2016年11月16日

天然ビーズ 〜じゅずだま〜

IMG_1709juzudama.JPG

田舎育ちの人、近くに河原があった人は、
子どもの頃にジュズダマで遊んだ経験があるかもしれない。
(ジュズダマを知らない人も結構いるって、最近分かった)

護岸工事をしていない河原には、よく生えている。
10〜11月くらいになると、ビーズ遊びに使える実がとれる。


うちの田んぼはもともとが湿地なので、
じゅずだまがよく生える。

去年から、草刈りで刈ってしまわないように気を付けていたら、
しっかり種を落とし、今年はたくさん実をつけてくれた。
IMG_2625juzudama.JPG

長女とつくばに越してきた3年前、
「つくばは(除草剤で)雑草の種類が少ない。草花遊びが限られる」
と高知の母に愚痴をこぼしたら、小さいころよく遊んでいた小川から
たくさんのジュズダマを採って送ってくれた。

おしりには針で穴をあけ、
長女がビーズ遊びできるようにしてくれていた。
針で指が痛くなることを知っている私は、胸がいっぱい。
IMG_1789juzudama.JPG

次女にも1歳の頃からじゅずだま遊びをさせてみたけど、
当然ビーズ遊びは無理。

最初は部屋いっぱいにジャラーッ!!と撒き散らして
もう、えらいこっちゃ!だった。

で、大事に集めて、またしまうんだけど
どうしてもあちこちに散らばって減っていき・・・

今年からは、我が家の田んぼに生えているジュズダマも
少しずつ採って、おもちゃ用に補充することにした。
IMG_1749juzudama.JPG

1〜2歳の時期、次女にジュズダマ遊びを解放してみて、
幼児の遊びは“目をつぶる”ことが大事だと分かった。

部屋じゅうに撒き散らすのも、踏んだら痛いって体で学んでからは
あんまり撒き散らさなくなったし、片付けもするようになった。

そのうち、大きな缶のフタとかお盆とかの中に広げて
だんだん遊び方に秩序がもたらされるようになっていった。
IMG_1379juzudama.JPG

2歳児にいろんな容器を渡したら、
不思議なことに「移し替え」に熱中する。

これはモンテッソーリ教育でもよく言われる、大事な過程。
IMG_1371juzudama.JPG
最初はこぼしてばかりだったのが、だんだん上手になっていく。
つかず離れず、適度に放っておいて、最後の片付けだけ手伝う。

(↑構い過ぎて手先が全然使えなかった、長女からの学びでもある)


モンテッソーリの言う「一人でするのを手伝ってね」って、
本当にその通りだと思う。

IMG_1710juzudama.JPG

ジュズダマ、柿の実、カラスウリ、どんぐり、・・・

ひとつひとつ、少しずつ色の違う様子は、
ぺったりと塗られた既製品よりもずっと心を掴む。

IMG_1384juzudama.JPG

移し替えの容器を台所から借り出してるので
少し、プラの容器も見えるけれど。

我が家では、子どものおもちゃには
なるべく自然のものを選びたいと思っている。

 プラスチックよりも、植物。

 電子音のしないもの、光らないもの、
 心が呼吸するようなもの。

 最新よりも、昔ながらのもの。

 わざわざ買ってくるものよりは、
 身近な自然から受け取れるもの。

 遊び方が厳密に決まっているものよりも、
 何とでも遊べるもの。

 欲望を煽る消費社会的なものよりも、
 心に静かに語りかけてくれるような息づかいのもの。

IMG_1794juzudama.JPG

ポケットに宝物を詰め込むのが大好きな次女のおかげで
最近、洗濯機からどんどんジュズダマが出てきて、苦笑い。

もっと大きくなったら、お姉ちゃんと一緒に
針と糸でネックレスでも作ろうか。


関連記事:
自然から課せられたお仕事 研究熱心 並べたい欲求
テレビのない暮らし 草花あそび うちの遊具 余白と英才教育




* * * お知らせ * * *

稲刈りの様子をアップしました!
IMG_2104inataba_n.JPG
・こぐま塾アグリコース 味噌の部 稲刈り2016

つくし農園の週末のご案内もアップしています。
11月共同作業日【小雪】のお知らせ



* * * まかない日記 * * *

カブの間引き菜は、甘みがあるのでサラダや和え物にも使いやすい。

この日のメインは「カブ菜ごはん」。
刻んでさっと塩を混ぜておき、炊きたてごはんに混ぜて少し蒸らすだけ。
IMG_2222kabuna_meshi.JPG

恵みの秋。
雑草屋としても、今年の秋はもっとも自給率が高い食卓で、うれしい。


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 23:58| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする