2017年09月20日

幼子のように

IMG_1643miya_1years_old.JPG


何もかもを放り出して

大声で泣かせてあげよう



おかあさーん!



実際の母親とは関係なくていいんだ


ぐじゃぐじゃの泣きっ面で

甘えて ひっついて 抱っこしてもらうんだ



そんなイメージを

自分に許してあげよう



おかあさーん!


IMG_1351kokudo_chiri_in.JPG


※消えてしまいたいときに読んでねシリーズ、
 ちょこちょこ書いてきたのをアップしていきます〜。


大人でいることに疲れたみんな、
さぁご一緒に!


おかあさーん!


関連記事: おんぶ 小さいころみたいに



* * * お知らせ * * *

2日前のご案内ですみませんが・・・
ストレスチェックで慢性症状を治してしまおう講座、夜の開催です。

P1060880grasshopper
9.22(金)第24回 マインドボディヒーリング(心身治癒法)講座〜頭痛も腰もまとめて体質改善!


Facebookの方はこちらのイベントページからどうぞ〜。



* * * まかない日記 * * *

息子のお誕生日祝いは、義実家の都合もあって
ちょっと早めに開催しました。

で、本当のお誕生日の夜はこんなメニューでした。
IMG_0922A_BD_dinner.JPG
実家のトマトと畑でとれたバジルの冷製パスタ。
キャロットラペ(レーズン入り)と、空芯菜のおひたし(くるみ入り)。
IMG_0923A_BD_dinner.JPG
絶品きのこスープの元をまとめて作り置きしてあったので、
長ネギとお湯でささっと仕上げたスープも添えました。
IMG_0927A_BD_dinner.JPG
大事なお友達も遊びに来てくれて、善き夜でした〜。

おめでとう、そしてありがとう!!

posted by miya at 21:04| Comment(0) | 心のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

乳製品なしのフルーツタルトレシピ 〜息子1歳の誕生日〜

IMG_0939A_BD_present.JPG

我が家はとっても恵まれていて、
子どもたちのお誕生日祝いにプレゼントをくれる祖父母がいます。

息子が産まれて1年が経ち、7月末に迎えたお誕生日には
いわきの義実家のみなさんが
つくばまでお祝いに駆けつけてくださりました。(そして扇風機が出勤なさいました、最初の写真右側。)

IMG_0892A_BD_nekozyarashi.JPG

義実家は結婚以来、少しずつ私たち夫婦のポリシーを
薄布を重ねるように理解してきてくださって
今では「プレゼント、何がいい?指定してね!」と言ってくれるほど。

買い物が大好きなんだよ、とは夫の弁で
でもせっかくなら今すごく必要なものを、とお願いしたのがこちら。

・水泳パンツ(これで上の子たちとプールに入れる!)
IMG_0819A_BD_present.JPG

・外遊び用つなぎ(ついでに長袖も買ってくれました)
IMG_0822A_BD_present.JPG

3人目で初の男子なもんだから、買おう買おうと思いつつ、
つい後回しにしちゃってたものを、揃えていただきました〜。

これだけじゃつまらんと思ったのか、会津の赤べこもくれました^^
IMG_0853A_BD_present_akabeko.JPG
(深々とおじぎ。何度もおじぎ。今でもぬいぐるみには深くおじぎ(笑))


私の母からも「何がいい?勝手に選んだら怒られるかと思って〜」と連絡があったので
甥っ子たちのお下がりでいいから布パンツを送って!と言ったところ
お下がり+新品がどどーんと届きました。
IMG_0812IMG_0763A_BD_present.JPG
せっかく夏だし、1歳の誕生日を機に
ときどき布パンツにしてみようかと思ったのです〜。

あ、私たち親からのプレゼントは恒例の絵本(冒頭の写真)でした。
上の子たちにも、夫が買い集めた古本の中から
いま最適な内容のものを選んで、ついでのプレゼント。


まだ100%母乳のみで育てているので、息子は何も食べませんし
一升餅も背負うので、今回は家でのお祝い。
IMG_0795IMG_0763A_BD_isshoumochi.JPG

でもせっかく義実家がみんなで来てくださったので
つくばの美味しいものを買ってきてランチにしました。
IMG_0758A_BD_lunch.JPG
トレイルベーカリーと、ベッカライ・ブロートツァイト
それぞれのサンドを何種類も頼んでみんなで山分け〜!夢みた〜い♪♪
IMG_0759A_BD_lunch.JPG
舌の肥えた義実家も「これはすごいね〜」と唸る美味しさでした。


で、誕生日といえばケーキ。

義実家が買ってきてくれたタルトがこちら。
いわきの自然派パティスリー、サクラのフルーツタルト。
IMG_0766IMG_0763A_BD_cake2.JPG

乳製品アレルギーがあった次女には、まだ数年は控えようと思って
乳製品なしのフルーツタルトを用意しておきました。
IMG_0763A_BD_cake.JPG
果樹園のブルーベリーをたっぷり使って。
切り分けなくてもいいようにマフィン型で焼いています。

自分のために、作り方をメモしておきます。
※私は知り合いの平飼い卵を使っていますが、
 ヴィーガンなら「卵黄1個分」を「油 大さじ1弱」に置き換えると何とかなるかと思います。



■■乳製品なしのフルーツタルト■■

材料は基本的にオーガニックなものをおすすめします。

<クリーム>
・有機ココナッツミルク缶 1缶 ※添加物なしのもの
・塩 少々

(1)紙のコーヒーフィルターをドリッパーにセットする。なければ小さめのザルにキッチンペーパーでも可。下には液体を受ける容器を設置する。
(2)ココナッツミルク缶をあけ、中身を(1)の上にあける。
(3)数時間〜1晩おいて、ぽったりとクリーム状になるまで待つ。
 ※分離させすぎてカチコチの場合、少量の液体分で固形分を伸ばす
(4)クリームに塩少々を混ぜて甘さを引き立てる。
 ※残った水分はタイカレーに使っても、パンケーキ生地の水分として使ってもgoodです

<タルト台>
・全粒粉薄力粉 100g
・アーモンドプードル 10g
・小麦ふすま 20g
・メイプルシロップ 65g
・なたね油、米油など 〜30g
・卵黄 1個分

(1)卵黄にメイプルシロップ、油の順に加えては、泡だて器でよくかき混ぜてゆく。
(2)ゴムべらに替えて粉類をいっきに入れ、切り混ぜる。
(3)ぽろぽろしてきたらまとめてラップをして冷蔵庫で1時間寝かす。
(4)型に油をしっかり塗って、伸ばしたタルト生地を敷き、フォークでぷすぷすと穴をあける。
(5)200℃に余熱しておいたオーブンで10〜12分焼く。

<仕上げ>
(1)焼きあがったタルト生地に、ココナッツのクリームを適量入れる。
(2)季節のフルーツをあしらって、完成。

クリームを入れてすぐは、タルトがざっくざく触感。
数時間〜ひと晩置くと、水分をタルトが吸って、しっとり一体感が生まれます。

あ、タルト型からタルトが外れない・・・(涙) なんて時も、
冷蔵庫に入れて半日待てば、しっとりまとまって、外れてくれます。

写真のように、小さい型(マフィン型など)に作ると
クリームがゆるくっても気になりません。

大きな型で作って、切り分けて・・・という場合はクリームを多少硬めにしたり、
前夜に仕込んで、水分をタルトに吸わせたりして
ココナッツクリームをやや固形にさせたほうが、切り分けやすいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■


はい、メモここまでー!

今日はこれにて、おやすみなさい♪

IMG_0890A_BD_playing.JPG
posted by miya at 23:49| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

冷房なし生活4年目の記録

すっかり秋になったところですが
この夏の記録をちょこちょこ書いていこうと思います。

IMG_1098umi2017.JPG

まずは、2014年から続けてきた「冷房なし生活」について。

今年はね〜、曇りが多かったのもあって
扇風機もうちわもいらなかったです!!(あ、これは去年もか?)

来客用には出しておいたんですが、
家にいる分には、濡らし手拭いさえも、1回しか使わず。

もはやグリーンカーテンすら設えず。
暑さに、慣れたんだと思います。

IMG_1059F's_bessou.JPG

東日本は涼しい夏だったからかな?とも考えたんですが
私も子どもたちも、窓さえ全開にしてあれば
炎天下の車(@駐車場)の中でもじーっと座って
おしゃべりに興じていられたので、
暑さに強くなっていると言い切っていいでしょう。

↑その間に夫が猛ダッシュで買い物を済ませてたりします^^

IMG_1108umi2017.JPG

そういえば、私が大豆の草刈りしてる間も畑のすぐ脇に駐車して
「暑かったら出ておいで〜」と言っておいたのに
子どもたち、車でずーっと本読んだり手遊びしたりしてました・・・
(夫なら汗腺からビールがしたたり落ちますが)

IMG_1135umi2017.JPG

例えば、高速道路だとスピードありすぎて窓があまり開けられないんですが
冷房なしで、窓をほんの少し、1〜3cmくらいあけて走ってました。

子どもも身体が正直になったのか、
何か別の施設などで空調ガンガン(冷たすぎるわけじゃない場所でも)
の中に数時間いたら、帰宅後はみーんな、床に伸びて休憩。

IMG_1168umi2017.JPG

夏バテって、熱中症って、もしかしたら

 ・水分の摂りすぎ
 ・空調の使いすぎ
 ・食べすぎ

の総決算なんじゃないかしら〜。と思うようになりました。

IMG_1123umi2017.JPG

あっ!
あとね、浴衣!

女物の浴衣って、1枚じゃ着られないから
結局全然涼しくなくて、嫌いだったんです。

大昔は花火大会だ夏祭りだと、
デートに浴衣を着ていっては汗を気にして、ウンザリしてたなぁ。


それが。
今年、浴衣を着て気がつきました。

 暑くない。
 汗かかない。

日常とのコントラストなんだなぁー。

普段、暑さに慣れていたら(&無駄な水分摂取もしてなければ)
浴衣も気持ちよく、サラリと着れるのね〜!
と、嬉しかったです。

IMG_1160umi2017.JPG
(今回の写真は、恒例?のお泊り海水浴から。Fにい&Fねえ、2年前も今年も、ありがとう♪)


関連記事:「暑さ対策」タグ一覧 いっぱいあります! できることから少しずつ〜^^


我が家が来年チャレンジするとしたら、「衣類の生乾き対策」かなぁ。

昨日は生乾き臭のくっさーい服で印刷作業に行ってしまいました。
育児の会のみんな、ごめん!明日も生乾き服しかない予感(涙)!!



* * * お知らせ * * *

もぞもぞモタモタ、ずぅっと作業してたことがあるんですが
やっとひと山越えて、今やっとチラシ配りの時を迎えました。
honma_tsukuba_1.jpg

つくば自然育児の会が主催する講演会です。
ご都合つく方はぜひぜひ♪
honma_tsukuba_2.jpg

10/29(日)本間真二郎先生講演会 病気・健康・ワクチンのお話会inつくば



* * * まかない日記 * * *

今年はいただきものの桃がなぜかそんなに甘くなくて、
追熟させているうちにもう中心部から傷み始め、でも果肉は甘さ少ないまま。

そこで、逆転の発想ですっぱいものと合わせて食べることに。
IMG_1011momo.JPG
桃とトマト、モッツァレラのカプレーゼです。
確か、てんきち母ちゃんのBlogで見た組み合わせ。
カットした3つの材料を、オリーブオイルとレモン汁、塩、黒胡椒、で和えるだけ!

桃がすっぱいと言っても、トマトやレモンに比べたら甘く感じるので、良かった〜。
ワインと食べたくなる組み合わせで、大人のおつまみにぴったりでした。


ひと山越えて、いろんな人に助けてもらい、
胸のぎゅーっと苦しかったのがふわっと軽くなったので
これからはまた、ボチボチ書いていけそうです。
みんなに感謝!!!

ではまた♪
posted by miya at 23:41| Comment(0) | 暮らしの工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする