2015年02月03日

日々をまかなう、料理という仕事

気づけば12月頃から、料理はほぼ全部
私が作るようになっていました。

田畑のことは全部夫が担ってくれているので、
子どもチームと共に家にいる私が、自然と。


夫は夜の晩酌&パソコンタイムが大事なので
その分、朝は遅いけど、長女は腹ペコで早起き!

起きたほうが朝ごはんを作らなければならない・・・罰ゲーム?
そんなネガティブな気持ちで布団をかぶる親・・・(笑)


で、結局次女も起きてしまって、おむつだ授乳だと、私が起きます。

秋までは夫婦で半々ぐらいの割合で料理をしていたから
毎日の「義務としての」料理が、
疲れの抜けない身体にズシンとのしかかります。


低血圧も手伝って、
朝はこの世の終わり(!)みたいな気分で起き出して
暗い暗ーい面持ちで料理をしていました・・・


いやー。良くないですね。

なんで毎日の大切な「料理」、いのちを支えるお仕事を
こんな負のオーラ満載で捉えていたのでしょうか。


1月の終わりになって、「毎朝料理作るの嫌だ」と申しましたら
夫が率先してお料理してくれるようになり(!)、
そうなると不思議と私も料理が苦じゃなくなるんですね。


掃除も洗濯も料理もできる夫。おぉー。

20年近く独り暮らししてきた人はいいなぁー 助かるなぁー
と、今朝も美味しく朝ごはんをご馳走になったのであります。



これは数日前のごはん。
150129_0909~01.jpg
どっちが作ったか忘れましたが、大根と白菜と人参と金時豆のサラダ。
白菜とオリーブの豆乳パスタには、ベッカライ・ブロートツァイトさんで売っている生胡椒の塩漬けを散らして。


今月のひそかな目標は、
2月19日の旧正月に向けて、大掃除第二弾!
がんばりまーす。


* * * お知らせ * * *

毎日のごはんと、田んぼと畑。

ずいぶん遠く離れてしまったこの2つを
ぎゅっとくっつけて過ごす1年間。

agri-top-image.jpg
こぐま塾 2015年度アグリコース -いのちの田畑- 塾生募集開始!


親子で見学も受け付けております。
お気軽にご連絡ください♪
posted by miya at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする