2015年01月22日

音の洪水

都心に暮らし、働いていたころは
いつも音楽を聴いていた気がする。
外界をシャットアウトして。

身体を壊して疲れ切ったころ、イヤホンを外してみた。
電車で、駅で、街で、気を配する範囲が急に広がった。


田舎で勤めていたころは
車でいつも音楽を聴いていた。

耳の病気を患って、なんとなく聴くのをやめた。
風の音、鳥の声、空の色、街の音、木々のざわめく音と匂い。
急に世界が鮮やかになったのを覚えている。



今、私たちの日常にはテレビがなく、家は静かで穏やかだ。

音や映像に脳内をもってかれるのが好きではなく、
車は音楽もラジオも流さない。


ショッピングモールは苦手。
けたたましい音と光、消費と浪費、欲望の誘導。
無数の作為的なエネルギーを感じてしまい
空恐ろしくなって逃げ出したくなる。

スーパーもドラッグストアも苦手。
電気がビカビカ眩しいし、音楽はハイテンポで鳴り響く。
小さな画面から熱心に映像と音が攻勢をかけてくる。
子どもを連れてきたい場所とは決して言えない。

待合室にテレビのある病院が多い。
本当に具合が悪いとき、テレビの騒音は凶器だった。
だから、なるべくテレビの置いてない病院を選んで通う。
どうしてものときは、テレビが見えない場所に座る。

私のパソコンは、音が出ないようにケーブルを抜いてある。
光だけでも刺激が強いのに、音まで発してこられたら
動物として頭がパソコンに没入してしまう気がするし
そんな時間を費やすより、家族と過ごしたい。牽制でもあるのだ。

携帯の放つ電子音が苦手で、
18歳で買ったときから、ずっとマナーモードで使っている。

知育玩具の音や、戦隊モノの玩具の音も苦手。
子どもの心を育てるのは、決して電子音ではないと思う。

子どもたちによって、無秩序にガシャガシャピーピロと
鳴り散らされる楽器の音も、胸が痛くてたまらない。
うちでは、楽器は丁寧に扱う条件でのみ、使ってよいことにしている。



きっと、山奥で生まれ育った私は、
小川の音、風の音、山の音、葉っぱの音、虫や鳥の声に
呼吸をするように抱かれる、その心地よさを忘れられないのだと思う。

「そんなんじゃ生きていけないよ」と言われることもある。
「へぇ、なんか、大変だね」と呆れられることもある。

でも、この大きな渦に飲み込まれずに過ごしてみないと
気が付かないことだって、あるのだ。



そもそも、人間が地上に登場して以来
どんな音に抱かれてきたのかを考えれば
現代の音の洪水は、確実に動物として異常事態であり、
時として心身を蝕むほどのストレスになると思う。

ただ、それを面と向かって人に言うことは、
徒労に終わると思うので、滅多にしない。



昨日今日と、仕事や付き合いが重なり、
娘たちを連れて出かけることが続いた。

つくばに暮らして三年目。
初めて、ちょっとした商業施設の片隅に入って椅子に座った。

携帯ショップのテクノ系の音楽がずっと聞こえてきて、息苦しくなる。
窓の外には気持ちの良い風が吹いているというのに、
どうしてこんなにせわしない空間が作られるのかなぁ。
次女(8ヶ月)が全身で音や光、商業の圧力を感じているのがわかる。

狭い室内で笛や太鼓を子ども達が鳴らし続ける場面もあった。
帰ろうよ、早く帰ろうよ。私と次女の身体はぎゅっと強張る。

来訪した母がどうしてもラーメンを食べたいと言うので
ラーメン屋を探して入ったが、けたたましいバラエティ番組の音は
私や娘たちを確実に落ち着かなくさせ、気もそぞろに食事をした。


欲しがらせ、買わせ、使わせ、飽きさせ、もっと欲しがらせる戦略の上で
時間を、音を、光を、精力的に消費するエネルギー。
太くて前向きで、貪欲とも言えるベクトル。

そうした一切合財を思って悲しくなり、帰路につく。
ゆっくり、家族と生きていけば、また違う風景が見える。

P5042830.JPG

タグ「動物として」関連記事:
 薄明かりのお風呂 [2015/01/23 21:12]
 水分補給への疑問 [2014/07/29]
 キャンドルナイトの子ども [2014/06/22]
 逆子の直し方 [2014/04/28]
 お産にじっくり向き合う [2014/04/18]


* * * お知らせ * * *

今の世の中、たとえ数時間でも、
自分だけのことに時間を費やすことは、簡単ではありません。

テレビ、ラジオ、スマートフォン、広告、音楽、
ありとあらゆる外部からの情報があなたに押し寄せてくるでしょう。

150125WS_ban.jpg
偶然から生まれる、思考と言葉と沈黙の旅。
1/25(日)はフリーテーマです。


静かに自分の想いを巡らせる時間。
締め切りは明日、23日です。

posted by miya at 16:32| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

家庭保育の風景

長女(5歳)の家庭保育を開始してから1年と3週間が経ちました。
今日は、そんな日々の風景を綴りたいと思います。


夕闇が迫り、畑から歩いて帰っていたとき。

「あ!お月様が電気をつけたよ!」

昼間は薄くぼんやり浮かんでいた月が
急に光を増した瞬間に気づいたようです。
141226_1652~01.jpg


庭で脱穀をすることが多いこの季節、
昼間は娘もお父さんと一緒に庭で仕事モード。

お昼ごはんも「テラスでいーから」と
親子でりんごの皮むき。
141227_1446~04.jpg
初めてのときより上手くなってる!


一人で粟子(ヤギ)のえさやりもできるようになってきました。

ロープの長さと粟子の動きを注意深く見ながら、
食べやすいように寄せてあげます。
150119_1112~02.jpg



昨日の夕方は、長女が門のあたりで叫んでいました。

「わー!だんだん沈んできたー!」

合間に夫の声。

「お日様が全部見えなくなったときに
 お父さんに教えてねー」


リビングの私に気づいた長女が
興奮して窓の近くまでやってきました。

「あのね!お日様がいつ隠れちゃうか調べてんの!
 あーどんどん見えなくなっちゃう!」

よほど楽しいのでしょう。

でっっっかい声で、また門のところに駆け戻り
西を見つめながら興奮しています。

「まばたきもしないで見てるからー!!」

真剣だ。非常に真剣だね。

でも興奮しすぎ、庭を振り返って長く喋りすぎた様子。
夫が気を利かして声をかけます。

夫「お日様はぜんぶ消えたのかなー?」

娘「あのね、まだ明るいから消えてないと思うー」

夫「お日様が見えなくなってるか確認してごらんー」

娘「・・・わー!なくなってるーーー!
  今!今何時ー!?」

夫「(携帯を確認して)5時6分だねー」

娘「ごじろっぷーん!!!!
  お母さん!お日様が沈んだ時間は5時6分だったよ!!
  お父さんと一緒に調べたのー!」


長女のこの大興奮ぶりを、この瞬間を、
家族全員で過ごしているときに見られて良かったなぁー
と、のんびり感じたことでした。


家庭保育の関連記事:
ご近所さんに見守られ さつまいもの茎を食べる 梨の皮むきに初挑戦 比較しない幸せ



* * * お知らせ * * *

つくサス活動第三弾、始まりました!
150221TKSS_ban.jpg
伊沢正名氏をゲストに迎え、「自然環境」をテーマに
自然と人間との関わりを深く考える1日。


午前中はお子様(小学生〜)も参加可能!
とびきりおいしいお野菜ランチも準備中です。お楽しみに!


* * * まかない日記 * * *

150116_0840~01.jpg
揚げ出し豆腐を作りました。揚げたあとのフライパンで
茹で落花生、おろし生姜、長ネギを軽く炒め
とろとろに炒め崩した菊芋と塩で「食べる塩あんかけ」♪
コレ絶品ですー。流行らないかなぁー。

ごちそうさまでした!
posted by miya at 14:40| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

パンドラの箱

20150128WS_image.jpg

結婚して、「奥さん」や「お母さん」をやって。

掃除、洗濯、料理、後片付け、送り迎え、
仕事、子育て、近所付き合い、親戚付き合い。

時折
「本当は私、こんなんじゃないんだけど」とか
「やるしかないから仕方ないけど、本当はやりたくない」とか
ぼんやりと感じる日があっても
毎日は確実に回って巡ってゆく。


では「本当の自分」ってどこにいるのか?
「今の自分」は何者なのか?果たして嘘の自分なのか?

なるべく考えないようにしながら日々を乗り越える。
立ち止まってもどうしようもないから。


・・・そんなお母さん仲間たちとのつぶやきから生まれた
ワークショップのテーマ、『 本当の私 』。

お誘いすると
「考えないようにしてるテーマでドキッとした」
「蓋してあった思いを直視するようでちょっと怖い」
などの声が返ってきます。

それは本当に、パンドラの箱なのでしょうか。


150128WS_ban.jpg
見失いがちな人も、解っているつもりの人も。
1/28(水)は「本当の私」がテーマです。


ほっとひと息ついていただけるよう、
ランチとお土産をご用意してお待ちしております。

関連記事:
「話す・聴く・気づきのワークショップ」初参加 話す・聴く・気づきのワークショップ参加  ゆっくりと耳を澄ます


・・・・・

昨日はたれかそさんの1日パン屋さんにお邪魔して
お豆さん、里芋、菊芋たちを販売しておりました。
150117_1153~01.jpg
北風ぴゅるりらー!と吹き荒れる中
馴染みのお客様、初めてのお客様それぞれに
楽しくお話させていただき、ほっこり。

来て下さったお客様、たれかそさん、Drapeさん・・・
ありがとうございました!
150117_1151~03.jpg
やっと手に入れた橙ピール&チョコの包み焼きパンは
夜のオトナのお楽しみに♪ 絶品でした〜〜♪


* * * お知らせ * * *

● [限定5組] 2/11(祝・水) 自然農大豆で味噌作り

● こぐま塾 2015年度アグリコース -いのちの田畑-

● つくし農園 2015年度プレーヤー募集要項

● 話す・聴く・気づきのワークショップ 今年度の開催日程


* * * まかない日記 * * *

150116_1336~01.jpg
自然農小豆で作った自家製粒あんで、
岩手の郷土料理という「ひゅうず」を作りました。
150116_1337~01.jpg
茶碗2杯の小麦粉に茶碗1杯の熱湯を注いでこねるだけ!の生地を
粒あん(本来は黒糖くるみ味噌)を包んで茹でるだけ!もっちんもっちんでした。

夜中にこれを油で揚げてみたら・・・
学食の揚げパンの味!うふ。懐かしかったです。
posted by miya at 15:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする