2014年10月17日

おむつなし育児に初挑戦

次女を妊娠中から気になっていた「おむつなし育児」。

おむつを全く使わないというのではなく、
小さなおまるを使うなどして排泄に関わってゆく
親子のコミュニケーションらしいのですが・・・
詳しくはこちらのサイトへ→ おむつなし育児

臨月になった頃でしょうか、ネットで情報を読み漁り
「やってみたい!」と勇んで購入したのがこちら。

ホーローの小さなおまる「ベビーおまる」。
141017_1437~01.jpg
抱っこの赤ちゃんでもお尻にあてやすい作りで
おまるカバーもついていました。

しかし。
産後、やってみたいなーと思えど、実践は難しかった。

“いつも一緒にいればうんちのタイミングがわかる”
と体験談で書いてあったのですが、なかなかどうして。

例えば生後4カ月頃のパターンといえば
「出かける直前のチャイルドシートに乗せた時に」だの
「料理が全部終わっていただきますの瞬間に」だの
さぁこれから的なシーンが多く、わかっちゃいるけど
おまるをあてる余裕もありませんでした。


さて。
生後5カ月になって、うんちの頻度が
1日2〜3回になってきました。

布おむつを洗う手も冷たいし、荒れてきたし
せめてうんちくらいはおまるで成功できたらなー
と、ぼんやり考えておりました。

そして昨日。
授乳後に抱っこしているとき、
次女が赤い顔で気張りはじめました。

「わわわわ!ちょ、ちょっと待って!」
大きい声と移動で気をそらせながら、
押し入れのベビーおまるを取り出しました。
これはいけるかも!

下半身の服のボタンをはずし、抱っこ状態でおまるをあて
おまる上で布おむつをそ〜っと外しました。

小さなおまるに次女の小さなお尻をのせます。
長女と共に「さぁ頑張れ!うーん!」と声をかけると・・・

「うーっ」次女も力みまして・・・

やったー♪

4〜5分はおまるに座ったまま何度か気張ってくれました。
濡らしたコットンでお尻を拭いて、終了!

次女もお尻がべちょべちょにならないから気持ちよさそうだし、
後片付けも楽ちんだし、なんて便利なアイテム!と感動しました。


最近は午後3時頃から夜まで「たそがれ泣き」が始まり
布おむつを洗うのが深夜にずれこみがちだったので
これから、少しずつおまるで排泄リズムを掴んでいきたいなー。



* * * まかない日記 * * *

ついにお米登場!
有機の茨城産玄米が見つかりにくくなってしまい
市販の減農薬米、玄米ではなく白米を選択。

夫が育てた黒米(モチ)と押し麦をたっぷり加えて
圧力鍋でもっちもちごはんを炊いてくれました。

売れない枝豆(虫食い)も茹でてくれました。
お味噌汁にはカブの間引き菜。
小さなカブがついたまんまで可愛いのです。

母乳をあげているからか、お腹がすく私はごはん山盛りで♪
まだまだ残っている大葉味噌を添えて。

141017_1232~01.jpg

ごちそうさまでした!



* * * お知らせ * * *

ご注文くださったみなさま、お待たせしており恐縮です。
実りの頃合いを見計らって、順に出荷しております。
自然農枝豆の通販&直販受付中。販売は11月上旬まで。

10/19(日)「聴く、話す(対話・コミュニケーション)」のワークショップ、
お申込みは本日中にお願いします。
141019WS_ban.jpg

11/15(土)は「自然農(農、自然、暮らし)」をテーマに開催。

12/20(土)は「家族(親子・夫婦・一番近い他人)」がテーマです。
posted by miya at 15:23| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする