2015年08月04日

梅の土用干し

夏の土用を迎えて、暑さやら曇りやらを理由に
なんだかんだとの土用干しを後回しにしていたら
いよいよ残り時間が少なくなってしまった。

きちんと晴天が続くわけでもないのに、7月末、
焦って庭へ梅を並べ始める。

・7月28日(1日目)
P1060186umeboshi.JPG
重い腰をあげて、というよりは、
夫が一緒にやってくれたので、この日からスタート。

今年漬けたものだけでなく、2年前の大豊作のものも
実は土用干しできていなかったので、この際干すことにした。

地道に並べていくと干しザルが足りない。
夫がささっと買いに走ってくれて、何とかザル4つに干し終えた。

P1060187umeboshi.JPG

この時点でとっくにお昼をまわっていた。
これから三日三晩干すというなら、日付では四日かかる。
なんというマイペース。

それでも夕方には塩を噴いていた。
なんとか梅干しになっておくれー。
P1060202umeboshi.JPG

夜、不穏な小雨予報で取り込む。
ああ、カンカン照りの一週間前にやればよかったと悔やむ。


・7月29日(2日目)

写真なし。朝起きてすぐに外に出す。

午後に梅をひっくり返そうとしたら、なんと!
完熟梅たちがザルにくっついてしまっていた。

そーっと、そぉーっとはがしてひっくり返す。
それでも何個かは皮が破れてしまった。無念。

強い陽射しに当たると、柔らかい梅は
すぐに汁が出て、そのまま乾いてしまって
皮が貼りついてしまうようだった。

来年からは、午前・午後に1回ずつ
梅のひとつひとつをそっとつまんで、動かしてあげようと思った。

今宵も雨がぱらつく予報。
あーあとため息をつきながら家に運び込む夕方。


・7月30日(3日目)

くっつきチェックをして、ひっくり返した梅を陽に当てる。
たぽたぽっとしたのは完熟梅、きゅっと締まっているのはやや青梅。
P1060255umeboshi.JPG

だんだん皮の破れに寛容になってくる。
午後に一度、両腕に大汗をにじませつつひっくり返す。

最近、ご近所で暗くなってからゴミを燃やしているようで
とても煙臭いので、結局この夜も梅を中に取り込んだ。
ゴミは燃やさず、ゴミの日にきちんと捨ててほしい・・・。


・7月31日(4日目)

これまでで一番の快晴。

もう土用干しにくたびれつつあったけど、
無事に干し上がった(ように見える)梅たちを見ると
気分が晴れやかになった。
P1060285umeboshi.JPG

梅と同じ期間、ずっと甕ごと陽にあててきた梅酢たち。
P1060286umeboshi.JPG
甕はアツアツ、中の梅酢もアッツアツ。

干した梅を、梅干しの種類ごとに慎重に確認しながら
それぞれの甕の梅酢へと漬けていく。

赤じそ入りのままの梅酢に梅を戻し入れ、
「あ、紫蘇で梅を覆えばいいかも」と素手を梅酢の中に突っ込んだら
火傷しそうなほどに熱かった。

半泣きで、でも今さら菜箸を取りに行くのも面倒で
手で熱い梅酢の中を探っては熱々の赤じそを掴み上げ、
梅の上にかぶせていった。
P1060292umeboshi.JPG

赤じそを干したものは、梅酢には梅だけを戻し入れた。
さっと赤みが増して綺麗。たぷんたぷんと気持ちよさそう。
P1060295umeboshi.JPG
干した赤じそは、そのまま保管しておき、
都度都度細かくして「ゆかり」にする。

完熟破れ梅を梅酢に戻してしまうと、
一気にふやけてしまうことに途中で気がついた。

急遽、梅酢に戻すのを中止して、
破れ梅たちはこちらの瓶へ。
P1060298umeboshi.JPG
半干し梅といったところ。

梅干しの作り方は本当に様々で、土用干しも様々。

梅酢に毎日漬けながら干す方法もあれば
最後に梅酢に戻し入れるだけの方法も、
そして梅酢は別保管して、梅は梅だけで保管する方法も。

そのどれが一番好みの仕上がりになるか、
来年はもうちょっと気持ちと時間に余裕をもって
挑戦してみたい、と今のところは思っている。


* * * お知らせ * * *

・【話す・聴く・気づきのワークショップ】
お金の話って赤裸々にしにくいところもあり、
ましてや人様のお宅の経済事情ってなかなか訊きにくい。

あんな暮らしをしてていいなー、お金はどうしてるんだろう。
こんな暮らしがしたいなー、お金もかからないんだろうなー。
などなど・・・

静かに思いを馳せる時間を持ちたいと考え、
次回のテーマはこちらに決めました。
150926WS_ban.jpg
あなたの暮らしは幸福ですか?
それは、どのくらいお金で左右されますか?


今回は試みとして参加費を設定せず、
ドネーション(寄付)方式で開催します。ドキドキ。

話す・聴く・気づきのワークショップ自体が
気になっているけど、なかなか腰があがらなかった方も
この機会にお気軽にご参加いただければ嬉しいです。


・【こぐま塾】7月集合日レポート アップしました。
 夏はひたすら草刈り、草刈り・・・
 自然農ならではのポイントもまとめていますので、
 振り返りにお役立てください。
ラベル: 常備薬 保存食
posted by miya at 21:47| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする