2013年12月08日

読み聞かせと国語

我が子が「本の虫」になるといいと思う。
図書室の本を片っ端から貪り読むような。
自分がそうだったからだけど。

とはいえ、いざ成長してからの無理強いはできないから
本人が喜ぶうちには読み聞かせに時間を割いてあげたい。

ということで、絵本の読み聞かせは毎日なのですが
これには参りました。


子供のころ、涙をこらえて耳を傾けた本・・・
読むのがどれだけ大変か!!! あー参った参った。



読み聞かせをたっぷりしてあげて、
本が大好きになると、
自分でどんどん本の世界に没入していきます。

そこから語句や表現を覚え、人生の機微を感じ、
行間を読み、自分の人生に大なり小なり反響させながら
ついでに国語(や古文・漢文)は勉強いらずになって楽ができて。

読書好きになるといいことずくめだと思うのです。



高校生の頃、字幕翻訳の大御所・戸田奈津子さんが
高知を訪れて、高校生向けの講演で仰いました。

「英語より日本語を勉強なさい」

母語を深く理解してこそ、外国語を的確に翻訳できるのだと。



簡単な日本語だけで会話をする子供が
英語で奥行きのある表現をすることはないのではないでしょうか。



もちろん語学というのは相乗効果があります。
国語と英語が相互に高めあうような用い方は必ずあります。

私も中高生のころは、英語のときだけ堂々とスピーチできたのです。
その体験が、日本語で表現する際の勇気につながったと思います。

子供のころに日本の図書を読み込んで、読解力が培われていないと
高校生になって英語の長文読解がさっぱり解けない。
ここにも確かに因果関係が見られます。



要は、大人が、どこまで意識して導くか。



小学校で英語の時間ができて、道徳の時間が必須になって。
でも国語を、読書を、おろそかにはしないで欲しいなぁと願います。

ラベル:子育て 絵本
posted by miya at 22:19| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

もったいない3 米糠クッキング

うちではお米を炊くときに精米しています。
玄米で食べることも多かったのですが、
どうも私の胃腸と玄米が合わなかったようで(過去記事参照
最近は炊く前に、台所の小さな精米機で分搗き米に精米しています。

そこで出てくるのが「米糠」。
そもそも玄米としておいしく食べていた部分です。
栄養豊富な米糠を捨てるわけにはいけません。

夫の黄金レシピは「米糠ふりかけ」。
自然農や有機栽培の玄米の米糠をフライパンで炒り、
白すりごま、天然塩を加えたもの。
香ばしくて甘くて、とても美味しいふりかけです。

そうでなくとも、炒った「炒り糠」を冷蔵庫に入れておき、
すぐに料理に使えるようにしています。

私は全粒粉代わりにしてパンやお菓子に使っています。
パンでは粉の5〜15%くらいを米糠にします。

朝起きてパンが食べたくなり、適当に30分で仕上げた米糠パン
131204_0824~02.jpg
下のほうはオーブンで焼いた分。
上の白っぽいのはオーブンに入りきらずに
フライパンにクッキングシートを敷いてフタをして弱火で焼いた分。

オーブン焼きはカリッと香ばしく、フライパン焼きはふんわり柔らかく。
米糠がなぜか紅茶のようにお洒落な味わいに変身していました。

焼いている間に洗い物を済ませ、りんごを切って。
かんたん朝ごはん。
131204_0824~01.jpg

もっと手軽に、炒り米糠を水で溶いてクレープを焼くことも多いです。


そしてクレープが焼けるなら、お好み焼きにも使えます。
お好み焼き作りは夫が上手なのでおまかせしています。

我が家のお好み焼きにはお肉の類は入りませんが
とにかくダシがきいていて美味しいのです。
ダシが効いてる件→サマーキャンプのお好み焼き

しかも水分はお米のとぎ汁やパスタ、うどん等の茹で汁・・・。


書き始めるとキリがないかも?
夫に見習い、「もったいない」を楽しんでみようと思います。
posted by miya at 21:22| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

もったいない2 熟し柿は調味料

熟しすぎた柿・・・
131205_1709~01.jpg
私は意地でもスプーンで食べていましたが、
夫はお砂糖の代わりにしていて、目からウロコ!

熟し柿は、中身をスプーンで取り出して潰しておきます。
種は最後に取り除きます。
131205_1715~01.jpg
甘〜い、とろとろのシロップみたいです。

これをお砂糖やハチミツ、みりんなどの代わりに
調味料として料理に使います。


昨夜は“野菜だけのすき焼き”をしました!

割り下には普通、たっぷりのお砂糖やみりんを使いますが
ここは熟し柿2個分だけでトライ。

割り下を作った時点では、お醤油が勝っている印象。
でも今日は野菜すき焼き!野菜から甘みを引き出しましょう。

参考にしたのは「わらのごはん」。
waranogohan.jpg
野菜の甘みをしっかり引き出してくれる
感動のレシピが満載の本なのです。

レシピ通り、じゃがいも、長ネギ、玉ねぎ、白菜、しいたけ・・・
野菜を敷き詰めて割り下をかけ、じーっくり弱火で甘みを引き出します。

野菜から出る水分と甘みで、だんだん割り下がちょうどよくなってきます。そこに糸蒟蒻、戻した高野豆腐や車麩なども追加しました。

お砂糖ゼロのすき焼き!!
鍋の下半分はお野菜がぎゅうぎゅう。
131205_1821~01.jpg
柿に感謝、お野菜に感謝。
想像をはるかに超えて甘く、ジューシー。


柿はほかにも肉じゃがなど、煮物によく使います。

汁気が多いので煮物がちょうどいいんです。
その分ほかの調味料や水分は加減すればOK。
 

最近は夫がお好み焼きソースにも柿を使用。

市販の(でも添加物が極力少ない)ウスターソースをベースに
柿やら何やら色々混ぜて煮詰めて作ってくれます。
131203_1855~03.jpg

ちなみに、お好み焼き本体も夫のこだわり満載。
いくつもの「もったいない」が隠されています。

それはまた後日。。。
posted by miya at 13:14| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする