2015年10月20日

無言の行、はじめます

P1070468taimatsu.JPG

「いっつも色々色々言われて、嫌になる!」

耳を塞いだ長女にそう言い放たれて、はっとする。

子供の頃の私そっくり。
つまり、今の私は昔の母そっくりなのだ。


何をやっていても、何かマイナスなことを言われる。
何もしなくても、注意されるし、
何かやっても、どうせ注意される。

こう動いたらきっとこう言われる、またはああ言われる、
でもこの前はそれを避けてこう動いてみたけど
やっぱり別のことを注意されたじゃない・・・

高校を卒業して家を出るまでの私は、
母と、母そっくりに私に小言を言う姉との間で
「何を注意されるか」「何て叱られるか」「何に文句つけられるか」
かなり気を張って暮らしてきた。

P1080226mizosoba.JPG

そりゃ、至らない子だったろうし、不出来だったろう。
気配りのできない、自己中心的な、自分勝手な子だったろう。
でも、自分が信頼できないし、大嫌いで、
生きる意味なんて見つけられなかった。

家を出て大学に行ってからは、それらは薄皮を剥ぐように改善し
今では家族と過ごしても何も言われないくらいに
お互いが歩み寄れた(と思っている)。

子育てするようになって、こうした母や姉の言動は
「過干渉」と呼ぶのだと、育児書で知った。

P1080258inutade&mizosoba.JPG

全部を母のせいにするつもりはない。
ただ、幼い頃の母を手掛かりに、改善できないものだろうか。

鉄仮面みたいな、笑わぬ母が怒りだすと更に怖くて
こめかみの青筋、眉間のシワ、ピンと立てた人差し指、食い込む爪、
ところどころかすれたり裏返るワナワナした声、
どれもこれもが私を震え上がらせた。


ところが今は、ニコニコしない私がいる。

笑ったら負け、みたいな、
自分を厳しく律しないと母親としていられない、
そんな変な自戒で、冷たい表情を保っていることに気づく。

P1080280tomato.JPG

長女はどうだろうか。

私に何か言われないために、あれこれと考えた挙句に動き出すと
即座に何か、言われたくないことを言われてしまう。
脱力、苛立ち、怒り、悔しさ。

私は私なりに、
よかれと思って言ってるのだから滑稽だ。

長女が後で困らないようにと、長女のために声をかけ、
そのたびに憤慨され、声を荒げて苛立った返事をされる。
ああ声をかけて悪かったよ、もう気にかけるもんかと
心の中で悪態をついて、ますますイライラが増えていく。

お互いにうまくいくように考えて考えて、の言動が
見事に逆効果になって、典型的な「過干渉の母と子」になっている。

P1080328dorodango.JPG

長女は本当はできることがたくさんあるのに、色々言われると
無気力になったり、逃げ出したくなったりで
いつも以上にやるべきことをやらなくなる。

それにまた私が目くじらを立てるのだけど、実は私が原因なのだ。

少なくて1日1回、多い時は1日5〜6回、
小さな噴火があり、週1回くらいは大噴火が起こる。


あぁ、脳みそに石鹸かけて、真っ白にできたらどんなに楽か。

見て口を出してしまう、見てなくても声をかけてしまう、
そんな過干渉な母親は、やっているのもしんどい。

えぇい、やめだやめだ、こんな母親、やめだーぃ。


ここで、母が昔から本棚に並べていた育児書を紐解く。
何か感じるものがあり、実家から持ってきていた。
やはり母が苦しんだことは、私も苦しむのだと、今思う。


oorakanimimamotteagete.jpg
おおらかに見守ってあげて
―お母さんとの対話

平井 信義 (著)

(この本が良かったので、自分用に新しい本も買い足しました)
kokoronokichihaokaasan.jpg
「心の基地」はおかあさん
やる気と思いやりを育てる親子実例集

平井 信義 (著)


この本で過干渉の親たちに向けて勧められているのが
『無言の行』。口出しをぐっと我慢する、確かに修行だ。

たいがいは三日坊主で終わってしまうらしいけど
ちゃんと3〜6ヶ月続けて初めて、効果が出てくるとのこと。

子どもの「自発性」はもちろん、親の「信じて任せて見守る」が
軌道にのってくるらしいけど、さてはて。

P1070721tanbo.JPG

まずは明日から。
ここで公開宣言して、背水の陣なり。


* * * お知らせ * * *

過干渉でホームスクールはまず無理・・・。
そんな思いもあり、しっかり過干渉から脱却したいのです。

151107WS_ban.jpg
自由な教育に長年携わってきた古山明男さんをゲストにお招きします!


気になる方、よかったらいらしてくださいね。
大人単独でのご参加も歓迎です。


* * * まかない日記 * * *

作り置きしていたかぼちゃの煮物が、だんだん煮詰まってしまい
最後にはパスタとからめてかぼちゃクリームパスタにしました。
P1080335pasta.JPG

パスタは茹で上げた鍋から直接網じゃくしで移して
水分も一緒にソースにしました。和風から脱するには
豆乳(や牛乳、バターやチーズ)などクリーミーな何かを。

仕上げに塩・胡椒で味を整えて完成♪
かぼちゃ自身、煮崩れて煮詰まった甲斐があったでしょう!
ごちそうさまでした^^
posted by miya at 21:18| Comment(6) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする