2017年03月12日

ゆるゆる期

しんどいなー、眠たいなー。
何もしたくないなー、身体が重いなー。

そう思っていたら、今日は満月でした。

IMG_6682yuruyuru.JPG

満月だから、という言い方をしたいわけではないのですが、
大きなうねりの上下をイメージしたら、
ゆっくり休みたいのもうなずける。


朝は夫が起きられず、昼は私が起きられず。
だってもう、布団で泥のように眠りたい。

あー、そっか、満月なのね今日は。
と気付いたのは、お昼もとうに過ぎたころ。

潮の満ち引きに身体を委ねるような気持ちで
午後は私がゆるっと、夜は夫がゆるっと、
なんとなく交替でゆるみながら過ごしています。

IMG_6659yuruyuru.JPG

昼と夜とがあるように、
冬と夏とがあるように。

身体や心、物事の変化なども含めて、
ゆったりとしたうねりの中に生きているのだなぁ、
と思います。


何でもやる気に満ちて、意欲満々であれこれ頑張るイケイケ期と、
なーんにもやりたくなくて、ずっと布団にいたいユルユル期。

どんどん人に会いたい外向的な時期と、
誰にも会いたくない内向的な時期。

前者を「ポジティブで意欲的な時期」と言ってしまうと
反対の状態が「ネガティブで無気力」みたいになってしまうので
ちょっと違う表現を考えてみましょう。

外に枝葉を広げる時期と、
じっと蓄えて根を張る時期。

自分を休める、癒す、熟成させる・・・
うんうん、そんな感じ。

だから、非生産的とか、無意味とかではなくて、
繭の中にいるような、必要な時間なのです、きっと。

IMG_6626yuruyuru.JPG

海から生まれたわたしたち。

太古のうねりは誰の中にも息づいていて、
うねりに敏感(正直)な人もいるけど、

鈍感な人もかなりいる現代では
正直者は、暮らしにくいのかもしれません。

IMG_6685yuruyuru.JPG
(手作りカレンダーについては夫がこちらの記事で語っています)


今日の雑草屋は、
夫婦が交代で布団にこもり、

ううぅぅ、とか、はぁあぁぁぁ、とか言いながら
何とか子どもたちの世話をし、用事をし、

でも本当はずっと布団にいたーい!という心の叫びを
それぞれが胸の中で許容してあげている、

そんな1日を過ごしました(笑)。

IMG_6683yuruyuru.JPG

1日の中で、1週間の中で、1ヶ月の中で、
もしかしたら数年単位で、一生の中でも。

イケイケ期とゆるゆる期があって、
それでちょうどいいんじゃないかな。

ゆるゆるな自分を許せるようになってきた、34歳の春です。






* * * お知らせ * * *

えー、ゆるゆる期のため、仕事はあまり進んでいませんが
昨日はこぐま塾の小麦の部でちゃんと集合日を開催できました!

そして、ゆるゆる期のため、ぜんぜん宣伝していませんが
明日はマインドボディヒーリング講座の平日赤ちゃん連れOKの日です!

170313MBH.png
花粉も腰もまとめて体質改善・マインドボディヒーリング講座F


さらに、ゆるゆる期のため、ぜんぜん宣(以下略)、
WSyotei_ban.jpg
3月29日(水) 特別企画「自然体リトリート 〜身体と大地が溶け合う時間〜」
4月1日(土)「身体と心」
 ※詳細はそのうちお知らせします^^;



* * * まかない日記 * * *

白菜1個を四つ割りにして、塩・柚子・唐辛子・水で白菜漬けに。
IMG_6379hakusaiduke.JPG

3〜4日で食べごろを迎えたら、いっきに食べまくります。
IMG_6453hakusaiduke.JPG
おかずに、お弁当に、おもてなしに、おつまみに。
あまり日持ちはしないけれど、あるだけで嬉しくなる、ちょっとした発酵食品です。


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 23:30| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

世のお父さんたちに告ぐ

IMG_5809dear_dad.JPG

子どもたちは、
すぐに大きくなってしまいます。

IMG_5814dear_dad.JPG

あなたが、

朝から晩まで、
月曜から金曜まで、
下手したら1ヶ月ぶっ通しで、

働いているうちに。

IMG_5815dear_dad.JPG

あなたが、

スマホや、
タブレットや、
テレビや、
新聞に、

目を走らせているうちに。

IMG_5816dear_dad.JPG

「あっ」と気がついたときには、

子どもたちは

笑顔であなたの胸に、

素直に飛び込むような時代を終えて

IMG_5817dear_dad.JPG

嬉しい事も 悲しい事も 悩み事も

まずはお母さんに話すようになって

お父さんとは、ちょっと距離ができています。

IMG_5818dear_dad.JPG


お金を稼ぐことと

子どもを育てることは

決してイコールではないのに、


終わりのないマネーゲームを

操りながら 没頭しながら 翻弄されながら

お父さんたちの時間は

お金のためにどんどん消えてゆきます。

IMG_5592dear_dad.JPG

お父さん。

お父さん。

お父さん。


本当に、お金なんかじゃなくて

お父さんとの時間がほしかったよ。

子どもの頃に、ね。

IMG_5811dear_dad.JPG

たまにしか会わないお父さん。

いつも疲れてるお父さん。

何かに追われてばかりのお父さん。


お金を追いかける人生は

家族を冷たく、バラバラにしてしまったよ。

IMG_6100dear_dad.JPG


・・・。


世の中のお父さんたちへ。

お子さんと、一緒に生きていますか。


朝ごはんや、夜ごはんに、

毎日顔を合わせて、

笑いあって、会話をして、食べていますか。

IMG_6003dear_dad.JPG

忙しいから。 仕事があるから。

お金が貯まったら。 子育てが落ち着いたら。

大学に行かせたら。 定年退職したら・・・。


そんな言い訳は、もう結構です。

IMG_6006dear_dad.JPG

お父さんと一緒にいたい季節は、

子どもが心からそう思ってくれる季節は、

ほんのわずかな年月だけです。


今夜、大地震が起きたら?

明日、交通事故に遭ったら?

急病で倒れたら?

犯罪に巻き込まれたら?

IMG_6112dear_dad.JPG

仕事はお父さんで、子育てはお母さん?

何のために働いているの?

家族の幸せのため?

幸せって、お金で買うもの?

IMG_6009dear_dad.JPG

お父さん。

お父さん。

お父さん・・・。


時間は巻き戻せないんだよ。

大事なものの順番を、どうか、間違えないで。






* * * お知らせ * * *

2月のこぐま塾アグリコースの味噌作りの様子、
遅くなりましたが、レポートしています^^
IMG_5359misodukuri_misodama.JPG
【こぐま塾】味噌作りの様子



また、ワンコインで体質改善♪ のこちらの勉強会、
3月13日分はFBイベントページより参加申し込みが可能です。
170313MBH.png
【身体と心の自然体研究所】花粉も腰もまとめて体質改善・マインドボディヒーリング講座F


または、個別に夫(komatsu★zassouya.com)までメールでどうぞ〜。
(★を半角@に変えて送信してくださいね)

3月は、13日(月)昼、19日(日)昼、27日(月)夜
の開催を予定しています。



* * * まかない日記 * * *

最近気に入ってよく作っているのが、豆乳リコッタチーズ。
IMG_6347tounyuu_ricotta cheese.JPG
1リットルの豆乳を中火にかけ、ふつふつしたらりんご酢を小さじ5加え、沸いたら火をとめて15分。ボウルにザルを重ねてさらし(やクッキングペーパー)を敷いたもので水分をしっかり切ります。リコッタチーズ状になった豆乳を器に取り出し、EVオリーブオイル大さじ2、塩小さじ1を混ぜ合わせて出来上がり。

これは『無国籍ヴィーガン食堂メウノータの 野菜がおいしい!ベジつまみ』から。なかなか凝ったレシピが多くて、簡単なものしか今は着手できないのですが、美味しいんです〜。

先日、お友達がベッカライ・ブロートツァイトさんのパンをどっさりお土産にくださったので、子どもたちが大喜び!
IMG_6349bread.JPG

で、ちょうどお客さんと語り明かした翌朝、ひと晩水切りした豆乳リコッタチーズと、最近のまかない日記でご紹介したほうれん草のパスタソース、切干大根のピクルスなんかもパンのお伴に出しまして。
IMG_6346tounyuu_ricotta cheese.JPG
眠かったけど美味しかった〜♪ ごちそうさまでした!


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 23:45| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

焚き火食堂

この冬を振り返ると、
庭で脱穀や精米をしながら
焚き火調理を楽しむことが多かったな。

IMG_4548takibi.JPG

長女の飯盒炊爨シリーズだけでなく、
お雑煮、けんちん汁、パン、炒め物などなど。

IMG_4584takibi.JPG

野菜を洗って、庭に包丁とまな板とボウルを出して
子どもの相手をしながらどんどん切るのは
お日様や風を感じて、すごく気持ちがよかった。

IMG_4663takibi.JPG

上の子たちならがんばっておんぶしていただろうけど、
三人目ともなるとついつい寝っ転がして放っておくから
気付けば「ひどいや母ちゃん」ってな半べそ顔になっていることも。

IMG_4554takibi.JPG

廃材の瓦を立てて3面を囲んだ簡易カマドは
少ない薪で調理ができる、優れもの。

IMG_4676takibi.JPG

誕生日にもらったブッシュクラフトの本にも
さまざまな焚き火の手法が載っていたから、楽しみが増えた。

庭先で焚き火ができるような立地は、恵まれていると思う。
(研究学園都市・つくばですけども。)


インフラを他に頼らない、いわゆるオフグリッドな生活に
部分的にでも、シフトしていきたいなぁ。

普段は100%じゃなくていい。

それでも、少しだけでも、
煮炊きやトイレなんかを、自然と調和するやり方で楽しんでおけば、
いざ災害が起きたとき、何か起きたときに気が楽だと思う。

 ガスが使えない! → じゃあ焚き火すっか〜
 水が流れない!  → ノグソして埋めましょー

・・・なんてね^^

IMG_4570takibi.JPG

どこまでも消費が加速して、
「買えばいいじゃん」って言葉がすぐ聞こえてくるけど、
こんな暮らしは、そう何十年も続きそうにない。

自分にできることから、少しずつ。
楽しいことから、少しずつ。

ダウンシフトを、思いっきり楽しんで暮らしていきます。


そうそう、うちの長男、もう7か月になりました。

IMG_5409osuwari.JPG

お座りが安定して後ろにひっくり返ることも減ったし、
6ヶ月の終わり(2月末)にはやっと寝返りもしました。

寝返りの翌日につかまり立ちをしたのには驚きましたが・・・
順序があるからね、ハイハイして〜^^;



* * * お知らせ * * *

ちらっとノグソの話に触れたのでそのお話。

メディアには(クレームが出るから)被災地でのトイレ問題がなかなか出てこない。
でも実際、一番つらいのはトイレの問題。

ゆるっとマイペースに活動しているつくサスでも
講演「うんこはごちそう」&災害トイレ術を企画して大好評でした。

講師にお招きした伊沢正名さんの最新刊は
アウトドア指南書としても防災手引書としても使える傑作!


きちんと埋めて目印を立てて・・・という、モラルあるお返しの仕方がポイント。

雑草屋もあちこち持ち歩いてみなさんに手売りしております。
気になる方は声をかけてくださいね。

自然食材の西辻弥さん(守谷)、フェアトレードショップのフレンズさん(つくば)にも
数冊ずつ置かせてもらっています。ありがとうございます!!



* * * まかない日記 * * *

いつもの一汁一菜ごはん。
最近は娘たちがごはんを盛り付けてくれるので、お任せしています。
IMG_6293ichizuuissai.JPG
お漬物とかピクルスがあると、もうおかず1品にカウントして、ラクしてます。
こちらは切干大根のピクルス。
IMG_6297kiriboshi_ pickles.JPG
切干大根をサッと洗って搾り、ピクルス残り汁だけが入ってるビンにぎゅうっぎゅうに詰めます。切干大根は、洗わなければ歯ごたえしっかり、洗えば柔らかで食べやすいので、お好みで。ひと晩おいたくらいで食べられます。

夫がおつまみ用にと、添加物などの入っていない、シンプルな材料だけで作られたピクルスを選んで買ってくれるので、こういう残り汁活用も安心です。

もったいない調理も楽しいですよー。
今日も、ごちそうさまでした!


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 06:09| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする