2015年11月05日

スズメ警察24時

母が産まれた秋田の家では、
田んぼと畑で食糧をほぼ自給していた。

核家族世帯だったし、祖父は国鉄に勤めていたから、
野良仕事は祖母の仕事で、娘たちがその手伝いに回った。

P1080984okome.JPG


「夏休みってば、どーっこにも出かけたこと、ねがったもんなぁ」

おばが笑う。


「朝、おにぎりと一斗缶持たされて
 日暮れまでずーっと田んぼに座って、二人でスズメの番。

 チュンチュンチュンって飛んできたら
 一斗缶を棒でガンガンガンガンガン〜って叩ぐのよ」


「夏休みの宿題で絵日記出たってばヨ、
 毎日田んぼ、田んぼ、田んぼ。それしかさねぇもの」


「夏休みってばもう、一斗缶と田んぼ、ナ」

姉妹で懐かしそうに笑う。


自分たちの食べるお米。
文句も浮かばない、当たり前だと話していた。



私たちの田んぼも、
スズメの襲撃が激しさを増している。

さー、スズメ警察の出番だ。
P1080821suzume_keisatsu.JPG

ガンガン!ガンガンガン!
一輪車を棒で叩いて、スズメたちを追い散らす。
P1080809suzume_keisatsu.JPG

農園のプレーヤーさんそれぞれが苦心して拵えた
鳥除けネットやキラキラテープの狭間で、ゆーらりゆらり。

夫の作った案山子も頑張ってくれている。
P1080957suzume_keisatsu.JPG

田んぼのカカシだから「タカシ」。
風でくるくる揺れる、なかなか画期的な案山子だ。
P1080958kakashi.JPG

次女もなかなか強い意志で任務についている。
P1080879suzume_keisatsu.JPG
スズメ警察、乳児部隊、しゅつどう!

見よ!このキリリとした顔!
P1080879-zoom_suzume_keisatsu.JPG
スズメの偵察を察知してはガンガンと音を立てる働き者だ。


鳥よけネットを外し、睨みをきかせながら稲刈りを進め、
干し場で順に稲架へかけていく。
P1080963hazakake.JPG
全面をネットで囲み、干した稲束を更にネットで包む。
命がけで突入してくるスズメたちとの真剣勝負。

夫によれば、2〜3年前まではこんなこと一切しなくてよかったそうだ。
今、つくばのスズメは、大開発の波に追いつめられている。


刈り終わったのは、香り米。
途中なのが、赤米の神丹穂と、ウルチの豊里。
まだ実りを待っているのは、緑米と、黒米。

夫も書いているとおり、ひたすらひたすら、稲刈り。
田んぼも、干し場も、スズメとの知恵比べが続く。


「秋田」関連記事:布おむつで出かけてみる 秋田の夏(1) 男手


* * * お知らせ * * *

・こぐま塾、10月集合日の様子をアップしました〜!
来月の脱穀が楽しみですね♪

めぐるキッチン、13日(金)開催です。
 お母さん達に参加してもらえたらな〜と平日にしてみました。
 つくば近郊の方、ぜひいらしてくださいね。


* * * まかない日記 * * *

子どものお気に入り、『塩パン』。
日によって「ねぎパン」か「にんじんパン」になります。
P1080860shiopan.JPG

ふすま、地粉を同量混ぜて、細かく刻んだ人参の葉っぱか
小口切りの青ねぎをどっさり混ぜます。

イーストかベーキングパウダー(アルミフリー)を加え、塩を少量。
にんじんパンの時は白ごまを入れたり、
ねぎパンの時は鰹節粉とみじん切りの茄子を入れたりします。

水か、麺類の茹で汁を入れてポテッとなるまで混ぜたら
スプーン2つで丸く落とし広げ、フライパンやオーブンで焼くだけ。

なかなか味わい深く、焼きたて最高!
冷めるともっさりしますけど(笑)、畑のお供に活躍しています。

posted by miya at 15:49| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする