
 (火傷の治りなど写真つきで記録がありました)

といったお話で、それをまとめた本が
1977年(!)に出版されていたそうです。
(高知のお医者さんだそうで、ここにも土佐の偉人が!と嬉しかったな〜)

詳細HP⇒「ゴム紐症候群」について 引用⇒ゴム紐症候群(1) (2)


つくば身体操法研究会小磯さんから教わるまで
この理論を全く知らなかったのですが、
これは今後の医療界&衣料界に革命を起こすんじゃないかなぁ〜。


◆ 体の表面がカギ ◆

「体表が本来の動物としての状態を保てているかどうか」
というのはここ数年来の我が家の大きな関心ごとでして。

野人むーさんの著書

の中でも、

・体表の微生物(常在菌)のバランスが取れていれば体臭はなくなる

・魚はもともとは生臭くなく、
 体表のヌルヌルが破壊された瞬間から生臭さを発する

といったお話があり、これは真実だなぁと納得したのが確か、4年ちょっと前
私たちが洗剤なし生活石鹸なし生活を始めるきっかけとなりました。


◆ 夜、全裸で寝始めた夫 ◆

話は戻って、『ゴム紐症候群』を知ってから
夫が全裸で寝始めました。

秋だったかな、冬になってからだったかな。

裸なんて、や〜め〜て〜!と思ったんだけど
(だって別にゴム紐なしの服で寝ればいいじゃん)、

 とにかく暖まるよ!足がポカポカだよ!
 冷え取り靴下なんかより絶対意味があるから!

と激推しされる日々が続きまして・・・

IMG_4255daizu_dakkoku.JPG
(大寒波到来の1月下旬、大豆の脱穀。夫そういえば裸足でした)


◆ パジャマをやめてみた ◆

まずは、ぎゅーっと腰を締めつけていた
厚手の冬パジャマを脱いで布団に入ってみました。

と言っても、暖房なし生活の方針として
厚着で暮らし、布団にもやや厚着でもぐりこんでいたので
外側1枚を脱いだ程度なんですが。

薄手のマタニティスパッツ(=ウエストゆるゆる)1枚、
長袖シャツ1枚で2日ほど眠ってみたところ、

 ・・・冷え取り靴下が、イライラする。

 おーい靴下さん!
 あなた、かなり私を締め付けてるやん!
 もう、無理〜!

3日目には長年の冷え取り習慣だった靴下を脱いで
裸足で眠るようになりました。

冷え性を自覚する私が冬に裸足で眠るなんてアナタ、
冷え取りを始めたのが8年前ですから、実に9年ぶりのことですよ〜!!

IMG_4925teami.JPG
(11年前、姉が切迫早産で長期入院中に編みまくった赤ちゃん服。今になって我が家で流行中)


◆ ゴム紐なしで、朝は汗だく!? ◆

眠りに入るとき、まだ私は足先が冷たいことも多かったんですが
そんな時は指先をグッパーグッパー、60回くらい高速で動かしてました。

すると時間差でポポ・・・ッと、体内から温かくなっていくのを感じるんです。


驚くのは、朝。
布団の中で、足が汗をかいているんです〜!!

なので、毛布に直接触れて寝ることができなくなります。
(蒸れて気持ち悪いんです)

で、汗を呼吸してくれるタオルケットが肌に触れるようにしました。
そうなると静電気も起きないし、身体がすごーく気持ちいい。


暖房なし生活ゆえに毛布を2枚使ったりもしていた一年前と違って、
今は肌触りのいい薄手のタオルケットと毛布、そして掛け布団。

真冬、家のどこかの窓が一晩中あいたままになっていても
誰も気がつかないくらい、みんなの体温があがりました。

IMG_3900engawa.JPG

◆ 日中も体温高め ◆

冒頭で書いたとおり、日中の服の枚数も減りました。

まず、高機能インナーがいらなくなりました。
汗を吸ってくれる綿の肌着だけでOK。

そして、真冬に車の運転(これも暖房なし)をするとき
以前なら冷た〜いハンドルを握るために手袋をしていたのが
今年は一度も手袋を使う必要がありませんでした。

真冬のひざ掛けも前は必須アイテムだったのに、
今年はドライブ中のひざ掛けをみんな持て余し気味。

運転中に体温があがってきてダウンを脱ぐ、
駐車中に暑すぎて窓を全開にして過ごす、
コートを忘れて出かけちゃう、
なんて場面が何度もありました。

どれも、真冬の話、暖房なし生活での話です。

IMG_3339madogiwa.JPG

◆ 身体を修復する「夜」だけでも・・・ ◆

何も全裸にならなくても、例えば女性なら

 夏物の綿素材のワンピース(ゴム紐が一切ないもの)だけを着て寝るとか、
 ノーパンに抵抗があるならゴムが完全に伸びてる下着で寝てみるとか。

それだけでも劇的に身体が変わるので、おすすめです。


昼間の活動に比べて、夜は身体が自己修復する大切な時間。

その夜に「ゴム紐なし」で過ごすということは、
体表の血流を妨げないから、血行が良くなり、
体温を上げ、代謝を上げ、本来の治癒力を取り戻せる。


我が家ではそれを身をもって体験しましたので
暖房なし生活シリーズの発展編として、ここに記録しておきます。

来年はどこまで行くんだろう!?
楽しみです〜♪

IMG_3494engawa.JPG

※今回、文中リンクが多くて読みにくくてすみません!
 自分のためのメモを兼ねているので、ご容赦ください〜 > <;



* * * お知らせ * * *

まもなくです♪
2月18日 第30回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座〜花粉も腰もまとめて体質改善! Blogはこちら

合宿の申込みは2月28日までだそうです!
180303-04open_labo.JPG
3月3日〜4日 身体と心を味わいつくす! 〜ヨガ、瞑想、心身治癒法、プチ断食etc〜

Blogはこちら

そして3月も予定が決まりました〜
3月25日 第3回 マインドボディ アドバンストコース〜心で治癒する日常へ Blogはこちら

自然体研究所のご案内ばっかり!? ハイすみません〜!
雑草屋系のご案内は、また、できるときに・・・^^;



* * * まかない日記 * * *

実家が柑橘の国に近いもので、やたらとミカンが届きます。

で、おやつに果物ばっかり食べると血糖値あがっちゃって
気持ちの乱高下により、興奮・ぐずりなど、子育てがとっても大変になるので、
できれば食事として消費しちゃいたいわけです。

3歳次女、もっぱらミカン係。ひたすら皮をむいてもらいます。
IMG_4403mikan.JPG

半分に切ってお鍋に並べ、塩をパラ〜っと振って。
IMG_4425mikan.JPG
弱火でぐつぐつ。
恒例のコンポート的な何か。
IMG_4431mikan.JPG

パンケーキにのせてお昼ごはん。
IMG_4426mikan.JPG
ごくろうさまでした♪
posted by miya at 22:15| Comment(0) | 身体を整える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

あなたはそのままで価値がある

GRL_0030fujisan_oisix.JPG

みんなと同じように
カフェでおしゃべりしなくても
カラオケで大騒ぎしなくても
流行の服を着ていなくても

PB202705trip.JPG

バイトをしていなくても
意欲的にあちこちに顔を出さなくても
たくさんの知り合いがいなくても

GRL_0033yosakoi_honsai_hiromeichiba.JPG

にぎやかな旅行に行かなくても
食べ歩きにつきあわなくても

あなたはそのままで価値がある

GRP_0279tsukubadaibaku_sotsuron.JPG

みんなと同じにしなくていい
自分にダメ出しもしなくていい

tsukubadaibaku.jpg

無理して背伸びしてお金使って
そうやって付き合わないといけない友達は
結局本当に合う友達じゃないから

それに気がつくまで10年以上かかったし
不毛な背伸びに何十万円も費やした

GRP_0276tsukubadaibaku.JPG

あなたはそのままで価値がある

成果を達成できなくても
多くの信頼や賞賛を得られなくても

みんなに好かれていなくても
どこにも居場所がないと感じても

gotanda_morning_oisix.jpg

本当に大切なことは
余計なものを取り払った後にも残るもの

GRL_0083studio_utanda.JPG

がんばってもいいけど
がんばらなくてもいい

そのままの自分を許してあげることだけ
がんばったらいいんじゃないかな

あなたはそのままで価値があるのだから

gotanda_sunset_oisix.jpg


・・・

大学生になった頃から何年も何年も、ずーっと何かに急かされて
底なしの孤独に怯えながら、次々に予定を埋めてきました。

手帳に予定がいっぱいの友達を見て焦ったり落ち込んだり。
顔を出さないと悪口を言われるかもと無理して参加し続けたり。

でも、すごいと思っていたあの子もあの人も、
ひどいと思っていたあの子もあの人たちも、
それぞれに悩みや苦しみを抱えながら生きてきたのだと、今は思います。


自分が作り上げた理想像に苦しめられながら
アイデンティティを模索しながら
布団に顔をうずめてわめきながら過ぎていった、若い時代。

今なら、もうちょっと自分を大切にしてね、
そのままでもいいんだよ、と言ってあげたいです。

otsukamuseum.JPG

関連記事:「20年後の私へ」 〜今、わたしは中2です〜 
 何もしなくてもいいんだよ がんばらない 幼子のように



* * * お知らせ * * *

自然体研究所のメンバーがやりたいことをぎゅーっと詰め込んだ
特別公開ラボ合宿、3月に開催されます〜。

私は子守りで自宅待機ですけどね、楽しそうですよーっ!
180303-04open_labo.JPG
3月3日〜4日 身体と心を味わいつくす! 〜ヨガ、瞑想、心身治癒法、プチ断食etc〜

Blogはこちら

あと、花粉症で大変な人や、
年度末で肩こり腰痛、鼻炎など悪化が心配な人に。

2月18日 第30回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座〜花粉も腰もまとめて体質改善!
Blogはこちら



* * * まかない日記 * * *

節分の日は、味噌作りに向けた大豆選別もラストスパート。
IMG_4872shizennou_daizu_senbetsu.JPG

何てったって、豆まきに使うクズ豆がたくさん必要ですから(笑)
子どもたちの選別にも力が入ります。
IMG_4871shizennou_daizu_senbetsu.JPG

力いっぱい豆まきをしたあとは、歳の数だけ炒り豆を食べました。
(毎年、大豆は夫が中華鍋で丁寧に炒ってくれます)
IMG_4900setsubun_shizennou_daizu.JPG
おいしい大豆に感謝!ごちそうさまでした♪
posted by miya at 17:01| Comment(2) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

縫い針の錆びを落とす

お裁縫箱を買ってもらったのは、小学校のとき。

祖母も母も、裁縫をたくさんする人だったのに
私はお裁縫箱を、ほとんど授業でしか触りませんでした。

せっかく教わったのに、家では縫い物は母任せ、祖母任せ。
結局、勉強と暮らしをリンクさせられなかったなぁ。


ときどきボタンくらいは付け直すけど、その程度。


裁縫箱の中にある縫い針が錆びてくると、
何も考えずに針ケースの
“使えない針置き場”(と決めている場所)にためていました。

いつか、針供養に出そうと思って(?)
針を買い足しながら、数十年が経ち・・・

IMG_4933nuibari_sabi.JPG

手持ちの針は、どんどん錆びました。
こーんなに!!

IMG_4934nuibari_sabi.JPG

先日、針が1本も使えないことに気がついて愕然としました。

じょ、女子力・・・
低いわ〜・・・


 でも、あれ?
 ・・・錆びって、落ちるんじゃない?

 だって、
 台所で焦げ付いたお鍋とか洗って落ちるじゃない?

 錆びもいけるんじゃない?


ということで、

出でよ、スチールタワシ!!

IMG_4937nuibari_sabiotoshi.JPG

水道の水を細く出しながら、スチールタワシを濡らしては
針の錆びた箇所をゴシゴシ。

針先でケガをしないように気をつけながら、
錆びが落ちたか、指先で確認しながら、
全部の針を磨きました。

じゃじゃーん!!!

IMG_4942nuibari_sabiotoshi.JPG

な〜んだ!きれいにできるじゃん!

黒く変色しているのが錆びていた箇所ですが、
ガビガビした錆びは全部取れていて、布通りも抜群。


もしかして、手芸好きの方には常識だったり、
いつも使っていれば決して錆びなかったり、するんでしょうか・・・

でも私には衝撃&感激だったのですよ〜〜!


あとは、針刺しも含めて、裁縫箱の中身を陽と風にあてて
いったん湿気を飛ばさないとな〜と思っています。

IMG_4920train.JPG

今は100円ショップで何でも買えてしまうからこそ、
「買えばいいじゃん」がポンと出ちゃう。

なるべく買わないようにしているつもりでも、
手入れを怠ってすぐだめにしてしまい、
結局買う・・・なんてこともよくありますが。

便利という消費を加速させているのは、
他ならぬ自分の怠け心かも、しれません。

IMG_4923marathon.JPG
(この冬もスキーに向けて、お庭100周マラソン始まりました)


ふと、祖母のしぐさを思い出して、
頭の油をちょいちょいっと塗りこんで錆び防止。

そうだそうだ、おばあちゃんはこうやって縫い物してたっけ。

針のすべりが良くなるからって言ってたけど、
鉄のフライパンと同じで、油も錆び止めに役に立ってたんじゃないかな。
(しばらく様子を見ないと結果はわからないけど)


じーっと祖母の手元を見て過ごした幼少期を思い出して、ほっこり。

目が悪くなると針に糸が通せなくなって、
「miyaちゃん、糸を通してくれんかね」と持ってきたっけ。

P1000167sobo.JPG
(長女が3歳のとき、私の祖母と、実家を見下ろす山道をお散歩。認知症が進んできた頃)


だから私は極細の針穴でもスイスイと糸を通せるんだけど、
長女はお裁縫セットにはじめから糸通しが入っていたせいで
今でも針穴に自力で糸が通せないみたい。

便利グッズは人の成長を妨げるなぁ。


そうそう、針仕事に関する素敵な絵本があります。

tilly_no_negai.jpg
ティリーのねがい

フェイス ジェイクス (著)


働き者の主人公ティリーのせりふが素晴らしいのです。

「ちょっと つくろいさえすれば、
 すてなくてすむのに」

そして、

「きょうの一針(ひとはり)、あしたの十針(とはり)」

と、ことわざを呟くのです。

十針どころか、何百針分も破れが悪化してから
やっと繕いに悲鳴をあげる我が家は
なーるほどー!!!と感心させられたものでした。

他にも、

「意志あるところに 道おのずからひらく」
「むだをはぶけば 不自由なし」

なんて言いながら、従属する暮らしから独立して
着々とDIYで理想の住まいを作り上げる姿が大好きです〜。

IMG_4910train.JPG

冬だし、久しぶりに針仕事でも再開しよう。


関連記事:服は買わない カタログの山に挑む ほうきでお掃除 布は巡る



* * * お知らせ * * *

花粉症や腰痛、頭痛、湿疹や神経痛など・・・
慢性症状を改善する勉強会、もうひとつ決まりました〜。

2月18日(日)午後
第30回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座〜花粉も腰もまとめて体質改善!


先ほど、今日の勉強会を終えた夫が帰宅しました。
参加されたみなさま、お疲れ様でした〜。良くなりますように!



* * * まかない日記 * * *

疲れたとき、スパイスのきいたものが食べたくなって、じゃがいものサブジ丼。
ラーメンスープのダシを取った後の鶏胸肉をほぐして合わせました。
IMG_4812Sabji.JPG
クミンシード、マスタードシードと岩塩、
ターメリック、にんにく、黒胡椒をガツンときかせました。
IMG_4816Sabji.JPG
明日からはこぐま塾の味噌作り、2日連続!
頑張りましょう〜^^
posted by miya at 23:13| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする