2016年07月20日

びょうきやま 〜嘔吐は3日続く〜

P1140069narita.JPG

よく噛まない大食漢が災いしてか、6歳の長女は
年に1度は嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)をもらいます。

ただし下痢は全くせず、嘔吐のみ。
胃袋でひたすらブロックしているんでしょうか・・・

これまで様々な手当てをしながら記事を書いてきましたが、
どうもうちの長女は、何をやったって
「3日は吐き続ける」らしい、と最近気づきました。

P1140106.JPG

6月、久しぶりに長女が嘔吐下痢をもらって発症。

ごはんをひと口食べて
「もういらない、梅肉エキスなめて寝る」と自己申告があり、
つらそうに布団に戻っていきました。


長女も慣れたもので、3歳頃から
枕元に洗面器やティッシュを揃えておくと
自分で「うわぁぁぁん」と泣きながら洗面器に吐きます。

ティッシュで口周りをぬぐったあとは洗面所でうがい。
大人は洗面器の処理・殺菌と洗面所の殺菌をして、
再び枕元に嘔吐対策セットを並べるだけ。
ずいぶん手のかからない患者さんです。

P1140108.JPG
(テラスでの雨だれ遊び、3年前から変わらないね)



で、前回の教訓(低血糖)を思い出して
何時間か休ませたら、低血糖を起こさないように
黒飴をなめさせました。


ところが。


飴をなめて1〜2時間もすると、泣きながら吐くのです。

何も受け付けないので水分もあげてないのに、
飴をなめた分だけ、吐く。


熱も出ていて、胃腸は炎症が起きていて・・・という状態なので
できれば自然療法的なお手当てをいろいろしてあげたいのだけど、

 ・こんにゃく湿布 (おへそ周りをあたためる)
 ・キャベツ湿布orツワブキ (頭の熱を緩やかに取る)
 ・里芋湿布 (胃の入口や出口付近の炎症を鎮める)
 ・玄米スープ (吐いた時に滋養をつける)

いずれも「においが気持ち悪いのっ」と拒否!!

P1140095.JPG
(雨の日にヤギの餌やりを楽しむべく、みんなでカッパ作戦)


ちょうどこの時期に開催された
つくば自然育児の会のお手当て講習会で、講師の方に相談したところ

「お手当てを嫌がるときはしなくていいよ〜
 できるとき、受け入れてくれるときにやってあげたら充分!」

と言っていただいたこともあって、
これまでほど手当てに固執する気持ちもなく、

あら〜そうですか〜、じゃあそのまま寝てな〜〜
と言って静かに寝かせておくことができました。(私も成長!)

P1140699budda.JPG
(お釈迦様の絵本で覚えた「天上天下唯我独尊」のポーズ)


でも、もともとが食欲旺盛な長女。
みんなが食事をしているのに自分だけ空腹なのが耐えられず
どうしても飴がなめたいと言います。

結局、1日あたり1回ずつ飴をあげては吐き、
3日目にもまだ吐き戻してしまうので、
パソコンで色々調べてみました。

P1140694budda.JPG
(市役所前で銅像になりきる長女・・・)


長女の場合、1日2〜3回の嘔吐。
この吐き方だと“上手に吐いている”から消耗が少ないらしい。

で、体力の消耗が少ないということは
嘔吐が治まる4日目からの回復がよい、ということ。


ずいぶんほっそりした長女を見て焦る気持ちもあったけど、
子どもの嘔吐について散々調べた結果、

「お手当てもことごとく拒否するけれど、ま、いっか〜。

 4日目からゆっくり治すつもりで、気長に待ってみよう。
 幸いうちの子の吐き方は消耗が少ないようだから・・・」

と思えるようになりました。

P1140695budda.JPG

飴の件を振り返っても、3日間はどうせ吐くのだから
静かに過ごしていればよかっただけなのかもしれません。
(現に、低血糖の記事を書いた時は、飴をあげたのが3日目の夜でした)


さて、そして迎えた4日目。

見込み通り、吐き気がおさまって
飴を吐かなくなり、1日かけて流動食へと移行。パチパチ!

P1140718byouki_yama.JPG
(外出は4〜5日経ってからね、と言ったら描いた「びょうきやま」。)


正直、4日目になったら玄米スープとか重湯とか
お米系の治病食をまずあげたいんですが、

長女の脳内では
「おかゆ=病気になったときの罰ゲーム的なもの」らしく
どうしても飴がいいと言うのです・・・(笑)


3日間の断食状態でへろへろの長女を見ただけでは
低血糖を起こしているのかどうか、判断がつかず、
まぁ仕方ないね〜と、黒飴を1粒あげたのでした。

P1140708omatsuri_yukata.JPG

子育てしていると、繰り返し訪れるウイルス性胃腸炎。

少しずつ経験を重ねながら、
我が子なりのパターンを学ばせてもらっています。

P1140714omatsuri_yuuyake.JPG



* * * お知らせ * * *

日々、微弱〜な前駆陣痛(生理痛程度?)の波と
子宮口(4〜5cm開いてる)から今にも出そうな我が子の頭グリグリで
起きたり臥せたり、用事したりバタンキューしたりして過ごしています。

予定日は一週間後の27日。
今日は満月ですが、出産に関係するでしょうか。さてはて。


今週末の予定をアップしました!
いつ産まれるかハラハラですが、ご確認ください〜〜

・つくし農園
P1060598kusakari_kotsu.JPG
共同作業日【大暑】のお知らせ


・こぐま塾
P1050629ine.JPG
7月23日(土)集合日のご案内(草刈り&プール)




* * * まかない日記 * * *

7月上旬、すっかり子どもたちと仲良しのTちゃんが
再びLONOFerとしてお泊りしてくれました。
P1140677lonof_dinner.JPG
新玉ねぎごはん、生姜のハチミツ甘酢漬け、ゴーヤサラダ、じゃがいものサブジ。妊娠後期は、無性にじゃがいも料理が食べたくなり、しょっちゅうじゃがいもが登場しています。

お庭のルッコラをのっけると、もっさりじゃがいもがモリモリいけちゃう。
お花が咲いた6月以降も、おいしく堪能しましたよ、ルッコラ。
P1140395Rucola.JPG
Tちゃんありがとう!!懲りずにまた来てね〜〜^^


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 06:07| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

子どもの偏食(好き嫌い)対応をやめた結果

1歳2ヶ月まで母乳だけで育てた次女が
いよいよ母乳以外の食事をするようになった際。

何でも食べてきた長女とは違って、
いろんなものを残すなぁ〜!とびっくりした。

これっていわゆる「好き嫌い」ってやつ?
へぇー。姉妹でも違うもんだねぇ。

P1130926yu_hatake.JPG
(「にしゃい!」カメラ前で言う時はピースの意味らしい)


ちなみに次女の1歳〜2歳にかけての偏食ぶりといえば
「はっきりした食感のあるものが嫌い」が大きかった。

筋っぽいとか、皮が残るとか。
葉野菜全般、たまねぎ、ごぼう、トマトなど。

(好んで食べるのは芋類やにんじんなど
 甘みがあってほっくりしていて、溶けるもの)

P1130914kabu.JPG
(カブの葉っぱは甘いから好き)


とはいえ、食事は毎日のこと。

残されると何だか作るほうとしてもゲンナリするし、
次女の嫌いな食材は使わないように、とか
何とか食べられる切り方で、食べてくれる調理法で、とか
色々工夫すればするほど、疲れが溜まってしまい・・・。

小さい子は緑の野菜は食べないのが当たり前!とは聞くものの、
野菜メインの我が家。次女だけ個別に作り分けしてられない。

P1130460yu_walking.JPG

好き嫌い対応策としては、

・刻んでとろとろに煮込む
・刻んで何かとよくよく混ぜてわからなくする
・刻んでお好み焼きのように密着させて食べさせてしまう
・繊維に対して垂直に切って調理する
・すりつぶして何かに混ぜ込む

なんかができるのだけど、
これってただの“好き嫌い対応食”であって
好き嫌いの大元が解決したわけではない。

いやね、解決したいっていうよりは、
お母さん、そこまで手間かけてられませーん。

台所で次女の分だけ細かく刻むのなんて、
歯が少なかったときならまだしも・・・
ひととおりの歯が生え揃ってきたら、もう自分で噛んでほしいわー。

それに、今は無理であっても、
出されたものはきっちり感謝して食べられる子になってほしい。

P1130626kusanagizinzya.JPG
(旅先で立ち寄った草薙神社。ヤマトタケルの話をしてあげた)


「面白いから、いろいろ実験してみよう」
という前向きな気持ちと、

「えーい、残しても知るか、同じものを出し続けてしまえ」
というヤケクソが混じって、

あるときから“好き嫌い対応”をスッパリやめてしまった。
つまり、家族全員に同じものを出すことにしたのだった。

P1130781aigamo_tanbo.JPG
(合鴨農法の田んぼにて。見つめる先には愛らしいヒナ)


で、相変わらず次女が食べないものでも
形状を変えることなく、毎食毎食、出し続けた結果。


ある日突然、

 ぱく!!(おぉ、こんな味なのか・・・という顔)
 むしゃ、むしゃ、もぐ、もぐ・・・(うーん、いけるかなぁと思案中)

お口に入れる日がやってくるのだった!

P1130642Mt.fuji.JPG

その結末は2パターン。

 A: 噛んだあとで口から出す (頑張ったけど無理だったー、って顔)
 B: ちゃんと噛んで飲み込む (ちょっと得意げな顔)

で、最初はAかもしれなくても
ずっとおかずに出し続けていくと、Bが増えてくる。

P1130637Mt.fuji.JPG

食べられない、いらない、嫌い、という反応をされたあとに
「この子はどうせ残すから」「どうせ食べないから」と
出すのをやめてしまうと、こんな変化に出会えなかったと思う。


現在2歳2ヶ月の次女が食べるようになったのは、
・葉物野菜全般
・香味野菜(辛くないもの)
・ゴーヤ
・たまねぎ、ごぼう
・トマト(時々) …その他いろいろ。

一度食べられるようになると、その後にその食材が出てきたとき
2歳児だって関心の持ち方が変わるし、
「あたしもたべる〜」みたいな、意欲的に口に運ぶ様子が見られる。

家族みんなが「おいしいね〜!」「○○の季節がきたねぇ」
と言いながらあれもこれも感謝していただいていると
いいなぁ、と憧れを抱くようになるらしく、
そのうち突然「ぱく!」と食べる日がやってくる。

あくまでも、うちの次女の場合、だけれども。

P1130639Mt.fuji.JPG

逆に、食卓で他の家族(両親や上の子たち)が
好き嫌いをしていたり、そういう発言をしたり、
食事に対してあからさまに文句を言ったり・・・

ということをしていると、下の子も真似して
残すのが当たり前になっていくんじゃないかなぁ。

P1130647Mt.fuji_chi.JPG

次女の場合、梅干しやらっきょ漬、生姜の佃煮なども
大きくなったら食べたい“憧れ食材”だったようだし、
最近は、何もつけない生のレタスさえも
パリリ・・・もぐもぐ♪ と楽しむようになった。


ちなみに、この“食べない”から“食べる”への過程において
周りの家族は「おいしいんだよ〜^^」「食べられるようになるといいねぇ」
くらいの声がけにとどめておくのがいいみたいだった。

「残しちゃダメ!」「食べなきゃダメ!」「あーあ残しちゃった!」
みたいなネガティブな声がけがあると、次女のほうも
どうしてもその食材に対して嫌なイメージがつきまとうだろうから。

P1130276niwa_lunch.JPG
(食事に感謝感激して食べるお父さんが、みんなにいい影響を与えている)


食材だけでなく、味付けについても同じことが言える。

生のまま、蒸しただけ、塩だけ、ダシだけ・・・
ちょっと酸っぱい、ちょっと苦い、ちょっと辛い・・・

残されても、毎日、色んな味付けの薄味おかずを並べる。


そりゃあ、味の濃いものを出せばそちらが目立ってしまうだろうけど
実は「子どもウケする味」なんてものは本当はないんじゃないか、
と最近思っている。

「子どもウケする味」と呼ばれるものって、本当は、
「子どもの味覚を失わせてしまっている濃い味」。

だって一番舌が敏感なのは、乳幼児なんだから。

(ソースやケチャップ、マヨネーズの味がついてないと
 野菜を食べないというお子さんにときたま出会うけれど
 それって「調味料の味」で食べてさせてきたからだと思う)

P1130691birthday.JPG
(お祝いの席でもまだお砂糖はあげたくないので、お店自家製のフォカッチャで)


こんな実験に付き合ってくれた次女と家族に、ありがとう。

この実験結果が、数日後に産まれてくる第三子にも応用できるのか、
それとも全く通用しないのか(=次なる実験)・・・

うーん、楽しみ。


※出産目前ということもあり、自分の備忘録として、子育ての気づきを綴った記事をピックアップしてみました。大変なときは読み返して乗り切ろう〜

「子育ての悩み(身体・発達)」関連記事:
夜泣きのこと 夜、子供が寝てくれない意外な理由 あせもの理由 おむつかぶれの種類と手当て おむつ外し、意外に順調! 妊娠中も母乳をあげた結果&食事のこと 子育てつれづれ 真実味があれば手伝うのね

「子育ての悩み(心・関係性)」関連記事:
無言の行、はじめます 外出前のイライラは 短冊がグサリ 右往左往してもいいのだ ちい母さん 大きな愛 幸福は砂のように




* * * まかない日記 * * *

今日は、出産前に済ませたい用事をガーッとまとめて。
外出続きの中、お昼はトレイルベーカリーさんでパンを買って、その場でサンドイッチにしていただきました♪
P1140883Trailbakerybakeshop.JPG
元つくばベーグルさんなので、大人はベーグル(プレーン)でサンドに。
子どもたちは比較的噛み切りやすい食パン(これも美味しい〜〜!)。
P1140881Trailbakerybakeshop.JPG
ここはご主人の淹れるコーヒーがまた美味しいんですよ〜
夫婦でゆっくりデートに来る日は、何年後だろうねぇ・・・

美味しかったです!ありがとうございました〜!!



※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 22:40| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

納涼あれこれ 〜家屋の工夫編〜

涼しさをどう工夫するか、
続編では家の内外を写真で撮ってみました。

テラスのよしず。
P1140732yoshizu.JPG
日が昇ってくるとアッツアツに熱されてしまうテラスを
涼しげに守ってもらっています。

更に雨戸で陽射しを遮断。
P1140729amado.JPG
ルーバータイプの雨戸で風が通るので、
朝夕の涼しい時間は内側を網戸にしています。

気温が上がってくるとガラス戸を閉めて熱気遮断。
家を流れる“空気の温度”を選んでいます。

庭はこんな風に、木陰と雑草が涼を呼んでくれます。
P1140730kokage.JPG

夫が土に還る素材だけで設えるグリーンカーテン。
P1140733green_curtain.JPG
今年は竹の枝をたくさん残していて、さながら七夕飾りのよう・・・
枝があれば、横に渡す麻紐の節約にもなるみたいです。

これからどんどん伸びて、
盛夏〜残暑までの陽射しを和らげてくれるはず。

葉の陰では小さなカエルたちが避暑しているのを見かけます。
P1140706kaeru.JPG
庭のあちこちでぴょんこぴょんこ跳ねていて愛らしい。

日中は玄関の大きなガラスから熱気が提供されるため
暗めの色合いの布で熱気遮断。
P1140728genkan_curtain.JPG
これで玄関〜廊下にかけての温度が2〜3℃下がるように感じます。

こちらは廊下の中央にある、洗面所のドア。
ガラス窓つきなのですが、光をコントロールするため布をつけています。
P1140727door_curtain.JPG
昼間は裏庭からの日光を遮って廊下を涼しく。

夜は洗面所の電気を遮って、
向かいにある寝室の子ども達の眠りを守ります。
明るくしたいときは布を跳ねあげておくだけです。

廊下のつきあたりは、台所へのドア。
こちらも日光遮断として布をかけてあります。
P1140724door_curtain.JPG
そもそもは、夜の晩酌タイムの光が寝室に影響しないようかけてある布ですが、夏は東から射す日光を遮る役割も兼ねています。

吹き抜けになっている台所とリビングは
薄手の布2枚で仕切っています。
P1140722curtain.JPG
目隠しでもあり、陽射しコントロールでもあり。
眩しくないのって、涼しさの演出で特に大事です。


午前中、目玉焼きが焼けそうなくらい熱くなる出窓。
こちらも布をかけてあります。
P1140723curtain.JPG
リビングにはテラス側に雨戸があり、そちらを閉めてしまうので
出窓が明かり取りの役割を担うことになります。なので、布は薄め。


日中は熱気を避けるため、
家じゅうの南側の雨戸と窓を閉めています。

その代わり、日陰からの風を取り込みます。
P1140720hikage_amido.JPG
(写真では朝日が眩しいですが・・・)
日中の台所はこうした“日陰の窓”のお陰で涼しく、快適。

家の裏側に大きなドングリの木が並んでいるので
木陰を経由した風に入ってきてもらいましょう。
P1140721hikage_amido.JPG
風のよく抜ける造りって、ありがたいなぁ。

実家が風通しを無視したセキスイハウスだったので
こういう古い建物の構造に、つくづく感心させられると共に
国が進める改正省エネ法のくだらなさにびっくりします(⇒参考記事


・・・話が逸れると止まらないので、
我が家の小さなエコに戻って書きましょう。


ここまでのもろもろの工夫で、
屋内の体感温度は4〜5℃下がります。

目に眩しくないというのも、暑さを和らげる大きなポイント。

例えば健康を考慮したエアコンの設定温度は
外気との温度差が5℃以内、と聞きますから
うちはずいぶん快適な温度管理ができているように思います。


関連記事:納涼あれこれ 〜濡らし手拭い・凍り手拭い編〜


相変わらず私の指針のひとつとなっているのが、
ビル・モリソン氏のこの本。
事例の多くがオーストラリアであることも含め、暑さ対策についてはこの本から多くの事を学ばせてもらいました。

学術書に近いですが、おすすめです^^



さて、昨日から生理痛のような微弱な前駆陣痛が始まりました。

しかも(助産院曰く)内臓脂肪が少ないため
赤ちゃんが下がりやすいし、大動脈が圧迫されやすい、
ということで、夜、平らなお布団で眠れなくて・・・(涙)。

仰向けでも横向きでも、血管がむぎゅっと止められる感じ。
昨夜はソファーに座って寝ました・・・。

私の場合はここから1〜2週間かかるので
恒例の縫い物などで気を紛らせつつ、乗り切ろうと思います。



* * * お知らせ * * *

出産目前のため、宿泊対応は難しくなりますが
人手はやはり大歓迎です!お待ちしております^^
lonof_ban.jpg
自然農の農作業体験 「LONOF(ロノフ)」。日帰りも大歓迎!




* * * まかない日記 * * *

お友達のおうちでご馳走になった本格フォー。
P1140692pho.JPG
トッピングも色々あって、フライドオニオンやら辛〜いタレやら
少しずつ足しながら食べていったら汗がドバーッ!
この爽快感がアジア的な健康の秘訣かなぁと話しながら。

生春巻きも美味しかったし、持ち寄りのサラダたちも美味!で
「お店に来たみた〜い^^」な時間を過ごさせていただきました。

Kちゃん、みんな、出産前に素敵なひとときをありがとう(涙)。
ごちそうさまでした〜!


※記事末尾のFacebook「いいね!」ボタンをクリックしてくださる方へ
ありがとうございます!クリック後に表示されるFBコメントボックスへのコメントは確認できないため、ブログのコメント欄をご利用ください。
posted by miya at 06:35| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする