2014年10月11日

収納スペースを増やす

雑草屋の木工受注、ゆるゆると承っております。
設計:嫁、力仕事:夫。

Roji菜園テーブルさんに納品したのは、収納棚2点。
8日の現地作業は、夫婦(と子ども達)一緒にお邪魔して
一気に取りかかりました。

1つ目はこちら。
141008_1109~01.jpg

収納スペースを増やしたいとのことで
食器棚と吊り下げ棚を合体させた作りに。
141008_1228~02.jpg

1枚目の写真でわかるように、上面はフラットにしました。
今回は塗装なしでオーダーをいただきましたので
木の香るまんまで設置しました。
(塗りたくなったら言ってくださいね!)
141008_1228~03.jpg

奥に見えるのは調理スペースの収納。
こちらはガッシリ厚い材を使い、
物が落ちないように両サイドにも板をつけてあります。
141008_1228~01.jpg

下段は調理の手を遮らない奥行き、
上段2つはたっぷり収納できる奥行き、と
具体的に寸法を打ち合わせてから製作でき、助かりました。

シンプルな作り・・・と思いきや、現地で一番大変でした。

アルミ板の向こう側が見えないので、固定するにあたっては
夫がだいたいの木材の位置を想定して取りつけていくのですが
随所に予想を裏切る構造が待っており・・・
二人で作業しに来て本当に良かったです。


3時間の現地作業の間、子どもたちは店内で待機。

長女(5歳)は持参した本(モモちゃんシリーズ)を読んだり、
あやとりをしたり、大人の仕事を見学したり。

次女(4ヶ月)は抱っこをせがんで泣いたり、
ころんと転がされているうちに眠りこんだり。
授乳も2回くらいしたっけ。

Rojiさんのご主人のほか、奥様や娘さんもいらして
1歳の娘さんが店内をのしのし歩く様子が可愛かったなー。

家族でお店を持つって、こんな感じなのかぁ〜、と。
勤め人の娘として育った私には、とても新鮮な光景でした。
(雑草屋も自営業ですが、畑と自宅ですから)


今回のお仕事も本当に楽しく、勉強になりました!
ありがとうございました!!

もっともっと精進したいなぁ。技もですが、環境(工具)も。

電動工具はドライバードリル、ジグソーしか持っておらず
本当は丸ノコ、ルーター、電熱ペンなどなど・・・
少しずつ集めていきたいな〜と思っています。

その一方で、ビスやクギに頼らない木工も練習したい。
次は自宅用にスツールを作る予定なので、またご報告しますね。


* * * まかない日記 * * *

籾すり・精米してあったうちのお米が尽きてしまい
籾すりの時間が取れる日まで、しばらくお米なしサバイバル。

昨夜はそうめんかぼちゃを麺に見たてて
実家で捕れる鰻の白焼きと、庭の三つ葉で焼きそば風。
141010_1922~01.jpg
使った調味料は醤油だけ!
鰻から出る脂で旨みたっぷり、
そうめんかぼちゃの甘みのお陰でお砂糖いらず。いやっほぃ。


* * * お知らせ * * *

いよいよ枝豆の宅配がスタートしました〜♪ 販売ページはこちら

明日はつくば市内で枝豆・柿などを直売いたします。 詳細はこちら

10/19(日)「聴く、話す(対話・コミュニケーション)」のワークショップ、
参加者まだまだ募集中です。
141019WS_ban.jpg

11/15(土)は「自然農(農、自然、暮らし)」をテーマに開催。

12/20(土)は「家族(親子・夫婦・一番近い他人)」がテーマです。

posted by miya at 17:09| Comment(0) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

香り高き「翡翠ごはん」

自然農枝豆の味わいが、温かいごはんと一緒になって
湯気までずぅっといい香り。甘くておいしくてたまりません。
「翡翠ごはん」
141009_0803~02.jpg
お米は色合いの美しさが際立つ、赤米入り。
炊いてくれた夫によると
白米3合・赤米2合・押し麦1合の割合だそうです。

炊きあがったごはんに、茹でた枝豆を混ぜ込むだけ。
赤米も枝豆も色が冴えて、食感も良く、お気に入りです。


家族が遠慮し合って、最後にちょっとだけ残った枝豆を
だし巻き卵に入れてみました。
141009_1702~01.jpg
滅多に作らないのが顕著な出来ですけども、それはさておき。
卵に、鰹だし・酒・塩・みりんで薄味にしましたが
みりんは入れないほうが、枝豆の旨みが引き立ったなぁ・・・


8日(水)はいつものベッカライ・ブロートツァイトさんに加えて
コーヒーファクトリーさんでも枝豆・柿を販売させていただき
たくさんのお客様にご購入いただきました。

夫はファクトリーさんの店頭に立って対面販売。
この前買って美味しかったから」
「家族がバクバク食べちゃって、今度こそゆっくり!」
などなど、リピーターさんから嬉しいお声をいただきながら。

私がブロートツァイトさんへ商品を引き取りに伺ったら
「枝豆、美味しかったです」と言いながら
笑顔で最後の1袋をお買い上げされたお客様が帰られるところでした。
いやもう、嬉しいです。ありがとうございます。


12日(日)も3ヶ所で枝豆、柿を販売させていただきます。
→ 今週の直売予定:10/8(水)〜12(日)

新たにRoji菜園テーブルさんでも!
→ 10/12(日) Roji菜園テーブルさんにて


美味しい試食もご用意して、お待ちしております。

だんだん、3品種すべての枝豆がふっくら実ってきました。
三種食べ比べセットをご注文のお客様には、
来週から順次収穫してまいります。
→ 自然農枝豆2014 通販・直販 販売ページはこちら


* * * まかない日記 * * *

朝一番、庭に出て、三つ葉・ワケギ・青じそを摘み取りました。
麦とろ麺にたっぷりのっけて、すりごまも加え、麺つゆで。
141010_0841~02.jpg
薬味たっぷりで、ベトナムのお料理みたい。
後半はナンプラーとレモン汁、ごま油も加えてすっかりエスニック。
パワーが充填されます。


* * * お知らせ * * *

10/19(日)は「聴く、話す(対話・コミュニケーション)」がテーマ。
141019WS_ban.jpg
古民家で過ごす、静かなインナートリップの時間。


11/15(土)は「自然農(農、自然、暮らし)」をテーマに開催。
141115WS_ban.jpg
自然農の畑の真ん中で、車座になって。


12/20(土)は「家族(親子・夫婦・一番近い他人)」がテーマ。
141220WS_ban.jpg
年の瀬を前に、ゆっくりと見つめ直す。
ラベル:レシピ
posted by miya at 13:58| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

もったいない6 浸け汁

長女が炒めたチンゲンサイ。
つやっつや〜
141009_0835~02.jpg

大好きなもったいないシリーズ、今日は浸け汁編です。

酢漬け、塩漬け、醤油漬け・・・
いろんな常備菜を作ると、必ず最後に漬け汁が残ります。

きちんと作られた良い調味料を使った浸け汁たち。
しかも味の完成度が高い!素材のうまみが加わって絶妙。

こんな素敵な調味液を捨てるなんてもったいない。
うちは必ず、「あとで使おう」と冷蔵庫に残しておきます。


で、そろそろ使ってあげたいなーと思っていたのが
こちら。知人からいただいた手作りわさび漬け、の汁。
141007_0756~01.jpg
チンゲンサイと炒めましょうぞ。
お汁は半分くらい使いました。

これがなかなか美味しかったので、後日また作りました。
今度はたっぷりのチンゲンサイに、お汁がちょっぴりなので
らっきょうの塩漬けの汁を追加!
141009_0829~01.jpg
最後に少しの水溶き片栗粉で汁を絡みやすくして、おしまい。

調味料をあれやこれやと加えて、味見して、調整して・・・
という必要がないので、慌ただしい朝や、忙しい人ほどオススメです。

他にも、炒飯や煮物、和え物、ドレッシングなど
浸け汁の味に応じて、様々なお料理に活用できます。


料理の“もったいない”関連記事:
しりとり料理:酢漬け編 ・もったいない5 カニを食べたら ・米糠コーヒーを試作 ・もったいない4 パスタ・うどんの茹で汁 ・もったいない3 米糠クッキング ・もったいない2 熟し柿は調味料



* * * まかない日記 * * *

このところ本当に見事なお月さん。
畑からの帰り道、長女は大声でお月さまとお話しながら帰っているとか。

豆名月に合わせて、7日は夕食でも枝豆を食べました。
8日の販売用から、ほんの少しだけ取り分けて。

141007_1850~01.jpg
今年はよく育ったバジルを刻んでパスタに絡め、
じゃがいもと蓮根のオーブン焼きを添えました。
ごちそうさまでした。


* * * お知らせ * * *

つくば市内に限り、お勤め先などへの出張販売も承ります。
14edamame_ban.jpg
自然農枝豆の通販&直販スタート! 販売期間:11月上旬まで


10/19(日)は「聴く、話す(対話・コミュニケーション)」がテーマ。
141019WS_ban.jpg
古民家で過ごす、静かなインナートリップの時間。


11/15(土)は「自然農(農、自然、暮らし)」をテーマに開催。
141115WS_ban.jpg
自然農の畑の真ん中で、車座になって。


12/20(土)は「家族(親子・夫婦・一番近い他人)」がテーマ。
141220WS_ban.jpg
年の瀬を前に、ゆっくりと見つめ直す。
posted by miya at 11:51| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする