2015年01月04日

風邪に負けない

冬ですね。風邪の季節ですね。
実際は季節を問わず、人は一生のうちに100種類くらいの風邪をひくのだとか。ほんまかなぁ。数えとけばよかった。

じじばばに「子どもに風邪をひかせるな」と言われようとも
風邪をひきながら免疫をつけて抵抗力をつけて
大きく育っていくわけですから
過剰に除菌・抗菌・殺菌などしている場合ではない、ようです。


長女を5年間観察してきて思います。

親が頑張るべきポイントは
「風邪をひかせない」ことではなく
「風邪をひいても平気な身体にする」ことなのだろうと。


長女は高知で、とてもいい小児科にかかっていました。

そこは漢方薬を中心に処方してくれる先生で、
むやみな予防接種は必要ない、哺乳類は自分の母乳で子育てできる、
と様々な勉強会を無料で開いており、
母乳指導のために本まで出しているような方でした。

で、母親初心者マークの頃にこの先生に教わったのが

「抗生物質は腸内細菌を殺してしまう。
 子どもの抵抗力を根こそぎ奪う薬だから
 細菌性と判明した病気以外では飲ませちゃいかん。」

「風邪はだいたいがウイルス性。
 日本の医者は抗生物質を乱発するから
 風邪ひいたくらいで病院に来てちゃいかん。」

など、≪抗生物質に気をつけよう≫という知識でした。

更には

「熱が出たくらいですぐ病院に来んでええ。
 熱も咳も鼻水も、必要があって出てる。
 それを止める薬を安易に出す医者にはかかるな」

「熱が心配なら辛さが最高潮のときに来なさい。
 熱にも仕事があるし、熱の途中で病院に連れてきて
 わざわざ他の病気もらう必要ないから」

とも。

子どもが風邪をひいたら、病院で薬を色々もらって
「おくすり全部飲んで治そうね!」というイメージを持っていた私は
頭をガツーンと殴られたくらい衝撃的な言葉でした。


1〜2歳の頃、この病院がお休みの日に高熱を出して
仕方なく、つい、当時の保育園の近くにあった小児科に行きました。
(あぁ、高熱だからって病院に行く必要はなかったのです・・・)

そこの先生は笑顔でこう言いました。

「とりあえず抗生剤出しておきますから、4日間飲んでください。」

あれ?

「先生、この症状は細菌性なんですか?
 検査してないのにどうしてわかるんですか?」

「とりあえず抗生剤を飲んで様子を見て、
 効かなかったらウイルス性だってわかるでしょう。

 抗生物質はリトマス試験紙のようなものです。
 細菌性だったら効くし、効かなかったらウイルスだと。
 痛い検査をするのはお子さんが可哀想ですからね」

子どもの健全な腸内細菌をやっつけてしまって
抵抗力を落とすことは可哀想じゃないのですかぁー
と思えど、言えず。


つくばに越してきて、娘が熱を出したとき
近所のお医者さんにかかった際にも、
やはりすぐに抗生剤が処方されました。

「できれば漢方でゆっくり体調を整えたいのですが・・・」

と言うと、
先生はまなじりをぎゅっと吊り上げて

「処方する薬に口を出すなら他の病院に行ってください!」

と怒ってしまいました。
確か処方箋だけもらって、薬局に行かずに帰宅した気がします。


さて、ともあれ、そうやって長女の腸内細菌は
ずいぶん健やかに、よいバランスで育ちました。
例え夜中に発熱しても朝にはケロリ、
それも2年に1度くらいしか熱を出さない頑健な子になりました。

めでたし、めでたし。
P1000054.JPG

・・・と順を追って書くと、最もらしい知識を得たようですが
種を明かせば

「なんで長女の息はいつまでも赤ちゃんの息の匂いなんだろう」

とずっと不思議だったからなのです。
5歳になっても、息は、母乳を飲んでいた頃とおんなじ匂い。

夫に
「母乳の匂いじゃなくて、
 常在菌のバランスがとれてる匂いなんじゃない?」
と言われて、色んな本を読み返し、
上述の薬の話に思い至ったというわけです。

チャンチャン。


関連記事:
自然療法カテゴリの記事(風邪の手当て法、常備薬など)
東洋医学カテゴリの記事(水分補給の疑問、半断食について)



* * * お知らせ * * *

おせちの黒豆があんまり美味しかったので
やっぱり多くの方に味わっていただきたいなぁーと。

お豆本来の濃厚なコクと甘みをお楽しみください。
14mame_ban.jpg
ぎゅっと濃厚で甘い、自然農のお豆さん。販売開始です!



これから3日ほど、夫の実家に里帰りしてきます。
いつも孫のようにくつろいでしまうのですが、果たして今回は?

ではまた♪
posted by miya at 11:22| Comment(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

おせちの記憶と覚書

あけましておめでとうございます。
今年もマイペースに邁進して参ります。

私の大晦日は、おせち作り一色でした。

昨年は夫の祖母が亡くなって、喪中を言い訳におせちを作らず。
しかし今年は作りました。つくば生活2年目にして、初のおせち。


台所で手を動かしていると、
おせちの記憶がどんどん浮かび上がってきます。

幼いころは、祖母の台所でさつまいもの裏ごしを手伝ったり
庭から南天や松を取ってきたりして手伝ったっけ。

巻き簾できゅきゅっと巻いていく海苔巻を
息をつめて見守ったことも思い出します。
(おせちには必ずお寿司が何種類か入りました。
 高知だけ?うちだけ?)

鯖寿司は家で作ったり、魚屋さんに作ってもらったり。
グリルで炙り焼きにしたのがまた格別に旨かったなぁ。


母は三交代の仕事で年末年始も忙しかったから
「もう無理、今年はもう作れんわ」と毎年言っていました。

でも30日頃になると、仕事から帰ってきて
「やっぱりおせちは作らんとね」と前言撤回し
猛然とおせち料理に取り掛かる・・・という、これも毎年の風景。

母の場合は仕事の合間(夜など)に、猛然と、怒涛の勢いで作るので
お手伝いさせる余裕もなく、子どもの私が関わることは少なかったけれど、お正月になると必ずおせち料理がずらーっと揃っていました。


祖母も母も、ごく稀に(何年かに一回くらい)
「今はスーパーでもおせちのおかずが売りゆうんやねぇ」と喜んで
やれ数の子だ、黒豆だと買ってみては
「・・・おいしくないもんやねぇ」と肩を落としていました。
自分の味付けが一番好きな味、という事だったのかな。


さて。

思い出に浸りつつ、母そっくりに猛然と。
買い出しに行かずに、家にあるものだけで。
今年のおせちが完成しました。

自然農野菜を中心に、野菜たっぷり。
大晦日に収穫したばかりの金カブと人参を蒸してあしらいました。
150101_1012~02 (2).jpg


<一の重>
150101_1014~01.jpg
黒豆煮…甘みはほんのり蜂蜜で。(自然農の黒豆販売中です!)
150101_1014~04.jpg
田作り…煮詰めたみりん・醤油・酒に、食べる小魚を絡めて完成。
(タレの残ったフライパンはナシゴレンに使いました)
150101_1014~03.jpg
林檎とキャベツのサラダ…塩、すだちの搾り汁、EVオリーブオイルで。
150101_1015~01.jpg
かぶの梅酢漬…自家製梅干しの梅酢で、うっすら桜色。
150101_1014~02.jpg
高野豆腐…年末年始もしっかり「もったいない料理」やりました。
かぶの塩もみの汁(塩味)、里芋の蒸し汁(旨み)、さつまいもの蒸し汁(まるでみりん)、昆布の戻し汁(ダシ)を全部活用したくて、醤油だけを加え、高野豆腐を煮ました。たっぷりの煮汁は、年越し蕎麦のつゆに。

<二の重>
150101_1017~01.jpg
里芋のさつま揚げ…蒸した里芋に桜エビと青ネギを加えて。
150101_1018~02.jpg
さつまいものレモン塩煮…一年物のレモン塩と水で、ゆっくり煮ました。
150101_1018~01.jpg
茶巾しぼり…じっくり蒸し煮にしたさつまいもを、裏ごししただけ。
150101_1017~02.jpg
林檎の白ワイン煮…厚手の鍋に白ワインと林檎を入れ、弱火でコトコト。

<三の重>
150101_1019~01.jpg
里芋の白煮…六方に剥くのはもったいなくて、形に合わせて丸く。
ねっちり・しっとり・ほっこり。よく味が染み込んでおいしかった〜
自然農の里芋、まだまだ土の中でご注文お待ちしています!)
150101_1018~03.jpg
昆布巻き…奇跡的に冷凍庫にあったブリで。
150101_1018~04.jpg
筑前煮…自然農の里芋&人参、干し椎茸、ごぼう、油麩。
椎茸の戻し汁とお醤油、みりんで味付け。

<ごはんとお味噌汁>
150101_1028~01.jpg
自然農のお米、豪華4種。神丹穂、緑米、香り米、豊里。
150101_1029~02.jpg
畑の小松菜を、自家製お味噌で味噌汁に。

<調理道具のメモ>
圧力鍋とシャトルシェフ(保温調理鍋)を駆使して作りました。
圧力鍋…黒豆煮、里芋のさつま揚げ(蒸す)、さつまいもの茶巾しぼり(蒸す)、里芋の白煮、昆布巻き
シャトルシェフ…高野豆腐、さつまいものレモン塩煮、筑前煮
中身をどんどん別鍋に移しながら、なるべくガスを使う時間を短く作れたと思います。
また、油ものが筑前煮(野菜を炒める)しかないので、筑前煮を最後にして、洗剤を少なくしました。

<調味料のメモ>
年始に人が集まる機会が多く、娘がお菓子をいただくことを想定し、おせち料理にお砂糖は使いませんでした。
素材の甘み(黒豆・里芋・さつまいも・林檎)、それから、みりんや蜂蜜。

<素材のメモ>
乾物や保存食は本当に役に立ちました。
 高野豆腐・かんぴょう・だし昆布・干し椎茸・桜エビ・油麩
 梅酢・レモン塩・すだちの搾り汁

※味が薄くて大丈夫!?と思われるかもしれませんが
 うちはまだ暖房を使っていないので、台所が極寒でして。
 三が日の間に食べきる量なので、問題ありません。


家族がお正月にお重をあけて「わー!」と喜んでくれ、
おいしいおいしいと食べてくれました。あぁ、作って良かった。

年が明けて二日。
すでにおかずが一品、また一品となくなってきました。
年に1回くらいは、こんなに料理するのもいいなぁ。

すっかり長くなりました。
今年も雑草屋を、そして嫁日記も、よろしくお願いいたします!
posted by miya at 14:47| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする