2014年12月09日

アピオスのつるを食べる

スタミナたっぷりで“戦闘食”とも言われるアピオス。

普段はポコポコした芋の部分を食べるのですが
芋と芋をつなぐ、つるの部分って・・・芋と同じ?
と気がつきました。

細かく刻んでフライパンへ。
良質の油でじっくりと揚げるように炒めてゆきます。
141208_0838~03-001.jpg
この時は白ごま油を使いました。
クセがなくて万能なのです。

畑でとれた人参、金かぶ、小かぶも使いましょう。
色合いが美しくて、刻む前に記念撮影。
141208_0819~01.jpg

自然農って、普通の農業や有機農とは違って
収穫が当たり前ではないので
こうして実りを得られる畑になっていること、夫の努力、
そして、畑自身の(自然の)“良くなる力”に、
つい思いを馳せるのです。

自然農の人参は正直に言って『強烈に濃厚な』人参なので
「果物みたいに甘ーい!」とか
「人参嫌いの子どもが食べた!」とは対極の存在。

どや!俺が人参や!文句あっか!
って圧倒するような存在感なので、今回は少なめに使います(笑)

今日の主役はアピオスのつる、
それに金かぶと小かぶの食べ比べも兼ねてますから。


かぶと人参は、葉っぱも刻んで使いました。
自然農野菜の炒飯、完成!
141208_0927~02.jpg

アピオスは「香りは栗、食感はサツマイモ、味は落花生」と言われますが
つるはもうひと味加わって「アーモンドのコク」がふわーっと広がります。

よく噛む人ならば、お口の中で次々にアピオスのつるが弾けて
アーモンドのような風味を堪能できると思います。

今年初めて植えたという金かぶも、美味しかったですよー。
香り高さに感動しました。



ここまで書いた記事を寝かせておいたら夫の記事と丸かぶり。。。
ごめんあそばせー



* * * お知らせ * * *

明日は直売の日! パン屋さんの中で、コーヒー屋さんの店先で、
いつものお買い物のついでに自然農のお野菜をどうぞ♪
12月の直売予定

お陰様で【おまかせセット】が好評です。
ありがとうございます!

+300円で【小さな野菜セット】が追加できます。
かぶ、人参、小松菜、大根などの小さめサイズを
葉っぱも丸ごと、300円分詰め合わせ。食卓の彩りにぜひ♪
14satoimo_ban.jpg
自然農の里芋・菊芋・アピオス・生姜など
通販・直販受付中!


posted by miya at 14:20| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする