2015年05月14日

母の日のお手紙

5月10日の母の日は
大学時代の友達が一家で遊びに来てくれました。

お庭で遊んで、お弁当食べて、
ヤギを連れて畑に行って、
森で野いちごを摘んで、田んぼも見て、
寒い風が吹いてきたぞーっと慌てて帰って
いただいた手作りケーキでお茶にして。

旦那さんたちが子どもの相手をしてくれている間に
母親同士、ずーっとお喋りしまくっても話し足りない(笑)。


わいわいと帰る姿をお見送りしてから
夫は用事で外出、女子3人は夕食の準備。

いつもは手伝ってくれる長女が
なぜか紙とはさみ、クレヨンなど持ち出してきました。

(これこれ、ごはんの手伝いに洗濯物畳み、やらんかねー!)
と小言が出かかったけど、
珍しくグッとこらえて見守ってみれば

「お母さんにプレゼント作るからね、待っててね♪」

今日は母の日だということを忘れていなかったのでした。

あぁ、いつもの口うるさいお母さんになってたら
その気持ちを踏みにじっちゃうところだった・・・


食卓で「じゃじゃーん!はいどうぞ♪」ともらったプレゼントは
青いエプロン(の絵)と楽しげなお手紙。
PAP_0001.JPG

おかあさんへ

ははのひおめでとう!!
きょうはたのしかったね。
けーきもおいしかったね。

あしたはじーじたちに
たかいぽっくりおみせてあげるんだ。
すごいでしょ。

じゃ、またおしごともがんばりながら
たのしくまいにちすごせるように、
いのってるよ。

ち**より。

PAP_0000.JPG

最後は、ちょっとボヘミアンな空気を漂わせる
応援メッセージで締めくくっていて、笑ってしまった。

うん。

お仕事も頑張りながら、楽しく毎日過ごせるように
お母さんも努めてみるよ。

ありがとうね。


この翌日は次女のお誕生日祝いで、
いわきからじーじたちがやってきました。
記念になるので、また別途記事にしようと思います。


* * * お知らせ * * *

5月23日(土)は、こぐま塾アグリコースの集合日!

「家族でお米作りや味噌作り、やってみたいなぁー」という方は、
まだ田植え準備に間に合いますので、一度見学にいらしてくださいね。
agri-top-image.jpg
こぐま塾 2015年度アグリコース -いのちの田畑- 塾生募集中!



* * * まかない日記 * * *

この春、たけのこ料理にはまって、人生で初めて(!)
わざわざたけのこを買って料理するようになりました。

たけのこの炊き込みご飯。
PA0_0020.JPG

レシピは野崎洋光さんのもので、
たけのこには“日本のベーコン”油揚げを使ってコクを出すんですって。
本では、油揚げを粉砕して加えていました。
うちでは油麩を細かく切って使いましたが、これもまた絶品!



どの料理も間違いなく美味しいのです。
下ごしらえのひとつひとつに理由が書いてあるため、勉強にもなります。

さすが、毎日仕事で料理を作ってお客さんに出している方は
レシピの気迫が違うなぁと感じます。

野崎さん、たけのこさん、ごちそうさまでした!

posted by miya at 11:03| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

おんぶ

次女をおんぶする時、長女を抱っこする時、
「はぁ〜重たいな」「用事があるのに」「早くおりてくれーぃ」
と感じている時間が結構多い。

重いから。疲れてるから。忙しいから。

そんな毎日。
そんな「お母さん」をやってきた。

150427_1905~01-001.jpg

話は変わって・・・


ときどき、夫が私を(!)おんぶしてくれる。
抱っこもできる。

普通なら「やめてーおろしてー(恥)」と言うところ。

感覚が180度変わったのは、
雪山疲れで全身が鉛のように重く筋肉痛で
「もう一歩も歩けない、起き上がれない、おんぶして」
という時だった。

夫の背中に、力の抜けた全身を預けていると
ゆーらゆーら、ちゃぷーんちゃぷーん、
おなかの中にいるみたいにあったかくて、気持ちがいい。


これがもし、おんぶする側が「重い」「早く終われ」と思っていたら
この温かい安心な背中は、もっと強張っているかもしれない。
ゆらゆらも生まれないかもしれない。

おんぶされる私だって、そんな気配を感じたら申し訳なくて
身体はもっと緊張していたかもしれない。

150430_1329~01-001.jpg

夫はおんぶで次女を寝かしつけるのがすごく上手で、
昨夜も見事に背中で寝かし、布団におろして戻ってきた。

それから、私をもおんぶしてくれて
次女にするのと全く同じように、ゆっくり暗い部屋を歩き回って
私の力がどんどん抜けていって、しばらくしてから
布団にそぅっとおろしてくれた。

布団もかけてくれる。この幸福感。

長女に「早く寝なさいよー」「もう静かにしてー」と言いながら
ばっさばっさと布団をかけていたけれど
その子の眠りが穏やかであるように、幸せな夢が見れるように、
願いながら布団をかけるのは、子どもにとってどんなに幸せなことか。

かけてくれる布団にふわぁ〜っと笑みがこぼれて
すっかり子どもの頃の幸福を思い出し、
また、自分の母親らしからぬ振舞いを反省する。



「おんぶとか、抱っことか、
(大人になって)されてみたらわかるけど
 すっごい幸せだよー」と呟くと

「そうか、俺はおんぶも抱っこもされたことねーや」
と笑っていた。
してあげられないのが、ちょっと切なかった。


ゆらゆらおんぶ、あったか抱っこ。

せめて子どもたちには、大切にやってあげよう、と思った。


関連記事:
薄明かりのお風呂 キャンドルナイトの子ども



* * * お知らせ * * *

lonof_ban.jpg
自然農の農作業体験 「LONOF(ロノフ)」やってます


遊びに(?)きてくださいね〜^^


* * * まかない日記 * * *

ベッカライ・ブロートツァイトさんのチャバタに
自家製アンチョビ、さっと茹でたほうれんそうを挟んで。
150430_1321~02-001.jpg

大好きな柿の木の下で、のんびりランチタイム。
150430_1321~01-001.jpg

夫がひそかにクリームパン(これがまた絶品!)も買ってくれていて
うふふふーっと笑いが止まらない母子なのでした。

いつもありがとう。
posted by miya at 07:31| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

カラスノエンドウを食べる

先日のつくいちでは、
お客様と雑草トークで盛り上がりました。

お客様
「もうね、カラスノエンドウがどんどん生えてきて!
 アブラムシもいっぱいいるから必死で抜いてるのよー」

私「お花は彩りにもなるんで
 サラダや冷や奴にのせると可愛いですよ〜
 若い莢はミニさやえんどうになりますよ〜」

お客様
「ええええー食べるの!食べちゃうの!?」


そんなわけで、このところ繰り返し食卓に登場するのが
カラスノエンドウのお花をのっけた冷や奴。
PAP_0001.JPG
お庭のスパイラスガーデンで育ったチマ・サンチュを間引き
お豆腐にわーっとのっけて、色んな味付けで食べています。

写真は、「香酢&ごま油」バージョン。
小さいフォークでしゃかしゃかっと混ぜて
お豆腐にひとつひとつかけたあと、
間引き菜とカラスノエンドウをのせました。
PAP_0000.JPG

先日は「塩レモン&椎茸醤油」、
「自家製アンチョビ&アンチョビオイル」の2種類で
違いを楽しみました。
(椎茸醤油・・・夫が干し椎茸の軸を醤油に放り込んであったもの)

うちはサラダをあんまり食べないのだけど
カラスノエンドウのお花を主役にした料理、
もっと楽しみたかったなぁ。

カラスノエンドウはお花が終盤になってきて
莢(さや)が次々と豆(種)を膨らませつつありますね。

柔らかで薄っぺらいものは、
おいしいマイクロさやえんどうになるので
お味噌汁に、炒め物や煮物の彩りに、
さっと火を通して使ってみてください〜。


長女と一緒に収穫しようとウキウキして誘ったら

「いやーっ!アリがいっぱいいるー!もーやだー(涙)!」

うん、アブラムシがいっぱいだからね。アリも来るよね。
まだまだ乙女すぎる長女なのでした。


* * * お知らせ * * *

150516WS_ban.jpg
自然や農作物、社会やテクノロジーに対して
人はどうあるべきでしょうか。


150528WS_ban.jpg
ふと立ち止まり、思いを巡らせる。
すべてに可能性があり、否定する必要もないのです。



* * * まかない日記 * * *

1年前、庭にまいた種はホウレンソウ、アシタバ、ミツバでした。
(この記事の末尾に書いてありました⇒ 種蒔きを教わる

そのうち、芽が出たのはミツバだけでちょっと落胆したものの
1年経ってもますます元気に茂ってくれるミツバ、
見るたびに「植えてよかったー!」と嬉しくなります。

大きく大きく葉を広げて育つ姿は、スーパーのミツバとは大違い!

ブーケのようにわっさりと収穫して調理するのが最近のブーム。
彩りにちょいと、ではなく、主役として。
PA0_0007.JPG

「車麩とミツバの炒め物」は、
簡単にボリューミーなおかずになって、お気に入り。
PA0_0005.JPG
水で戻した車麩を切って、油でジャッと炒めたあと
好みの味付け(出汁+醤油、出汁+味噌など)で水分も少し加えて
グツグツして、最後に切ったミツバを加えてかき混ぜます。
くったりしたら火をとめて出来上がり〜。

今日はミツバのおひたしにしていただきました♪
ごちそうさまでした!


posted by miya at 11:16| Comment(0) | 自然をいただく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする