2014年06月29日

新ジャガの季節

2014.07.01販売&レシピの情報追記しました
山ほど植えてもらったジャガイモ。
降ったり晴れたりの不思議な日に、
家族で品種ごとの食べ比べをしてみました。

20140629 019.jpg

蒸しただけで相変わらず美味。
がっしりと味が濃いのです。

ついでにジャガイモ料理もどんどん作って。
今日のメガヒットは「自然農ジャガイモのオーブン焼き」。

 ううううううううううまぁ!

家族みんなが目をむいた旨さ。
甘さとコクがぎゅーっと濃縮されていました。

昼から作っては食べ、作っては食べ・・・
贅沢な日曜日となりました。



じゃがいもはつくいちで販売予定です。通販もできそうです。
レシピなど追加情報は追ってご案内いたしますね。

それでは、また。


** 2014.07.01追記 **
じゃがいも販売ページ、アップしました。
14potato_ban.jpg
自然農ジャガイモ 通販・直販スタート!


レシピページも同時にアップしております。
ジャガイモおすすめレシピ

ラベル:レシピ
posted by miya at 18:12| Comment(0) | 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

この夏もやります!

こぐま塾のサマーキャンプ、今年も開催します。
詳細を昨日アップしました! →こぐま塾サマーキャンプ2014

summer1.JPG

ありがたいことに、まだ詳細情報がアップできていないうちから
続々とお問合せ・お申込みをいただいておりました。
心よりお礼申し上げます。

そして、アップしたばかりなのに申し訳ありません。
開催決定の2コースどちらも残り2名です。
ご検討中の方はお早目にご連絡いただければと思います。


こぐま塾の仕事では毎回必ず
子どもたちに多くのことを学ばせてもらっています。

産後あんまり頭を使うことがなかったのですが
久々にじーっくり、プログラムや献立など綿密に詰めました。

料理は3日間、3食すべて子どもたちが作るため
献立と作業手順をきちんと設計しないと
てんやわんやになっちゃうのです。昨年の反省より。

summer2.JPG

開催まで1ヶ月もないので、準備をしっかりせねば。

木のまな板を新調しようかなぁ。わくわく。
今年はレトロ扇風機が2台に増えてるよ。
サマーキャンプのためにもらってきたよ。

みんなに会えるのが楽しみです♪


参考)2013年のサマーキャンプレポート 7月編8月編

posted by miya at 17:09| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

絵本で“お姉ちゃんの準備”

一人っ子だったはずが、赤ちゃんが産まれることに・・・
そんな長女の戸惑いをポジティブに導けたらと考え、次女を妊娠中
長女に絵本で「お姉ちゃんになる準備」をしてきました。

今日はそんな絵本たちをご紹介したいと思います。
二人目を予定されている方に、お役に立てば幸いです。


お母さんのお腹には赤ちゃんがいるけど
私のお洋服もおしゃぶりもあげないもん・・・
そんな女の子に訪れる小さな変化の1日。
mousugu-oneechan.jpg
もうすぐおねえちゃん

しみずみちを 作 / 山本まつ子 絵

これは実家にあって、子どもの頃よく読みました。
私が産まれる前、姉に読み聞かせていたのかな。
長女は、等身大の女の子の様子にとても共感するようで
お気に入りのひとつです。



お母さんのお腹に赤ちゃんがいて、わくわくして、
楽しい日々の中で赤ちゃんが産まれて・・・
momo-pu.jpg
モモちゃんとプー

モモちゃんとアカネちゃんの本(2)
松谷 みよ子 作 / 菊池 貞雄 絵

産まれたアカネちゃんと、お姉ちゃんになったモモちゃん。
お姉ちゃんの心の中、妹の赤ちゃんならではの心の中が
丁寧に温かく描かれています。
momo-akane.jpg
モモちゃんとアカネちゃん

モモちゃんとアカネちゃんの本(3)
松谷 みよ子 作 / 菊池 貞雄 絵

これらのモモちゃんシリーズは幼い私の愛読書でした。
長女も第一作からじっくりはまって、いつも読んでいます。
どうも、すっかり自分を重ねて読んでいる様子。



これまた等身大の女の子の心情が細かに描かれている絵本。
両親は赤ちゃんにかかりっきり。もう、家出しちゃうもんね。
fran-iede.jpg
フランシスのいえで

ラッセル・ホーバン 作 / リリアン・ホーバン 絵 / まつおか きょうこ 訳

もうすぐ妹の誕生日。
ああ、お小遣いでプレゼントを買ってやらなきゃいけないなんて!
fran-tan.jpg
フランシスとたんじょうび

ラッセル・ホーバン 作 / リリアン・ホーバン 絵 / まつおか きょうこ 訳

フランシスのシリーズは、お姉ちゃんの本音満載、きれいごとなし(笑)!
自分中心で考える、子どもらしい子どもの姿を見事に描ききっています。
長女の興味をぐいぐい惹きつけて、何度も繰り返し読んでいます。



赤ちゃんが産まれたあとの様々な日々を
幸福感いっぱいで綴った絵本。
hontouni.jpg
あなたって ほんとに しあわせね!

キャスリーン アンホールト 作 / 星川 菜津代 訳

長女はあまり手に取りませんが、Webでは評判が良いようです。



妹が産まれました。妹は目が見えません。
だから、私の夢は・・・
yume-ni-tubasa-wo.jpg
夢につばさを―世界中の子どもたちに

こやま 峰子 作 / 葉 祥明 絵

次女が産まれる前はそんなに関心を持たなかったのに
産まれた後、姉の自覚が芽生えたのか、急に読むように。
姉のひたむきな姿と妹への慈しみの心に何かを感じたようです。



我が家にある“お姉ちゃんになる準備の絵本”はこれで全部。

次女に授乳したり、寝かしつけたりしているとき耳を澄ませると
これらの絵本を長女が読みあげていることが結構あるんですよね。

自分なりに、姉として思うところがあるのかな。
頼もしい反面、たっぷり甘えさせてもあげないとですね。

それでは、また!

ラベル:子育て 絵本
posted by miya at 08:18| Comment(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする