2017年01月31日

はじめての飯盒炊爨

hangou_suisan_IMG_4969.JPG

あれは10日ほど前だったか。
7歳の長女が、初めての飯盒炊爨(はんごうすいさん)に挑戦した。

まずはお庭で、焚き火の練習からスタート。


ここで焚き火を始めた数年前にくらべて、
忍耐力も集中力もぐっと増してきた小学1年生。

薪や焚き付けをたっぷり集めてきて
長すぎる枝はノコギリでせっせと伐って・・・

あちこちから乾燥した枝を拾い集める根気が(やっと)足りてきたし、
薪を組んで“火の赤ちゃんのおうち”を用意するのも上手になっていた。
hangou_suisan_IMG_4974.JPG
家の隣、ヤギを飼っているスペースにて、いざ本番。

風よけの瓦を組んだり、支柱となる枝を地面に深く挿したりと
夫がある程度のインフラ作りをしてあげたものの、
初めてのマッチ擦りに点火など、
全力で頭に叩き込みながらやっている様子。

「えーっと、このあとどうするんだっけ・・・」
hangou_suisan_IMG_4985.JPG
秘密の手引書を読み返す。

クリスマスにサンタさんが届けてくれた、この本だ。
boukenzukan.jpg
冒険図鑑―野外で生活するために

さとうち 藍 (著), 松岡 達英 (イラスト)

大好きな「大草原の小さな家シリーズ」よりも
より具体的で実践的な指南書。

隅々まで夢中で読んでいた娘が
飯盒炊爨に憧れるのは当然だった。


長女の場合、本が介在することで、
親が直接教えるよりも効果的らしい。

つい口を出しそうになる「両親」よりも、
無駄な干渉のない「本」を読み、自分で考え、
どうしてもわからないところだけ親に相談してくる。

hangou_suisan_IMG_4988.JPG
2つの飯ごうは、私の祖父が大事に使っていたもの。

秋田に泊まりに行ったとき、
「持って帰れ〜」って祖母が言ってくれた。


この飯ごうでお米をはかり、研ぎ、浸水させる様子も
親の手伝いを言いつけられた時とは大違いで、

「飯ごうで炊くんだ〜♪
 冒険図鑑に載ってたの〜♪」

なんて、意気揚々と支度をして、動きに無駄がなかった(笑)。

hangou_suisan_IMG_4991.JPG
火の世話をしつつ、妹と遊びつつ、
吹きこぼれそうなときは燃える薪を崩し、
「棒を飯ごうにあててグツグツ」の確かめ方を教わって、
時間はまだ感覚で計れないので、大人に聞いて・・・。


火からおろし、蒸らしも終わって、
フタをあける瞬間は、もうすぐ。

「どうしよう、炊けてなかったらどうしよう〜」
ドキドキしながら、飯ごうを食卓へ。


さぁ、生まれて初めての飯盒炊爨、
結果やいかに!?


どるるるるるるるるるるるるるるる・・・・・・・

じゃじゃーん!
hangou_suisan_IMG_5001.JPG
おぉー!炊けてるー!!!

すばらしいぃぃ〜〜♪
hangou_suisan_IMG_5003.JPG
長女は喜び最高潮、次女も拍手喝采^^

晴れがましい顔は、ぐっとお姉さんになった感じ。
hangou_suisan_IMG_5006.JPG

夫も見事な炊け具合に大興奮。「ほらこれ見てー!」
hangou_suisan_IMG_5007.JPG

瞑想&1日1食の10日間を過ごしていた夫だけど、
このときばかりは戒律をちょっと破って
炊きたてごはんに舌鼓を打ってくれた。
(汁物大好きな夫がお味噌汁は用意してくれたしね♪)
hangou_suisan_IMG_5012.JPG
何度もおかわりをして、幸せそうにほおばる娘たち。

「また飯ごう炊さん、やりたい!」と張り切る長女には
集めた薪や焚き付けを屋根の下に保管するよう教え、お開きとなった。


親としても意外なくらい、美味しかったなぁー。

やるなぁ、7歳!
これからも楽しみにしてるよ!


関連記事:
真実味があれば手伝うのね 無言の行、はじめます ホームスクール、始めました



* * * お知らせ * * *

小麦を育ててパンを焼こう♪の
こぐま塾アグリコース「小麦の部」、
いよいよ麦踏みも終盤です。

案内をアップしました〜
IMG_4370mugifumi.JPG
【麦】2月4日(土)集合日のご案内(麦踏み)




* * * まかない日記 * * *

今日の晩ごはんで絶賛されたおかず。
見た目は地味ですが、雑草屋の殿堂入りが決定しました。
IMG_5196kanbutu_gomaae.JPG
切干大根&大根の干し葉(どちらも実家の母作)を昆布だしで煮て
お味噌汁に使えるようにしていたのですが、
夜は具だけを取り出して、ごま和えにしました。

醤油麹をたらーり、白練りごまをたらり、
白いりごまを擂って、た〜っぷり。

おいしゅうございました!乾物万歳!


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。

posted by miya at 00:53| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする