2014年03月07日

心乱れるときは

あちこち顔を出しつつ、
パートは年度末の佳境に入り、
畑もしたい一方で
陣痛の練習編のような痛みも訪れつつ・・・

毎日“なんだか慌ただしい”が続いて。

慌ただしいのって、良くない。
と思うからますます気分が滅入る。

自分の浮き沈みが食の乱れにつながって
甘いものをつい食べ過ぎてしまったら
さらに気持ちが乱高下しやすくなるという悪循環。


翻弄されるのも疲れてきたので
ごはんをきちんと炊いて
お味噌汁をしっかり食べて
薬草茶をがばっと沸かして。

欲張らずに、用事をひとつひとつ。


そうして、ちょっと良くなってきました。
また、毎日を大切に見つめていけそうです。


3月。

長年続いてきた、「勤めに出る」生活がひと区切り。
4月から始まる「自営」に、正直おっかなびっくり。

夫、よくぞ腹をくくってやってきたものだ、すごいよ。



ふきのとうも、梅の花も、わいわいと。
140307_0857~01.jpg

140307_0859~01.jpg

粟子もファームステイから帰ってきています。
140307_0901~01.jpg

毎日を大切に、無理せず。

春を深呼吸して。


posted by miya at 09:21| Comment(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする