2017年05月23日

にんじんの骨

先日、すっかりトウ立ちした人参を
夫がたくさん収穫してきてくれました。

柔らかい葉は、パスタの具やふりかけに。
茎も刻めば炒飯の具に、もちろんふりかけにも。
食べられない固い茎もいい香りを出すので、スープのダシに。

芯が固くなってしまった人参(オレンジ色のところ)は、
じっくり炒めて、いただきました^^


でね。

食べてびっくり。
にんじんに、骨がある(笑)!!

IMG_8764ninjin_hone.JPG

すごいなぁー。まるでお魚。

IMG_8762ninjin_hone.JPG

力いっぱい、根を張って、花を咲かせて種を落として、
命、つなぎまっせ!!!っていう勢いがビシバシ。

IMG_8766ninjin_hone.JPG

娘たちと大騒ぎしながら「にんじんの骨」観察を楽しんだ夜でした。


IMG_8744narita_airport.JPG
(今日は夫を成田まで送ってきました)


最近、うじうじと言い訳めいたことばかりで恐縮です。

先週から目を患い、風邪にすっかりやり込められ・・・
ウサギのような真っ赤な目と、お岩さん状態とを行き来しながら暮らしています。

IMG_8754narita_airport.JPG
(小さな人たちは飛行機に関心なし。手の届く範囲の世界が大事なのね〜)


・・・断食すれば、治りがすごく早いんですけども。
食い意地を優先する自分もまた真実。やれやれ。

IMG_8760narita_airport.JPG

半断食でも久しぶりにやってみようかな。


自然療法のお手当ても楽しいけど、
今は、自分のためにやりたくない気分。

身体に悪いことをしてしまう自分と、
ぐったり倒れて寝ていたい自分とが共謀して、

「仕事も家事もぜーんぜんできませーん」
という事態を作り出しています。 こらー!


ま、ずっと前向きに頑張ってる人とか演じてもしょうがないですから。
今は繭の中なのです。むふ。



* * * お知らせ * * *

5月28日、心身治癒法(マインドボディヒーリング)の勉強会です。

※カタカナだとやたらめったら胡散臭い響き!ですが、
 水晶も石も波動も一切関係ありませんのでご安心を〜。
 (よく警戒されるのです^^;)


滞りすぎて、色々お知らせしたいのにリンク先が用意できてません。
片目だけで作業するのも限界が。。。(やっぱり早よ治さなー)



* * * まかない日記 * * *

うちの庭には昨年から、
イタリアンパセリ、パクチー、セロリの3点セットが植えてあって
それが見事に越冬して、初夏を謳歌してくれています。

気がついたらパクチーがトウ立ちしそうだったので
慌てて花芽を摘みまくって、パクチーうどん!
IMG_8568pakuchi-udon.JPG
刻んだ新たまねぎとにんにく、パクチー、トマトを予め自家製めんつゆ&りんご酢に漬けておき、オリーブオイルを絡めておいた麺にどばっとのっけて。

夏を先取りした味でした〜!ごちそうさま♪
posted by miya at 21:26| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

半纏(はんてん)を家で洗う方法

相変わらず、パソコン仕事全般が滞っており恐縮です。
連休に書きたかった記事を今頃ですがアップします。

IMG_7882hanten_araikata.JPG

◆半纏(はんてん)を家で洗う決意

夏の気配がだんだん強まってきた5月、
家族全員の半纏を片っ端から片付けることにしました。

昔はクリーニングに出していたのですが
綿入れというだけで一着千円はかかってしまいます。
家族5人中4人の半纏、計4着をクリーニングに出すほど
うちはセレブでもお人好しでもありません。

それに、暖房なし生活を謳歌して冬を越す我が家では
とにかく毎日毎日、半纏を着て暮らしてきたので、
お上品にクリーニング屋さんにお任せしている場合ではなく、
ガツンと、しっかり、ごっそりと、汚れを落としたい。

というわけで・・・

IMG_7883hanten_araikata_sitsukeito.JPG

◆綿を固定すればいい

秋田出身で知恵者の実母に相談して
「半纏をキルティングして洗う」というスキルを身につけたのが2年前。

まぁ、キルティングなんて大層なものではなく、
しつけ糸で縦横に大きく縫って綿を押さえ、
洗って乾かしたら糸を外し、翌シーズンに着た後、また縫って洗う・・・
の繰り返しをすることにしたのです。

しつけ糸でキルティングすることによって、
なんと洗濯機の普通コースでじゃぶじゃぶ洗っても大丈夫!
非常に画期的な方法です!

糸は玉結びのみで、40〜50cmくらいに切ったものをざくざく縫い、
途切れたら玉止めをせずに終わり、また新しい糸で縫い続けます。

IMG_7884hanten_araikata_sitsukeito.JPG
(妊娠中のしんどい時期、見かねた母が縫ってくれたのをありがた〜くキープしています)


◆ずっと綿を固定しておけばいい

とはいえ、毎年縫うのも億劫になってきまして。

ついに昨年から、キルティングしたままの状態で
半纏を着用することにしました。

色合いも半纏の色に合わせて縫うことで、目立ちません♪

IMG_7880lunch_terrace.JPG
(柿の若葉が生い茂ってくると、もう半纏はいらないね〜)


◆汚れの落とし方

朝夕の寒さがすっかり穏やかになってきた5月初旬、
1日1着のペースで、毎朝起きたら半纏を洗っていきました。

綿入れは、布団なんかもそうですが、意外に汚れを蓄えています。

今は洗剤なし生活を楽しんでいるものの、
半纏の部分的な汚れ(襟首、紐、袖口、肘、裾、ポケット周辺など)が気になって
固形石鹸で洗ってみたところ、出るわ出るわ、ダークなお水が!

IMG_7970musuko.JPG
(なぬっ)


まずはがっしょんがっしょん、洗面所で洗い、
そのあと洗濯機に1着(子ども用なら2着)の半纏を入れて
お風呂場からシャワーホースを引っ張ってきます。

お湯を40℃前後に設定して、洗濯槽にお湯を溜めます。
・・・そう、湯洗いです!

お湯をたっぷり溜めたら、普通コースで洗いはじめます。
汚れの激しい人については、強力コースで洗ってしまいます。

お湯の力はすごいですよ。
洗剤を使わない我が家でも、最初の石鹸による下洗いの影響か
純粋にお湯の威力なのかわかりませんが、汚れがどんどん出てきます。
水の濁った色に驚きます。

そしてすすぎ2回、脱水6〜9分と定番のコースを終えたら
お日様にしっかり当てて、きっちり干します。
途中で前後、裏表、上下など返しながら、全体を均一に乾かします。

IMG_8012hanten_araikata_sitsukeito.JPG

これを1日でいっきに済ませてもいいんですが
うちは布おむつや野良着、子どもたちの泥よごれ衣類などもあるので
半纏は1日1着ずつにして、負担を分散させました。

暑くなってきても冬物が家でかさばっていると
何となーくストレスになったりするんですが(主婦だけ?)
かつて最難関だった半纏の片付け(クリーニング)が、
しつけ糸によってこんなに手軽な存在になるなんて。

あースッキリ♪

IMG_8011hanten_araikata.JPG

以上、一部の人にしか役立たないけれど
とっても節約になる、半纏の洗い方でした〜^^;

IMG_8108koinobori2017.JPG



* * * お知らせ * * *

これまた告知が後追いで申し訳ありません・・・
Facebookへのリンクを貼らせてくださいまし。

明日夕方、つくばカピオにて。
5月17日【マインドフルネス勉強会@つくば】5月の勉強会のお知らせ

そして、こぐま塾も13日に続いて20日も集まりますよー。
お米ファイトー!オケラに負けないぞー!!
(お米がピンチな件は夫のブログで詳しくどうぞ⇒ 全滅信号



* * * まかない日記 * * *

冷奴に、ムラサキハナナやカラスノエンドウのお花を乗っけました。
女子、大盛り上がり。お客様にお出しするのも良さそうです。
IMG_8136hiyayakko.JPG

お好み焼きに、大きく育ち過ぎたユキノシタの葉っぱを並べてみました。
豚肉みたいなイメージで。なかなかジューシーで美味しかったなぁ。
IMG_8137okonomiyaki_yukinoshita.JPG

春のごちそう。
ごちそうさまでした!
posted by miya at 21:58| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

春の野草に囲まれて

大変ご無沙汰しておりました。雑草屋の嫁です。

思っていた以上にハードな3月4月が終わって、
5月の連休では夫婦が順繰りに寝込んでしまいました。
まぁ、身体が「そろそろ休ましてくれー」と叫んでいたように思います。


さて、この春もたくさんの野草を美味しくいただきました。
庭で、畑で、素性がきちんとわかる野草を摘めるのはとてもありがたいです。

あまりにも日常的に食卓に上がっていたので、あんまり記事にしなかったんですが
せっかくの野草献立、ちょっと振り返ってみようと思います。


●山菜と野草の天丼
(ミツバ、スイバ、ウド、コゴミ、ユキノシタ、タンポポ、つくし +しめじ)
IMG_7740harunoyasou.JPG

庭の一隅をユーモラスにワイルドに占有する、コゴミ。
IMG_7492yasou_kogomi.JPG
春先にきちんと食べてみようねと毎年話してきて、
でもいつも忘れちゃって、4年目にしてやっと収穫。
旨み濃厚で、この春一番おいしかった山野草です!

お向かいの方が育てているウド。
IMG_7733udo.JPG
長女がいつも遊びに行って、ウドの姿形をしっかり覚えてきたらしく、
なんと!こぐまの森(畑の隣)にもウドがあることが今日わかりました〜。

左は三つ葉で、そのまま三つ葉だけのかき揚げに。
右は食いしん坊の次女がなぜか何度も摘んでくるスイバ。
酸っぱいんだけど、天ぷらにすればまぁアクセントになる感じ。
IMG_7735mitsuba_suiba.JPG

庭で増殖しているユキノシタと、可愛らしいタンポポのお花。
IMG_7736yukinoshita_tanpopo.JPG

畑でたくさん摘んできたつくし。
長女のはかま取りはもうベテランの域です。
しめじと合わせてジューシーなかき揚げに。
IMG_7738tsukushi.JPG

それぞれを揚げて、盛り合わせて、山菜野草天ぷらのできあがり!
自家製天つゆや塩でいただきました〜。
IMG_7744yasou_tempra.JPG

●たけのこ
あちらから、こちらから、美味しいたけのこをいただいて
せっせと水煮にして、日々水を取り替えながら楽しんでいます。
IMG_7862takenoko.JPG
こんがり焼きつけて鍋肌に醤油を垂らして絡めたり、
片栗粉をまぶして揚げてから梅干しを溶いた天つゆにくぐらせたり。

高野豆腐と共にすり鉢で叩き潰して唐揚げ(鶏肉そっくりの食感、鶏より美味!)にしたり、
固いところだけ集めてすりおろして、揚げてわかめとタレに絡めたり。

明日は残りごはんとタケノコでチキンライス風に挑戦しまーす。

●ハコベ
お庭のそこかしこでわさわさと伸びてきたハコベ。
IMG_8046hakobe.JPG
4月にしっかり草刈りをすると、青紫蘇・赤紫蘇が芽を出してくるので
草刈りしていたら、ご立派なハコベがどっさり茂っておりまして。
もったいないので長女に摘んでもらいました。
IMG_8047hakobe.JPG

葉っぱを摘み取ってサッと茹で、
厚揚げと鰹節でお浸し風味のボリュームサラダにしました。
IMG_8048hakobe_ohitashi_salad.JPG

●カラスノエンドウ
葉っぱと柔らかいつるをお味噌汁に入れたり、
莢の柔らかいうちに摘んでミニさやえんどうを茹でて料理にあしらったり、
冷奴にお花をのっけたり。色々楽しんでいます。

カラスノエンドウは過去にも何度か記事にしています。
 葉っぱ ⇒ 万能食材、カラスノエンドウ
 お花 ⇒ カラスノエンドウを食べる
 莢 ⇒ カラスノエンドウの莢・豆を食べる


それにしてもうちの子たち、よく食べます。
ホントに大喜びで、どれもこれも、おいしいおいしいと食べました。
IMG_8059kids.JPG
自分の目と舌で、食べられるものを見つけて、生き抜けるようになーれ。
なぁんてね。


さーて。さてさて。
雑草屋、自然体研究所、更新が追い付かないくらい色々やってます。

やることはたくさんあるんだけど、
やりたいことから、楽しいことから、好きな人との仕事から、
好きな順に、嬉しい順に、やっていこうと思った連休明けです。



* * * お知らせ * * *

5月14日(日)、もう今週末ですが!イベント2つありまーす。
Facebookのイベントページへのリンクを貼っておきますね。

IMG_7228tsuta -2.JPG
第13回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座〜花粉も腰もまとめて体質改善!


170514WS.jpg
話す・聴く・気づきのワークショップ「病は心から」


まるごと一日楽しんでもよし、ちょこっと片方だけ参加してもよし。
身体のどこかにどんよりと不調を引きずっている方、ぜひ〜。

posted by miya at 22:04| Comment(0) | 自然をいただく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする