2014年07月14日

布おむつで出かけてみる

次女は「普段は布おむつ、外出時は紙おむつ」でやってきましたが
外出が続いたら、おむつの部分だけあせもになってしまいました。

以前おむつかぶれになって以来、こまめにおむつ交換をするようになり
次女も、おむつが濡れるとすぐに教えてくれるようになりました。
だから普段、おしりはいつもサラサラ。


紙おむつは、長時間吸収できるとはいえ、
尿を保水するので蒸れやすいそう。
同じ日に私も母乳パッドであせもになってしまいました。


紙おむつも、母乳パッドも、
長時間つけっぱなしは考えものだなぁ。
せめて畑には、布おむつで行けないものか。

そこで、秋田のおばあちゃんに電話で相談しました。


家族の食べるものをほぼ自給自足してきたおばあちゃん。
国鉄の鉄道員だったおじいちゃんの単身赴任が続くなか
おばあちゃんは娘二人を育てながら、ずっと田畑で働いてきたのです。

当時は当然、布おむつ(おしめ)しかありません。


「赤ちゃんのおむつはどうしてた?」
「背中にいっっぱい、おむつ背負って田んぼさ行くのよ」

「汚れたおむつはどうするの?」
「じゃーんじゃん取り替えて汚れものの袋に入れるの。
 うちさ帰ってからぜーんぶ洗うの、それしかないもの」


丸一日分の布おむつを、二種類の袋と共に。

実際にやってきたおばあちゃんの話を聞くと、
そんなに難しいことではなさそうに思えてきました。

140714_0603~01.jpg

おばあちゃんとの電話の翌日、
夫の友人夫妻のお宅にお呼ばれしていたので
思い切って布おむつで外出することにしました。

次女は布おむつの上から、万一の横モレ防止に紙おむつを装着。
まだ生後二カ月なので便が緩く、
紙おむつの立体ギャザーは結構助かるのです。ここはちゃっかり活用。

手荷物としては以下のものを。
・畳んである布おむつ、おむつカバーをありったけ全部
・コットン&水(ドレッシング入れに入れてある)
・厚手のチラシ15枚くらい(おむつ交換時に活躍)
・大き目のビニール袋2枚(わかりやすいよう、色の違うもの)
・おむつ替え用の防水シート
・紙おむつ2枚(予備)

外出先では頻繁におむつを替え、
どんどんビニール袋へ入れていきました。


一度だけうんちをしたのですが、
そのまま持ち帰るとえらいことになりそうで
使用済みのティッシュやら、持参したチラシやらでざぁっと拭きました。

おむつの汚れ箇所にチラシをあてて、
さらにチラシでくるんで汚れの拡大防止。
それから別のビニール袋に入れました。

これがすごく良くて!
帰宅後におむつを洗う時、普段よりずっと楽だったのです。


今回のお出かけでの結論。
「滞在型の外出は、布おむつでいける」

おばあちゃんに相談して良かったです。


そうそう、おばあちゃんが田んぼ仕事の最中に
赤ちゃん(私の母)をどうしていたかというと・・・

「親戚の5歳の女の子が一人で手伝いにきてねぇ。
 ずーっとおんぶして待ってたよ」 おおおぉぉぉ!えらいー!

長女が来月で5歳。そうなると戦力候補です。


* * * お知らせ * * *
14potato_ban.jpg
自然農ジャガイモ 通販・直販スタート!


我が家はこのところオーブン焼きに夢中です。
ジャガイモおすすめレシピ

お気軽にお問合せください♪
posted by miya at 06:43| Comment(2) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする