2016年10月03日

裏庭で栗拾い

出かけなくても栗拾いができる家というのは、そうそうないと思う。

IMG_0390kurihiroi.JPG

気温が下がるのが早いからか、8月から栗が落ち始める。
今年の栗拾いは8月23日だった。

つくばの季節感には毎回不思議な気持ちになる。
高知だと、10月に栗拾いをしたのになぁ。

だから、ここでの栗拾いは、蚊とセットである。

大量の蚊がつきまとう栗拾い。
秋なのか夏なのかわからない。


でも、この三人は蚊をものともせず
楽しく栗拾いを続けていた。

IMG_0387kurihiroi.JPG

私はまだ産後3週間だったこともあって
リビングの出窓から、高見の見物。

ヤギの生活スペースにしているこの裏庭は
おいしくない南瓜の種が芽を出して繁茂している。

ヤギが葉っぱすら食べないって、どういうこと(笑)

IMG_0392kurihiroi.JPG

3歳の長女を連れてここに引っ越してきたときは、
「転んで栗のイガに手をついたら大変!」なんて騒いでいたのに。

いま、2歳の次女が栗拾いしていても、なーんも心配しない。
私も図太くなったもんだ。

IMG_0405kurihiroi.JPG

拾った栗は、ひと晩水に浸けておいて
夫が皮むきをしてくれた。

8月の栗ご飯。

IMG_0490kurigohan.JPG

いつも、この最初の手間ですっかり疲れて
そのあとはなかなか栗の調理に腰があがらない。

そうして栗は土に還り、季節はすっかり秋になる。
マテバシイも拾いどきを過ぎたかなぁ。


いつか、山に暮らすことになったら。

栗にマテバシイ、クルミにトチの木・・・

食べたい木の実を思い浮かべる。

秋の妄想である。



* * * お知らせ * * *

妊娠・出産ですっかりご無沙汰していた
つくばで持続可能な社会を考えるプロジェクト(つくサス)。
↑名称が長いのはツッコミ待ちです。

食べること、寝ることと同じくらい大切なこと・・・
真のエコロジーは、排泄から、目を背けない。

161103tkss_ban.jpg
糞土師・伊沢正名氏を迎え、持続可能なトイレのあり方を探る1日。
11月3日(木・祝)開催です!




※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 11:36| Comment(0) | 自然をいただく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする