2019年07月17日

食べ方の美しい人

子どものころ、
二言目には「お嫁に行ったときに恥をかくから」と
暮らしの中のあれやこれやを
厳しくしつこく、ああしろこうしろと叱られた。

今思えば、まっとうな「しつけ」。
書いて字のごとく、身を美しくする躾(しつけ)だったのだけれど
常に怒られていた私には、それが窮屈で仕方がなかった。

IMG_2192omiyamairi.JPG

小学校低学年のとき、
ふと、テレビドラマに出ている人の手元が目に入った。

お箸の扱いが優雅で、つい見とれた。
流れるように食べ物を運ぶ仕草の、美しいこと。


その瞬間から、
私もお箸を美しく持ちたい、美しく操りたいと
やる気が出てきた。

そうなると上達が早く、箸使いは注意されなくなった。

IMG_2182T_omiyamairi.JPG

中高生のとき、
食べ方のうつくしい友達がいた。

とても幸せそうに、美味しそうにいただく。
もぐもぐと、幸せいっぱい、真剣に、食べている。

その姿が見ていて気持ちよく、かわいらしく、
こちらまで美味しくなってしまう。

しかも箸使いが丁寧で、お弁当のときは気づかなかったけれど
お店などで向かい合えばお茶碗を持ってさりげなくおかずを迎えにゆき
見事な三角食べでおかずとお米、汁物を順に味わっていることに気がつく。

 ねぇ、卵焼き取りかえっこしよー。
 miyaんちの卵焼きは、甘くておいしいねぇ。

ニコニコ、もぐもぐ。

古めかしい校舎の窓際で、
うちの母の卵焼きをほおばる姿を思い出す。

IMG_2191omiyamairi.JPG

社会人になってから、先輩などに

 本当に美味しそうに食べるねぇ。
 ホラもっとお食べ。

なんてずいぶん言われたけれど、
あの友達の影響だったように思う。

IMG_2184T_omiyamairi.JPG

今の私がどんな食べ方をしているのかは、わからない。

日々必死すぎて、
きっと猫背になっていたり、暗い顔をしていたりするし、
食事を味わうとか丁寧に食べるとかを、忘れてしまっている。

IMG_2190omiyamairi.JPG

それでも、子ども達を連れてお弁当を持って出かけると
子どもらの食べている様子をほめられることは多い。

 丁寧だ、昭和のようだ、
 佇まいがいい、所作がいい・・・

そう声をかけてくださる人はやはり、
私がかつて憧れたような、食べ方の美しい人が多い。

IMG_3196seiza.JPG

関連記事:
幼児のお箸に思うこと 子どもの偏食(好き嫌い)対応をやめた結果 「やりたがる時」が「やらせ時」


今回は、次男坊のお宮参りの写真でしたー。
生後1ヶ月の頃が、すでに懐かしい・・・
IMG_2226T_omiyamairi.JPG

姉二人、あんなに抱っこの取り合いだったのにね。
IMG_2215T_omiyamairi.JPG

今ではもう4ヶ月、どぉーんと重くなった次男は
姉のどちらも抱っこしたがらなくなって、寂しそうです〜。



* * * お知らせ * * *

東京の稲城市から、茨城の大子町まで
4時間半の電車に揺られて夫がさきほど帰宅しましたー。

いな暮らしさんでのマインドボディヒーリング出張講座、お陰様で盛況だったそうです。
終了後にさっそく腰痛が消えたとの声も聞かれ、嬉しいですね^^

気になる慢性症状を治してしまいたい方、
出張開催もできますのでご相談くださいね。

今後のマインドボディヒーリング(心身治癒法)勉強会について



* * * まかない日記 * * *

自然派のお友達とお話していて、よく挙がるテーマが「甘いもの」。

小さいうちはなるべく甘いお菓子をあげない人が多いのですが、
果物はどう考えたらいいのか、たくさんいただいた時はどうするか。悩ましいですよね〜〜

うちは、果物は買いません。普段のおやつにも登場しません。
そのぶん、いただきものの果物は超プレミアム(笑)!

大事に大事に、食後のデザート(朝や昼)にしたり、おやつ(普段はおやつなし)にしたり。
果物でハイテンションになると寝つきが悪くなるので、夕方や夜にはあげません。

で、できればカロリーとしては食事に組み込んでしまいたいので
朝や昼にこんな組み合わせで食べることも多いです。
IMG_2231ichigo.JPG

生のまま、あるいは少量の塩と煮詰めてコンフィチュールにして
パンやパンケーキ、スコーンなどに添え、果物込みでひとつの献立にして、いただきます。
IMG_2232ichigo.JPG
ご近所の方にいただいた苺、甘くて美味しかったなぁ〜。
長女か夫が焼いてくれた、ぶ厚いパンケーキと一緒に。
苺は5人分で、このあとめいめいのお皿に配布しました。

ご近所の方々には何かとよくしていただいており、
少しずつご恩返ししていきたいものです。

ごちそうさまでした!!
posted by miya at 22:53| Comment(0) | 丁寧に暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)を治す

自然療法で治すシリーズ。

今回は、長女9歳・次女4歳・長男2歳が続けざまにかかった、
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)です。

IMG_3292tuyukusa.JPG

長くなるので、まずは概要を。

━【おたふくかぜのお手当て】やったこと━━
・耳下腺の腫れ ⇒ 里芋湿布(両耳の下に貼る)
・耳の中の痛み ⇒ ゆきのした青汁(耳に入れる)
・熱 ⇒ 大根おろし汁、ゆきのした青汁(飲む)
・頭痛 ⇒ 梅干し(果肉をつぶして額に貼る)
・要した日数 ⇒ 2.5日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では詳細、いきまーす。

IMG_3289kuwanoki.JPG

まだ千葉のアパート暮らしだった2月末。

長女と次女がどうも風邪っぽいな、熱っぽいなと思ったら
食事がつらい、噛むのが痛い、歯茎が痛い、と言い始めました。

歯茎の腫れかと思い、塩をつけた指先で歯茎をマッサージするも
翌日になってもまだまだ良くなる兆しがありません。

そういえば娘たち・・・顔が腫れぼったい。
普段以上にぷーっくり、しもぶくれてる!?

気づいてみれば分かりやすい、こりゃー、おたふくカゼだね!
長女なんて、真面目に予防接種も受けてあったのにね><;

IMG_0940otafukukaze_yukinoshita_aojiru.JPG
(いつもニコニコの次女に表情がない)


私は出産予定日までもう2週間もなく、
前駆陣痛でうなされている最中の発病。

今から手当ての日々かぁーとガックリうなだれつつ
なんとか自然療法の本を引っ張り出し、手当てをあれこれと選びました。


──────────────────────────
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
──────────────────────────

はじめ軽い熱が出て耳たぶの直前と直下がだんだん腫れ上って頬まではれてきます。
舌下膜やあごまではれてきて痛み、ものをかんだり飲みこんだりしても痛みます。

男の子はこう丸がはれたりして生殖能力を失うことがあるので注意します。

まず芋パスターを貼るのが一番です。手当が早ければこう丸まではれることはありません。
もしはれたらこう丸も芋パスターでひやし湿布します。

便通があってもなくても、おたふくかぜとわかったらすぐひまし油を飲んで下します。
一回飲むと二・三度下しますから非常にらくになります。痛みもうすらぎます。
細菌性の病気は腸に関係していますから便を出すとらくになります。

ひどく痛んだら、大根おろしの汁をたくさんつくって綿にひたして冷しますと痛みは去ります。
又耳の中が痛んだら大根おろしの汁を二・三滴耳の中に入れて脱脂綿で栓をしておきます。
そしてその上を豆腐パスターで冷やします。

ゆきのしたのしぼり汁を入れても効果があります。
耳の中に入れるのを恐れる人がありますが、
炎症をおこしている時は水分は蒸発してすぐかわいてしまいます。
そうでなくとも体温でかわきますから大丈夫です。

あと食事と手当はカゼの項を参照すると早く治ります。肝・腎・脾の手当もよい。

(「家庭で出来る自然療法・東城百合子著」より引用)

※芋パスター、豆腐パスターというのは「里芋湿布」「豆腐湿布」のことで、自然療法用語だと思ってください。

──────────────────────────


ひまし油って、昔から物語には登場するけど、
実際には何のことかわかっていませんでした。

世界で伝統的に下剤として使われてきた植物油だそうです。
が、うちには常備していないので断念〜。


まずは里芋湿布を作り、左右の耳下腺に貼って手拭いで固定。
さらに長女は頭も痛いというので、梅干しの果肉をおでこに貼りました。

梅干し湿布、里芋湿布
(記事の中ほどに詳細の説明と写真があります)

そして熱を緩和させるために青汁も配布。

ゆきのしたの葉っぱを細かく刻んですり鉢ですり潰し、
ガーゼ(うちは古おむつ)でぎゅ〜っと搾った青汁をコップに入れて配りました。

ゆきのしたの青汁は耳にも入れ、中からも炎症を鎮めます。
ゆきのした療法
(記事の中ほどにあります)


IMG_0937otafukukaze_yukinoshita_aojiru.JPG
(長男も飲みたがって3人で青汁タイム。部屋の中がいろいろ非常事態)


長女は絶食で早く治したい派。
次女は歯茎が痛くても何か食べたい(そして治るのに日数がかかる)派。

食べたい人にはゆるめのおかゆを食べさせ、
1日目はずっと寝ていてくれました、が。

夜も朝も里芋湿布を取り替えて2日目、寝飽きた次女がブーブー言うので
口に入れるお手当ても、ちょっと新バリエーションを模索します。

──────────────────────────
ダイコン
──────────────────────────

熱のあるとき、ダイコンおろしに生姜おろし少々加え、
醤油または塩を加えて、熱い番茶を注ぎ、
おわん一杯位飲むと熱が下がります。

また、魚や肉の毒消しにもよいのです。

(「薬草の自然療法・東城百合子著」より引用)
──────────────────────────


大根は、なるべく辛くない上のほうをすりおろしたんですが、
量が足りないと困ると思ってつい中ほどまで使ってしまい
結果としてやや辛みのあるおろし汁ができてしまいました。

生姜のおろし汁とお醤油だけをちょろっと垂らして飲ませると、
「からーい、でもおいしーい。」

そうだ、熱い番茶を用意してなかった(笑)!
そりゃ辛いわけだ〜 まぁいっか〜^^;

IMG_3290inutade.JPG

引き続き食べたい人だけおかゆを少量食べてもらい、
寝て、起きて、寝て・・・

食い意地最大の次女が
「なんか食べたいぃぃぃ(泣)」とむせび泣くのが気の毒で、
ちょっと甘いものを作ってみました。

<ゆずとクコの実の葛練り>
IMG_1194otafukukaze_kuzu.JPG
身体を温める本葛粉を小鍋に入れ、水を入れてトロ火にかけます。
ぐるぐる絶えずかき混ぜて、ふっと透明度が増したら
ゆず果汁、はちみつ、クコの実を加えて味を確かめ、完成〜。
しょうがをおろした残りも入れたような。

子ども達、大喜びで食べていました。
おたふくで口腔内が腫れているから、とろっと食感が嬉しかったようです。

そして娘二人、翌日には回復しました!
よかったよかった。

病気じゃないのに一緒に治病食モードに付き合ってくれた長男は・・・
IMG_1197otafukukaze_kuzu.JPG

数日後、ほっぺが赤くてかわいーい♪と呑気に写真なぞ撮っていたら・・・
IMG_1209otafukukaze.JPG

腫れてきたぁー! おたふくかぜ、感染してました。。。
IMG_1241otafukukaze_satoimo_shippu.JPG
ただただ静かに、悲しげなまなざしで治療に専念する2歳児。
自然療法の達人だわー!

うちはお手当てを受け入れてくれる子、断わる子、さまざまです。
長女と長男は経験的にお手当てで早く治ると判っていて、ほぼ受け入れてくれます。

次女は4歳くらいまでは強情にお手当てをふりきり、かなぐり捨て(笑)、
とにかく治るのに一番時間がかかっていました。

今回のおたふくかぜでは、
長女の症状進行が1日くらい早かったので、その様子を見て
どうも大変そうだ、私もお手当てしてもらおう、と思ったようです。
あー良かった。

IMG_1267otafukukaze.JPG
長男も2日で治りました〜。パチパチ!

半年が経過してしまいましたが、忘れずアップできてよかったです。


次女以降は予防接種をほぼ受けていないのですが
どんな病気にどんな症状があって、それは自然療法で治せそうかどうか
ひととおり検討してから受ける・受けないを決めてきました。

今回、予防接種を受けていた長女ですら感染したのは意外でしたが
全員が自然療法のお手当てを受け入れてくれ、
とてもスムーズに回復できたので、良かったです^^


症状別の「自然療法」「手当て」関連記事:
気管支炎  中耳炎 ぜんそく 副鼻腔炎(蓄膿症) 風邪の考察手当て ウイルス性胃腸炎
蜂刺され 魚の目・イボ ものもらい・口内炎 便秘 あせも 
おむつかぶれ おむつかぶれの種類と手当て 乳腺炎 乳頭亀裂・乳口炎
一番簡単な「手当て」の話


大人の症状は、まずはストレスを見つめて脳を説得する、
「マインドボディヒーリング(心身治癒法)」で予防、早期鎮火。

発展してしまった症状や、進んでしまっている子どもの症状は、
対処療法として、「自然療法」のお手当て。

そんな風に、両方をうまく使って
「医者いらず」の暮らしを楽しんでいます。

IMG_3288nejibana.JPG



* * * お知らせ * * *

もうすぐ!開催です〜

・7月16日 新月カフェVol.32 in 取手

ひきこもり経験者、生きづらさを抱える人などの静かな居場所です。
申し込みなしでの当日参加も大丈夫です。


・7月17日 出張マインドボディヒーリング講座@東京 いな暮らし
〜腰痛や頭痛や皮膚炎など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

勉強会のあとに、身体にやさしい晩ごはんを食べながらのシェアタイムがあります。
こちらはお食事や資料の用意がありますので事前にお申込みくださいね。



* * * まかない日記 * * *

6月の下旬、生後100日を迎えた次男のお食い初めをやりました。
IMG_3163okuizome.JPG
専用の漆の食器一式なぞどこへいったのやら・・・(笑)
そもそも3人目の長男の時点で、お食い初めをやり忘れていましたわ〜

メニューもかなり適当で、普通の食器と普通のメニューですが
お頭つきのお魚は欲しいな〜と思って買い物を夫に頼んだら、鯛は売り切れ。
ですがイシモチがあったから「意志持ち」ってことで!ですって。
IMG_3158okuizome.JPG

おととし、つくばの畑で育てていた小豆でお赤飯。
IMG_3159okuizome.JPG

高知の実家から届いた四方竹で煮物。
IMG_3161okuizome.JPG

食べ物に困らないように、そして自分の食べ物ぐらいは育てられるように。。。
IMG_3169okuizome.JPG

健やかに育っております^^
IMG_3150okuizome.JPG
(入居してみたら押入れがほぼ使えない状態で、ダンボールがいっぱい!半分は遊び用、半分は荷物)


posted by miya at 19:45| Comment(0) | 自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

田植えと遊び

今年は、つくばで田んぼをやることにした。

ホームスクール仲間のご家族もお誘いして、
いちプレーヤーとして、つくし農園の田んぼで田植え。

旧暦どおりに営む自然農では、
田植えも6月の夏至の頃になる。

IMG_3322tanbo.JPG

湿地を利用した、水路も何もない天水田(てんすいでん)。
機械が入れない湿地だから長年放置され、葦が茂っていたらしい。

こんな場所を再び田んぼとして使おうと考えた、
若かりし頃の夫は、本当にすごいと思う。計測したり整えたり)

IMG_3284naedoko.JPG

苗床は田んぼの片隅で。

しかし大子町からつくば市までは片道2時間以上。

過去にはオケラによる苗床全滅などもあったから、
様子を見に行けないリスクヘッジとして、
今回は家でも苗を育てておいた。

IMG_3280nae.JPG

基本的には1本植え。
大きく大きく育った苗を、大事に植えていく。

IMG_3283nae.JPG

霧雨と小雨を行き来する空模様のこの日、
子ども達は隣の区画を自由に使っていいことにした。

IMG_3314anahori.JPG

湿地とはいえ、雨が少なければ水は溜まらない。
土を掘って掘って、「水が出てきたー」と盛り上がる子ども達。

IMG_3319anahori.JPG

小学生チームは穴掘りに夢中。

ちびっこチームは大人と一緒に田植えをしたり、
お姉ちゃんのそばに行ったり。

IMG_3320anahori.JPG

例年なら長女に対して
「ちっとは手伝え〜」なんて、怒り気味だったかもしれない。

でも今年は、
穴掘っていいよって言ったあたりからふっと気が抜けて、
めいめいが好きに過ごせばいいや〜、と思うようになった。

IMG_3333dorodango.JPG

大人が本気で夢中になっていれば、
大人がちゃんと楽しんでいれば、それでいい。

それに、本気で楽しそうなときは、子どもも寄ってくる。
ふわーっと寄ってきて、しばらく一緒に田植えして、また遊びに戻っていく。

IMG_3344taue.JPG

無理にやらせるより、体験をさせなきゃと頑張るより、
このほうが自然なんだろうな。

IMG_3346taue.JPG

やったか、やらなかったかではなく、
全力で夢中になれたか、その時間を大切にしてあげられたか。

IMG_3339anahori.JPG

そう振り返ると、今年の田んぼは最高だったと思う。

IMG_3340anahori.JPG

最後の田植えは、7月7日に我が家だけで植えた。

田んぼは梅雨のおかげでやっと水が張っていて
子ども達は穴の周りで漁業ごっこ。

私たち夫婦は言葉少なに、
自然農かつ天水田の田んぼの面白さを噛み締めながら
土に鎌を入れては苗を挿し入れ、植えていく。

去年は千葉にいて、大勢で代掻き田んぼはやったけど
いつもの田んぼができなかったからその分だけ、

枯れ草が何年分も積み重なってできた豊かな「亡骸の層」に感嘆し、
出会う様々な生き物に驚き、楽しみ、
試みとして苗の間隔をすごく大きくしたりして、ワクワクした。


つくし農園が、自然農サークルとなって2年目。
プレーヤーのみなさんは黙々とそれぞれの田畑を楽しんでいるご様子。

都市開発が凄まじいつくばの中に、
小さく小さく営まれる自然農の楽園。

稲刈りまで、細く長く、通えることが嬉しい。


「田んぼ」関連記事:
 天水田での稲刈り1粒のお米、1本の苗がどこまで育つか、ぜひ見てほしい〜!
 一緒に植えたい今は長女も赤ちゃんの世話ができるので、生後三ヶ月でも夫婦の田植えが実現♪
 お米の生い立ち次女が赤ちゃん!懐かしい〜。そして今赤ちゃんの次男と同じ顔でびっくり〜。



* * * お知らせ * * *

もうすぐ!開催です〜

・7月16日 新月カフェVol.32 in 取手

ひきこもり経験者、生きづらさを抱える人などの静かな居場所です。
申し込みなしでの当日参加も大丈夫です。


・7月17日 出張マインドボディヒーリング講座@東京 いな暮らし
〜腰痛や頭痛や皮膚炎など、心を見つめて身体を整える実践ヒーリング〜

勉強会のあとに、身体にやさしい晩ごはんを食べながらのシェアタイムがあります。
こちらはお食事や資料の用意がありますので事前にお申込みくださいね。



* * * まかない日記 * * *

くたくたに煮込んだ「大根の葉っぱカレー」が気に入って、よく作っています。
大きめのお鍋でまとめて作って、数日かけて食べます。
IMG_3268bangohan.JPG
残りもののパスタもトマト増量でちゃっかりおかず風に。
切っただけの人参、作り置きドレッシングをかけるだけのサラダで、簡単晩ごはん。

子ども達の食べる量が、中年になりつつある私たち夫婦の食べる量を上回り・・・
盛り付けてもどれが誰のだかわからなくなってきました(汗)。

まぁ元気だからいいとしよう。ごちそうさまでした!
posted by miya at 22:48| Comment(0) | 子育てと教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする