2015年08月16日

畑育ち

出産後、2ヶ月から次女は畑デビューして、
以来なるべく子どもを田畑に連れていくようにしている。

あくまでも「なるべく」の努力であって
「自然と」「いつの間にか」「毎日」ではないのが現実だけど。

P1060567hatake.JPG

家事は追求すればどこまでやっても際限ないし、
授乳やオムツを考えれば家でじっとしている方が楽。

P1060619potato.JPG

だけど、よっこらしょと腰をあげて、
またはエイヤッと勢いで、
家族4人で畑に来てしまった方が
色んなしがらみを忘れて、開き直って過ごせるように思う。


土日はつくし農園こぐま塾の誰かが畑にいて
家庭保育をしてはいるけど、たまたまこの仕事で良かった!と思う。

P1050428tanbo.JPG

色んな人に子どもたちが可愛がっていただいているから。

P1060586player.JPG

集合日なんて、特に次女は放っておかれるので
気がついたら誰かが抱っこしてくださっている。

P1060582player.JPG

草木や虫や野菜たちからもエネルギーを受け取って
畑にいる私の胸は、パカッと開けて
気持ちのいい風がさぁーっと吹き抜けていく。

子どもたちの思いがけない成長を見られるのもまた、
田畑であることが多い。

P1060636potato.JPG
それはこの場所の心地よさと、
母親である私の状態(機嫌)が良くなることとの
相乗効果かもしれないな。


今週は、長女がプールでもらってきた胃腸カゼ(ウイルス性胃腸炎)と
私の生理痛が順に起きて、なかなか外に出られなかった。

(生理痛が前駆陣痛なみに重いってことは、
 心と体の冷えを散々溜めてしまっている証拠。うぅ。
 そのあたりについてはまた改めて。)

で、ずっと家の中にいるからか、体調が悪いからか
負のエネルギーが家庭内に充満してしまった。
(その反省から、この記事をつらつらと書いている)


P1060639potato.JPG

畑で子育てしたら本当に気持ちがいい。
畑に育ててもらっていると思う。子どもだけでなく、親も。

畑と書いたけど、野菜という意味ではなく、
土・草・虫・風・鳥・・・そうした生態系、まるごとが
「さぁ、さぁ」とふんわり両手で包んで持ち上げてくれるような
そんな気配を感じるのだ。

P1060672mint.JPG


* * * お知らせ * * *

ネズミに食べられる前にと、
夫がせっせと掘り出してくれています。
P1060626potato.JPG
自然農じゃがいも、出荷しております!
自然農ジャガイモ2015 通販・直販



* * * まかない日記 * * *

自然農きゅうりを軽く塩もみしてから、2種類のハーブナムルに。
P1060688kyuuri.JPG
1つはフェンネル×レモン塩×EVオリーブオイル。
もう1つはパセリ×アンチョビ塩×EVオリーブオイル。
庭のハーブは毎日活躍してくれて、ありがたいです。

たくさん蒸しておいたジャガイモは、日々いろんなおかずに変身します。
この日は青じそと梅干しと醤油で和えました。

主食はdavid painさんのバゲットを、みたらい農園さんの有精卵と
低温殺菌牛乳に浸して焼いたフレンチトースト。

お砂糖なしで作ると、おかずにも合う!
材料が良いからか、美味しかったなぁ〜。

ごちそうさまでした♪

posted by miya at 04:58| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする