2015年08月24日

短冊がグサリ

P1060789tanabata.JPG

毎日複雑に成長する長女と、なかなか変われない私。
下りエスカレーターを必死で上に歩くような
そんでもって時々すっ転んで大失敗するような、そんな日々。

「母親向いてないんだからしょうがないよー!」とか
「母性がないわりには良くやってると思うよー!」とか、
夫の励ましの言葉は面白い方向からやってくるのだけど。


母が育児ノイローゼだったこともあって
自分の脳内にある母親像というのは
神経質で、いつも怒っていて、笑わなくて、必死で・・・

そうならないように気をつけて気をつけて生きているのに
ふと気づけば、あの頃の母そっくりに鬼の形相で怒っている。


こういうのは、誰のせいとかではなく、
自分でゆっくり溶かしていくべき課題のようなものじゃないかと、
最近は思うようになった。

母だって必死で「よき母」をやろうとしてストレスだったろうし、
「よい子」を育てなければと苦しんだに違いない。

絵本に出てくるような朗らかなお母さんは
架空の存在、別世界の人、無理して演じるしかない役柄、
そんなふうに感じることもよくある。

そのまんまの本人が、本人らしく生きていなかったから、辛いのだ。
(その点、義母はありのままスキルがとても高い)



さて、夫と結婚して以来、旧暦で七夕をやっている。
長女もすっかり、8月の七夕に慣れてきた。

先週の七夕で、長女が書きあげた短冊は・・・

P1060788tanzaku.JPG

「いつもおこられませんように」


あーあーあーあーあーあー

ついにこの短冊がお出ましやー!
この絵本の通りにー!!



okodademasenyouni.jpg
おこだでませんように

くすのき しげのり (著), 石井 聖岳 (イラスト)



つまり、お母さん、叱り過ぎ。
いつも叱るモードで長女を見ているから。


はぁぁぁ。

P1060787amanogawa.JPG

お母さん、おくちにチャックしよう。
じーっと、いいとこ、頑張ってるとこ、見つめよう。

おくちを開いたら、褒めてあげよう。労おう。
何か指摘したくても、3つのうち1つ程度でいいじゃない。


長女、もうすぐ6歳。

薄い層が重なっておいしいミルフィーユになるみたいに、
小さい「できること」「がんばり」が積み重なって
数年前にくらべたら、立派なお姉さんになってる。

全身全霊かけて修羅場くぐって、必死で育ててきたじゃない。
大前提の愛を、もっと伝えたらいいだけでしょうに。


三歩進んで二歩下がって、転んで滑って起き上がって。
母親として、そのままの自分として、愛を伝えながら暮らそう。

胸にグサリの短冊に感謝。

P1060793tanabata.JPG


* * * お知らせ * * *

・ ひっそりと夫のBlog名が変わっています。
 そして先日の「逃げてと言ったところで」の結末、
 夫が詳しく書きつづっております。 ⇒ 殺戮

 ひとつの恋が終わったよー・・・


・ つくし農園、8月集合日の様子をアップしました。
  写真満載ですみません。写真好きなんです。


* * * まかない日記 * * *

畑は今、オクラ祭り。
生で食べ比べしたり、スパイシーに炒めたり。
P1060760dinner.JPG

高野豆腐の煮物には自家製だし麹を乗せて。
あとは茄子とみょうがの揚げ浸しをちびっと。
甘い・辛い・酸っぱいがバランスよく揃うと嬉しい。

ごちそうさまでした!
posted by miya at 19:42| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする