2015年09月13日

吸い尽くされて(&引きこもりスイッチの話)

先月末から、次女(1歳4ヶ月)のおっぱいリクエスト頻度が高く
日中も、夜も、ひたすら吸われて吸われて・・・

はは、母さん、ちょっと干からびてきたよ。

P1070158indoor.JPG

ちなみに授乳頻度が一日12〜15回くらいで、
そのうち3割くらいは空腹や喉の渇きではない
「ごまかしのおっぱい」
(甘えたい等、ほかのリクエストをごまかしている)だと思う。



さて、そんな状態で久しぶりにつくば自然育児の会のはらっぱに参加。
(今年はスタッフで、この会のBlog更新を担当しています)

久しぶりに会ったみんなに「痩せすぎ!」て言われたので
「朝から晩までずーっと“まんまんま〜 ねんねんね〜”なんだけど・・・」
と相談してみると、ベテラン母さんたちから

「それって家にずーっといるときじゃない?
 外に出かけてみたら? 畑もいいだろうし。
 他の事に気がいけばそんなに言わないでしょ?」

と言われ、急に目の前の霧がサーッと晴れたように感じた。



確かに、何だかんだと理由をつけて1週間くらいは家にいたのだ。
外に出るのが億劫で、家事とかパソコンばっかりやっていた。

そうかぁー。外に出るのかぁー。
畑ねー。さてはて・・・



私はよく「引きこもりスイッチ」が入る。
月のうち1〜2週間はそうじゃないだろうか。

そうなると何かにつけ家にこもり、人に会うのが億劫になり、
家事も嫌になってきて、育児もうまくいかず、
最終的には自己嫌悪に陥る。
淀んだ“ 気 ”が家じゅうに充満する。


ちょうど夏の終わりの蚊がパワーアップしていて
出かける時間帯が悩ましく(という格好の言い訳を理由に)
アドバイスをもらった翌日もずるずると家にいそうになったんだけど、

夫がすごい勢いで
「今日は庭で農作業しよう!ほら種まき種まき!」
と、インフラを整えてくれた。

P1070175kaya-tento.JPG

庭にテントを張って、蚊帳を吊って。

中に娘たちを入れて遊ばせながら、
夫は私のために苗箱作りをしてくれている。

P1070177naebako.JPG

とりあえず、確かに、次女はおっぱいリクエストを出さない。
いろんなものを見て、感じて、そよそよと過ごしている。

P1070182kaya.JPG

長女と夫の賑やかな話し声を聞きながらも、
私はまだカタツムリのようにカメのように
昼過ぎまで、じとーっと家にいた。

庭にいるみんなの声が、
家にこもる私を責めるかのような(←どんだけ)。

あーあーどうして外に出られないのかなぁー。
種まきしなきゃいけないのに。
張り切って種を買ったのに。
「やらなきゃいけない」が私を苛む・・・


結局、家族の昼食を作ってテントに届けるという名目で
やっと庭に出ることができた。

外に出てみれば、お日様も緑も気持ち良くて、
なぁーんだ。誰も私を責めてないじゃん。とホッとする。


P1070172naebako.JPG

結局、自分でやると宣言しておきながら
全部夫と長女が苗箱に土を入れて用意してくれていた。

私はぽちぽちぽち〜っと、白菜とキャベツの種をおろす。
種まきから堅実に挑戦したいから、今年は苗ポットで育てる。

P1070170tane.JPG

夫がふるいで丁寧に土をかけてくれる。
こういうとき、私が後ろ向きモードになっているのを
夫はちゃんとわかって、手伝ってくれる。ありがとう。

結局この日、次女の日中のおっぱいリクエストは3〜4回だけだった。
私の精神的な疲れも少なかった。
外に出る効能って、毎回書くけど、やっぱり大きい。(「畑育ち」参照)



授乳の悩みはただの枝葉(結果)で、
根っこのところには引きこもりスイッチがあったってこと、
こうやってブログに書きながらやっとわかった。

もちろんその根っこもほぐしてふかふかの土にしてあげたいけど
そこは急がず、ときどきお日様にあたりながら生きていったら
だんだん、ゆるゆると、引きこもりスイッチは減るかもしれない。

(引きこもる自分は否定しないけど、トータルで見て
 幸せな時間が多いほうに、なれたらいいなと思う。)


アドバイスをくれたみんなと、夫と、お天道様と・・・
ありがとうございました。


* * * お知らせ * * *

台風でぜんぜん収穫できてないジャガイモー!
早く畑から掘り出さなければ・・・

14potato_large_ban.jpg
自然農ジャガイモ2015 通販・直販
まだ何件かは受付可能です^^



* * * まかない日記 * * *

集合日だった昨日、
お弁当のおかずを色々作ったので品数の多い朝。

P1070262asagohan.JPG

・三分づき米 ごま塩(長女作)がけ
・じゃがいも・わかめ・ひじきのお味噌汁 干し鮎のおだしで
・かぼちゃのじっくり焼き
・炒りこんにゃく 生姜の甘酢漬けとおじゃこ入り
・畑のきゅうり 玄米麹漬け

食べ物があるって、家族で食卓を囲めるって、
決して当たり前ではない。

シリアの痛ましい現実を見聞きするだに、そう思う。

両手を合わせて、「ごちそうさまでした」。
posted by miya at 08:11| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

もったいない11 辛いししとうの活用法

台風の被害が報じられ、茨城住まいということで
あちらこちらから「無事!?」とご連絡をいただきました。

無事です!ありがとう!!
被害が最小限にとどまりますように・・・。


さて今日も、もったいない料理です。

辛すぎて完全に唐辛子なししとうと、
筋ばってしまったオクラの活用例です〜。

P1060830shishitou.JPG

熟して真っ赤になっても、ししとうは辛くないものですが
実家から送られてきた甘長、それに我が家の畑でとれたししとう。
軒並み辛いです。

家庭菜園のししとうや万願寺唐辛子、甘長唐辛子って
結構な確率で「ぜんぶ唐辛子」になってしまう気が。

そして採り頃をわずかに逃したオクラ、
なんだか筋張っていて硬く、残念な思いをすることも多いです。
P1070190shishitou&okura.JPG
とりあえず冷凍しておいて、カレーを食べたくなったら
凍ったままざくざく刻みます。
オクラの筋も、凍っていると細かく刻めて気にならない。

ドライカレーにしてもよし。先日はタイカレーにしました。
P1070116Green Curry.JPG
フライパンに刻み生姜とクミン(ホール)、
岩塩を入れてなたね油を垂らし点火。
これまた筋ばっていたニラやニンニクの花芽(下茹で済み)を
冷凍庫から出して細かく刻んで加え、じっくり香りを出します。

弱火でクミンが弾けてきた頃にししとうもどき&オクラをざばーっと。
辛さと硬さを弱火でなんとかしてもらっている間に
じゃがいもをざくざく切って追加。

ローリエを加え、水を入れ、しばらくフタをして煮込みます。
火が通ったらココナッツ缶(無漂白)1缶とナンプラーをたらーり。
味をみたら激辛グリーンカレー!泣くほど辛い!

さては全部唐辛子だったな!やられた! と騒ぎながら
冷凍庫にあった茹で鶏をぼーんと追加。
鶏さんの旨みと脂でなんとかしてもらい、
柑橘の汁(うちはスダチ)で仕上げました。

以上、自分用のメモでした。
これで2〜3日はタイカレーを楽しめました。ごちそうさま!


* * * お知らせ * * *

12日(土)はつくし農園の集合日です。
見学予定の方もいらっしゃるようで、楽しみです^^

15tsukushi_ban.jpg
自然農のある暮らし、始めませんか?
年度途中からの参加も大歓迎です!


スズメ対策、きっちりやって備えましょう〜


* * * まかない日記 * * *

前夜のラーメンの茹で汁をとっておいて、
次女がばらまいた白米を洗って入れ、
ショートパスタも加え、水も足して煮ました。

ローリエとタイムと、冷凍してあったトマトピューレも追加。
かさ増しのため(お弁当にも使うことにした)、茹でじゃがいもも追加。
ぐつぐつぐつ・・・

コクのあるリゾットが完成。オリーブオイルいらず♪
P1070246morning.JPG

左が大人、奥が長女、右が次女の分です。
畑のバジルを添え、大人は塩と胡椒で調整。

さっぱり朝ごはん。ごちそうさまでした!
posted by miya at 22:03| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

外出前のイライラは

出かける予定や来客予定があると、その時間までずーっと

「まだなのー?」「待ち切れなーい」
「あーあ、つまんないなー」「早く行こうよ〜」
「お客さんまだ来ないの〜?」「なんでまだなのー!!」

を言い続ける長女。

私、必死で他の用事を済ますべく、朝から頑張っているんですけど!
静かにしてー(涙)イライラしてくるからやめてー(怒)

それでもその日の予定が楽しみでウキウキの長女は
お口にチャックができなくて、結局、毎回カミナリを落としてしまう。

それが嫌で、予定のある日はたいがい憂鬱だ。

P1060840kids.JPG

長いこと悩んできたし、たくさん怒って、長女もたくさん泣いた。

長女の「まだなの」コールは
ひたすらお母さんを追い詰めてしまっているんだけど
どうしてもやめられない。

ずうっと、この悪循環から抜け出せずにいた。


そして昨夜。

遠くに暮らす姉と、とても久しぶりにメールをしていて
ふとこの問題を相談してみた。

すると思いがけない返事がきた。


「みやは頑張っても時間かかるから。 かかるねん^^

 そこに集中できるようになにかを適当にすませて、
 イベントだけ頑張ったら? 誰も悪くないよ^^;」


あーはははは!!!! 大爆笑してしまった。
まさかの、「私が」「遅い子だから」という指摘!さすが姉。

私今まで、自分に原因があるという視点がなかった。

ぜんぶ長女が静かにしてくれれば解決すると・・・
決めつけて、そうならなくて、苛立っていたのだ。

P1050712cherry.JPG

「追いつめてないって (T_T)
 追いつめてると思い込まなくていいから

 あの子、お口チャックしたら死んでしまうよ^^;
 二人はまったく違う人間なのよ

 やめさそうと思ったら変わらないから、
 二人ともワンクッションおけるように手段を考えるべし。

 そのうちおさまる!確実に! 今だけよ^^」


「できないことは、できないのよ (−_−;
 だから、事実変えれない所は 子どもに謝るしかないよ (−_−;

 お互いにそゆとこはあって当たり前よ^^ 一人の人間やから」


P1050783hanabi.JPG


ということで、次回、お出かけ前には

「お母さん、頑張るけど
 どうしても準備に時間がかかるの。ごめんね。

 いっぱい言われるとパニックになって
 ますます遅くなるみたいなんだ。

 頑張るから、なるべく応援する気持ちで
 待っていてくれるかな?」

って、話してみようと思います。


こう書いたら素敵なお姉さんだねーと思われかねないですが
知る人ぞ知る、めちゃ怖い姉。
でも最近なぜか穏やかマザーになっていてびっくり・・・

彼女のいい状態がいつまで続くかわからないけど、
昨夜のアドバイスはとても助かったのでした。


関連記事: 短冊がグサリ ちい母さん 右往左往してもいいのだ 子育てつれづれ


* * * お知らせ * * *

秋のヨガ、受付中です。
151003yoga_ban.jpg
自身の中に宿る実り、季節が呼び覚ます心の声に、
ゆっくりと耳を傾けてみましょう。



* * * まかない日記 * * *

基本的に一汁一菜、それにせいぜい漬け物か和え物程度ですが
何日も同じメニューが続くとさすがに別のものを食べたくなり・・・

かぼちゃの煮物が2日続いたので、いよいよアレンジ。
ガツンとジャンクな味付けのものが食べたい!! ぐっふっふ

ごはんを耐熱容器に広げ、戴き物の久原本家の野菜だし(茅乃舎だし)を1袋、袋を破って全体にふりかけます(これで“安全なジャンク味”)。
P1070250yasaidashi.JPG
かぼちゃの煮物をゴロゴロと加えて全体をスプーンで粗く潰しながら混ぜ、パン粉をたっぷり振りかけて、くーるくるとEVオリーブオイルを垂らし、仕上げに黒胡椒をガリリとひいて。

冷やごはんがじわじわとあったまってほしかったので、
余熱なしオーブン250度で25分。かぼちゃドリアの完成!
P1070248lunch.JPG
これは(無添加で野菜だけの)だしの素がガツンときいてまして
相当にジャンクフードな味に仕上がりました〜♪

きゅうりの玄米麹漬けと共に。 ごちそうさまでした!
posted by miya at 22:04| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする