2016年05月11日

よもぎを食べよう、育てよう

長女と作ったよもぎ餅。
畑で、せっせとよもぎを摘んできてくれたのです。
P1130133yomogi_dango.JPG

そこかしこに生えている、よもぎ。

でも、除草剤を使わない、農薬をかけない場所で
犬のお散歩コースでもない、気兼ねなくよもぎ摘みができる場所は
ずいぶん限られているように思います。

念のため長女にも、
よもぎはうちの庭と畑で摘むようにお願いしてあるほど。
(畑が雑草でいっぱいなのは、自然農ならでは♪)


昔はただベーグルの材料にと、茹でて刻んで冷凍していたのですが
自然療法の本で

「よもぎは春には芯をつみ、秋には下の方から新しいよもぎが
 出てきますからこれをつんで、1年中できます。」

と書いてあったので、今年からはこの方針で!
でも、秋まで刈らずに守らないとなー。

お庭に株ごとせっせと移植して
よもぎでい〜〜っぱい!なお庭にするのも素敵だなぁ。

P1130164yomogi.JPG

自然療法でも、よもぎはかなり重要な植物で
食材としてはもちろんのこと、薬にしたり、お茶にしたり。

不調なとき、病気のときに自然療法の本を開くと
あちこちで「よもぎの○○を食べるとよい」と見かけるので
春は特に意識して作るようになりました。

おすすめでよく挙がっているのが、
よもぎのお好み焼き、よもぎ餅やよもぎ団子、よもぎの天ぷら。
まぁ、何に使ってもいいから食べなさいな!ってことらしいです。


・よもぎのお好み焼き
P1110723yomogi_okonomiyaki.JPG
適当に、家にあるもので作れるお好み焼き。
よもぎはお湯で下茹でして、よくよく刻むと子どもも食べやすい。
うちではよく、地粉、麺類の茹で汁、鰹節粉、塩で作ります。
お肉の茹で汁なんかで作ると、一気に沖縄料理風に。

ソースやマヨをつけない方が滋味が引き立ちます。
子どもの味覚を守るためにも、お好み焼きはソース極少方針で。


・よもぎ餅
P1130142yomogi_dango.JPG
豆から自家製!の粒あんを別添えして、お団子風に。
自然療法の本で薦められている“有機玄米粉”を
ちょうど買ったところだったので、楽に作れました。

摘んできたからには・・・と、長女にかなり頑張ってもらいました。

丁寧によもぎを洗ってもらい、私は茹でて絞っただけ。
ひーこら嘆きながら包丁とまな板で細かく刻んでくれました。

「ミキサーでガーッてやればいいって、
 野草の絵本に書いてあったよぉ〜」 ん? 聞こえませーん。

摘むべき部位は、茎の感触、包丁の手応えなどから
総合的に実感してもらわないと、次に摘む時に役に立たないからね。

P1130135yomogi_dango.JPG
とにかく餅の好きな姉妹。
よもぎ餅、食べるかな〜どうかな〜と思っていたら
あんこありでもなしでも、大喜びで食べていました。


・よもぎの天ぷら
P1130144yomogi.JPG
このよもぎはお庭で摘んでくれました。
お向かいさんの土地で採らせていただいたウドやタラまで!

P1130154yomogi_tenpura.JPG
お餅や天ぷらのレシピは、後でご紹介する自然療法の本から。
本葛粉と水で作る衣は、すぐに沈殿して大変だったけど
何とかおいしくできました。


具にしても練りこんでも混ぜ込んでも美味しいよもぎ・・・。
他にも、よもぎベーグル、フーチバージューシーなどが大好きです。

よもぎをミキサーにかけてひたすら煮詰める
常備薬の「よもぎエキス」も作ってみたいけど、
うちは子ども達が丈夫で、困ってないので毎年後回し!
作りたくなった人は自然療法の本を見てみてください。


今、お友達から貸してもらってすごく楽しんでいる
おすすめのレシピ本をいくつかご紹介しておきます。

magokoro_kenkou_ryouuri.jpg
真心がつくる健康料理

東城百合子 著

「家庭で出来る自然療法」を持っている人向けのレシピ集。

「家庭で出来る自然療法」はどちらかといえば
戒め、制約、改善、反省を促す色合いが強いので、
読み手の気持ち次第ではゲンナリして意欲減退することも。

でも、「真心がつくる健康料理」はどれを食べてもいい!
どれを作っても大丈夫!というウキウキ感があって、
ぎゅーっと鬱屈していた気持ちがふわゎ〜っと軽くなるんです。

それに、どれもこれも家庭的でおいしい^^
楽しく自然療法を続ける、すごくいい本だと思います。
よもぎレシピなんて9つも載っているんですよ。ウキウキ。


kokoro_kodomo_kennkousyoku.jpg
心を育てる子どもの健康食

東城百合子 著

自然療法の本を持っていない人にはこちらがおすすめ。
色んなエピソードを交えながらの、ためになるお話がたくさん!

お手当ての詳しい説明や、美味しい料理のレシピも
親しみやすいイラスト満載で読みやすいです。

巻頭はカラー写真いっぱいだし、
料理手順のイラストは子どもと一緒に見ながら作れそうだし、
病気ごとの説明や手当て法などもある程度まとまっているし。

割とポップな構成なので、
いまどきのお母さんにも読みやすくなっています。
「家庭で出来る自然療法」が読みにくいと感じる人にも良さそう。



以上、野草愛が溢れすぎて長くなってしまいましたが
よもぎのお話と、自然療法のお話でした。


よもぎ・野草のお手当て関連記事:
虫さされ対策 おむつかぶれにオオバコ軟膏 おむつかぶれの種類と手当て 




* * * お知らせ * * *

家庭保育をしている方も歓迎です。
短時間の企画なので、参加しやすいかと。
5月の社会見学
ホームスクーラーの季節行事
【5月の社会見学〜アイガモの田んぼ〜】




* * * まかない日記 * * *

友人宅のBBQに招かれて持参した料理たち。
P1120800BBQ.JPG
お肉はどうせ硬くて味が濃くてそんなに食べられないだろうし、
うちの子はずっと食べ続けるので、お米と野菜を大量に!作戦。

蒸し野菜、じゃがいもとツナのサラダ、厚揚げと温野菜のサラダ、
コールスローサラダ、黒米入りごはんなど。

案の定、姉妹揃って延々食べ続けたので、持って行ってよかった〜!
楽しいBBQをありがとうございました♪
posted by miya at 23:48| Comment(0) | 自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

研究熱心

(どんどん!どんどん!)
P1110493itazura.JPG

あ・・・おたーちゃん(お母さん)・・・
P1110492itazura.JPG

1ロール全部出すまで堪能していただきました。

研究熱心で何よりです。

(ええ、あとで全て巻き直しましたとも・・・)


次女はこれをこの時期に2回やったら満足したようで
今はお手玉を全部床に出すとか、果物を全部箱から出すとか、
そういう研究を日々進めております。


またある時は。

トイレに入ったら、今度はこんなですよ。
P1120808mitsuami.JPG

きちきちきちきち、編み上がっとるがなー!!!
P1120809mitsuami.JPG

三つ編みしたくてたまらない、長女の作品でした。

道理で最近、なかなかトイレから出てこないわけだ。

P1120261sisters.JPG

長女はホームスクール、次女も家庭保育。
時間はいっぱいある。

たーんとやり尽くして過ごしておくれ。


関連記事:自然から課せられたお仕事



* * * お知らせ * * *

14日(土)午前中は、つくし農園の共同作業日です!
お久しぶりの方、はじめましての赤ちゃん、楽しみ楽しみ〜〜♪
P1120901potato_andesred.JPG
5月共同作業日【立夏】のお知らせ




* * * まかない日記 * * *

私の畑に秋蒔きして、すっかり寒さで縮こまっていたパクチーが
春を迎え、モリモリと育ってきました!
P1130007morning.JPG
この畑では1年目にハーブが全滅だったのに!!
3年かけて、いい土に変わってきたのかなぁ。嬉しいな。

奥のカブはごきげんファームさんのもの。
葉っぱは別料理でおいしく食べきって、
まぁるいカブのほうは生のまま、塩で和えて。

生命力の高い、生長点(葉っぱの根元)も
しっかり洗って、大切にいただきました。

パスタの茹で汁を使ったふすま入り蒸しパンと、3種の野菜のおかず。
ごちそうさまでした〜。

posted by miya at 23:58| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

お山の神様

P1120705houkyousan.JPG

お山で育った私は
「あ、ここ、神様がおる・・・」
と感じる場所があちこちにあって、

最近、お山に帰りたいなぁ、
そういう場所に暮らしたいなぁ、と
しみじみ涙が出ることがありました。

先日の登山遠足では、久しぶりに
「あ、ここ、神様がおる・・・」
の懐かしい感覚がよみがえりました。

P1120719houkyousan.JPG


ホームスクーラーや家庭保育のファミリーが集まっての
登山遠足。 (⇒この企画でした 4月の遠足「春の宝篋山」

向かってみれば、家から車でほんの15分!
筑波山のお隣に見える、宝篋山(ほうきょうさん)に到着です。

P1120701houkyousan.JPG

今回は極楽寺コースを登りました。

P1120702houkyousan.JPG

小さな滝がいくつもある、美しいコース。
故郷のお山にそっくり。

P1120708houkyousan.JPG

でもね、本気でもうダメだと何度も思いました。
妊娠8ヶ月にもなって、未だに運動不足でして・・・(汗)。

ほとんど夫に手を引いてもらって、やっとこさ。

P1120730houkyousan.JPG

子ども達はどうしてあんなに元気なのか!!!!

P1120714houkyousan.JPG

でもダラダラごろごろ妊婦じゃなければ、
普通に身体を動かしている人ならば、
楽しく気軽に登り下りできる、素晴らしい山だと思います。

P1120723houkyousan.JPG

ひと家族だけで登っていたら、すぐに言うであろう
「つかれた―」「いつになったら着くの〜」
「いつまで登んなきゃいけないのー」
がひと言も出ない、子ども集団の素晴らしさよ。

P1120740houkyousan.JPG

「頂上目指してがんばろう!」の空気満々で
駆けあがる、よじ登る、GO!GO!GO!
なんちゅー体力や。

歩き通した子ども達の年齢構成は、上は9歳から下は4歳まで!
本当にみんなよく登りました。

途中で「もう帰ろう」となることもなく、
あちこちで遊んだり休憩したりを繰り返しながら
登りは3時間弱で頂上まで到達!

P1120747houkyousan.JPG

私、疲れすぎて頂上ランチの写真がない(笑)

でも子どもたちはお昼休憩の1時間くらいも走り回って遊び倒し、
帰り道を大人が心配するほどでした。


子ども達は、(下るには)急峻な極楽寺コースを
帰りも勇んで選んだのですが、

私はお腹が限界を訴えていたので
夫と次女についてきてもらって、
比較的緩やかな小田城コースで下山しました。

下りはどちらのコースも2時間程度。
もちろんあちこちで私は休憩させてもらいましたし、
子ども達はたーっぷり遊んで帰ってきたそうです。

子ども達と沢水遊びをしながら下山してくださったお母さん達、
最後までありがとうございました・・・!!

P1120755houkyousan.JPG

必ずしも頂上を目指した登山ではなかったけれど
思いがけず、子ども達のすごさを実感した一日。

一緒に登ってくださったみなさま、
何より全体を引っ張ってくれた子ども達、ありがとうございました。


夫も、登りも下りもずーっと次女をおんぶしてくれて
荷物もほとんど持ってくれて、本当に本当にありがとう。

またお山の神様に会いたくなったら、山裾へ遊びに行きます。



* * * お知らせ * * *

今度は社会見学ですよ〜^^ ぴよぴよぴよ。
5月の社会見学
ホームスクーラーの季節行事【5月の社会見学〜アイガモの田んぼ〜】一緒に行きましょう♪




* * * まかない日記 * * *

忙しすぎて、お米を炊くことしかできなかった日。
とりあえず巻いてみました。
P1130012norimaki.JPG
おにぎりすら握ってられんわー!という状態だったので
保存食をあれこれ入れて、どりゃー!と海苔巻きに。

左から、しょうがの佃煮・ごま塩梅干し柚子皮の醤油漬け

海苔巻きは、水を入れたビンなんかに包丁を1回ずつ浸けながら
すいーっと切ると、綺麗に切れます。
高知の祖母はよく、見事な巻き寿司を作ってくれたっけなぁ。

目先が変わると子供受けも良くて、ホッ。 ごちそうさまでした〜。
posted by miya at 06:18| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする