2016年05月11日

よもぎを食べよう、育てよう

長女と作ったよもぎ餅。
畑で、せっせとよもぎを摘んできてくれたのです。
P1130133yomogi_dango.JPG

そこかしこに生えている、よもぎ。

でも、除草剤を使わない、農薬をかけない場所で
犬のお散歩コースでもない、気兼ねなくよもぎ摘みができる場所は
ずいぶん限られているように思います。

念のため長女にも、
よもぎはうちの庭と畑で摘むようにお願いしてあるほど。
(畑が雑草でいっぱいなのは、自然農ならでは♪)


昔はただベーグルの材料にと、茹でて刻んで冷凍していたのですが
自然療法の本で

「よもぎは春には芯をつみ、秋には下の方から新しいよもぎが
 出てきますからこれをつんで、1年中できます。」

と書いてあったので、今年からはこの方針で!
でも、秋まで刈らずに守らないとなー。

お庭に株ごとせっせと移植して
よもぎでい〜〜っぱい!なお庭にするのも素敵だなぁ。

P1130164yomogi.JPG

自然療法でも、よもぎはかなり重要な植物で
食材としてはもちろんのこと、薬にしたり、お茶にしたり。

不調なとき、病気のときに自然療法の本を開くと
あちこちで「よもぎの○○を食べるとよい」と見かけるので
春は特に意識して作るようになりました。

おすすめでよく挙がっているのが、
よもぎのお好み焼き、よもぎ餅やよもぎ団子、よもぎの天ぷら。
まぁ、何に使ってもいいから食べなさいな!ってことらしいです。


・よもぎのお好み焼き
P1110723yomogi_okonomiyaki.JPG
適当に、家にあるもので作れるお好み焼き。
よもぎはお湯で下茹でして、よくよく刻むと子どもも食べやすい。
うちではよく、地粉、麺類の茹で汁、鰹節粉、塩で作ります。
お肉の茹で汁なんかで作ると、一気に沖縄料理風に。

ソースやマヨをつけない方が滋味が引き立ちます。
子どもの味覚を守るためにも、お好み焼きはソース極少方針で。


・よもぎ餅
P1130142yomogi_dango.JPG
豆から自家製!の粒あんを別添えして、お団子風に。
自然療法の本で薦められている“有機玄米粉”を
ちょうど買ったところだったので、楽に作れました。

摘んできたからには・・・と、長女にかなり頑張ってもらいました。

丁寧によもぎを洗ってもらい、私は茹でて絞っただけ。
ひーこら嘆きながら包丁とまな板で細かく刻んでくれました。

「ミキサーでガーッてやればいいって、
 野草の絵本に書いてあったよぉ〜」 ん? 聞こえませーん。

摘むべき部位は、茎の感触、包丁の手応えなどから
総合的に実感してもらわないと、次に摘む時に役に立たないからね。

P1130135yomogi_dango.JPG
とにかく餅の好きな姉妹。
よもぎ餅、食べるかな〜どうかな〜と思っていたら
あんこありでもなしでも、大喜びで食べていました。


・よもぎの天ぷら
P1130144yomogi.JPG
このよもぎはお庭で摘んでくれました。
お向かいさんの土地で採らせていただいたウドやタラまで!

P1130154yomogi_tenpura.JPG
お餅や天ぷらのレシピは、後でご紹介する自然療法の本から。
本葛粉と水で作る衣は、すぐに沈殿して大変だったけど
何とかおいしくできました。


具にしても練りこんでも混ぜ込んでも美味しいよもぎ・・・。
他にも、よもぎベーグル、フーチバージューシーなどが大好きです。

よもぎをミキサーにかけてひたすら煮詰める
常備薬の「よもぎエキス」も作ってみたいけど、
うちは子ども達が丈夫で、困ってないので毎年後回し!
作りたくなった人は自然療法の本を見てみてください。


今、お友達から貸してもらってすごく楽しんでいる
おすすめのレシピ本をいくつかご紹介しておきます。

magokoro_kenkou_ryouuri.jpg
真心がつくる健康料理

東城百合子 著

「家庭で出来る自然療法」を持っている人向けのレシピ集。

「家庭で出来る自然療法」はどちらかといえば
戒め、制約、改善、反省を促す色合いが強いので、
読み手の気持ち次第ではゲンナリして意欲減退することも。

でも、「真心がつくる健康料理」はどれを食べてもいい!
どれを作っても大丈夫!というウキウキ感があって、
ぎゅーっと鬱屈していた気持ちがふわゎ〜っと軽くなるんです。

それに、どれもこれも家庭的でおいしい^^
楽しく自然療法を続ける、すごくいい本だと思います。
よもぎレシピなんて9つも載っているんですよ。ウキウキ。


kokoro_kodomo_kennkousyoku.jpg
心を育てる子どもの健康食

東城百合子 著

自然療法の本を持っていない人にはこちらがおすすめ。
色んなエピソードを交えながらの、ためになるお話がたくさん!

お手当ての詳しい説明や、美味しい料理のレシピも
親しみやすいイラスト満載で読みやすいです。

巻頭はカラー写真いっぱいだし、
料理手順のイラストは子どもと一緒に見ながら作れそうだし、
病気ごとの説明や手当て法などもある程度まとまっているし。

割とポップな構成なので、
いまどきのお母さんにも読みやすくなっています。
「家庭で出来る自然療法」が読みにくいと感じる人にも良さそう。



以上、野草愛が溢れすぎて長くなってしまいましたが
よもぎのお話と、自然療法のお話でした。


よもぎ・野草のお手当て関連記事:
虫さされ対策 おむつかぶれにオオバコ軟膏 おむつかぶれの種類と手当て 




* * * お知らせ * * *

家庭保育をしている方も歓迎です。
短時間の企画なので、参加しやすいかと。
5月の社会見学
ホームスクーラーの季節行事
【5月の社会見学〜アイガモの田んぼ〜】




* * * まかない日記 * * *

友人宅のBBQに招かれて持参した料理たち。
P1120800BBQ.JPG
お肉はどうせ硬くて味が濃くてそんなに食べられないだろうし、
うちの子はずっと食べ続けるので、お米と野菜を大量に!作戦。

蒸し野菜、じゃがいもとツナのサラダ、厚揚げと温野菜のサラダ、
コールスローサラダ、黒米入りごはんなど。

案の定、姉妹揃って延々食べ続けたので、持って行ってよかった〜!
楽しいBBQをありがとうございました♪
posted by miya at 23:48| Comment(0) | 自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする