2024年05月15日

近況報告:2024春

なんということでしょう・・・
前回の紅茶の記事から、一年が経ってしまいました!

この春は、10歳次女&7歳長男のペアが
茶畑に走ってはせっせとお茶摘みをして、
揉んで、発酵させ(ここだけサポート)、干してと、
楽しそうに紅茶づくりしております。


さて。

衝撃の指先切断(!)からかなり復活してきた夫、
この春からはぐいぐいっと田畑に戻ってこれまして。
IMG_5519ichirinsya_kids.jpg
(下3人が一度に乗れるのもあと数年だね)


夫の畑と、私の畑と。
棲み分けして、色々な試みを進めています。

IMG_5588T_araimono.jpg
(お母さんと収穫したノビルを丁寧に洗う)


長女は中学3年、お外に羽ばたき始める頃であんまり家にいませんが。
いとこが遊びに来てくれたら、童心に返って遊んでました。
IMG_5601koyagi_blanco.jpg
ケヤキに登ってる長女、あんまり見えないや(笑)


私は、ついパソコン仕事を後回しにして、主に畑で過ごすこと一年。
えぇ、没頭しました、満喫しました〜♪


気候変動に備えて、あれこれ思いを巡らせて。

子どもに生きる知恵と技術を伝えながら
田畑の工夫を楽しんで参ります。


ではまたー!



* * * お知らせ * * *

\ただいま、雑草屋一番の目玉商品/
rental_maachan_ban2.jpg
レンタルまーちゃん


雑草屋、自然体研究家として20数年間、
蓄積・発酵・濃縮してきた小松学の人的資産、すべてが商品。

出張レンタルをスタートしてもうすぐ半年。
大変、大変ご好評いただいております。どうぞご用命ください(夫に)。


そのほか、

地に足の着いた暮らしと思想を模索する
「ポスト資本主義合宿」(前回の情報はこちら

ストレスにフォーカスして
花粉症や慢性症状に別れを告げる
「心身治癒法講座」(前回の情報はこちら

などなど、主に雑草屋facebookで発信していまーす。



* * * まかない日記 * * *

出産4回目(私と同じ)、産まれた子ヤギは計10頭。

母さんヤギの貫禄たっぷりとなった豆子さん
とうとうミルクを搾らせてくれるようになりましたーーー! パチパチ拍手〜!


ホットココア(砂糖なし。ココアに塩ちょっぴり)とか
はったい粉ミルク(はったい粉を入れてシェイク)で飲むことが多いんですが、

ときどきプリンにしたり、
カッテージチーズにしたり。
IMG_5506yagimilk_cheeze.jpg
(ヤギ乳チーズに、高知の実家から届く無農薬トマトを添えて)


夫としては、ヤギを飼って15年以上。
悲願のヤギミルクが、ついに実現した春でした。

もう少しの間、ミルクを出してくれそうです。
ありがとう豆子♪
ラベル:ヤギ
posted by miya at 22:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月29日

紅茶をつくる

八十八夜を迎えた5月2日。

長年放棄されている茶畑を見に行くと、
柔らかな新芽がツンツンと出ていました。
IMG_1551chabatake.JPG
畑が忙しいから諦めていたけど、こんな新芽を見てしまうと
ウズウズそわそわ、摘みたくなってしまいます。

そして5月5日のこどもの日。

子どもたちと一緒に、普段とは違うことを楽しもうと
茶摘みに繰り出しました。
IMG_1546chabatake.JPG

買ったばかりの背負籠が大活躍。
子どもたちも取り合いになる可愛さです。
IMG_1545chabatake.JPG
大子町にはまだ、竹籠職人のおじいさんがいるんですよ!
暮らしに根ざした実用的で経済的な竹籠の数々。うっとりします。


さて子どもたち。
プチプチ摘むのに飽きたら、ケヤキのブランコでぶーらぶら。
IMG_1553keyaki_buranco.JPG

ここ、最高だなぁ。
IMG_1554keyaki_buranco.JPG
右に見えるのはすべり台(板を置いただけ)、
奥に見える緑のネットは、コッコさんたちの運動場。


言い出しっぺのお母さんは一人で黙々と摘み続け、
背負籠の4分の1まで摘んだころにいったん終了としました。
IMG_1555chatsumi.JPG
このあたりのおばあさん達は、茶摘み仕事を散々こなしてきているので
信じられないほどのスピードで、両手でしゅしゅしゅしゅしゅ!っと摘んでいくらしいのですが。
私はまだまだ素人です。今度教わらねば。


お庭で30分ほど、お茶っ葉のおにぎりができるくらいまで揉み続けます。
ファーストフラッシュ(柔らかな新芽)を狙ってを採ったからか、ちぎれるちぎれる…(汗)
IMG_1557koucha.JPG

濡らし手拭い二枚で包んで暖かい場所に置き、半日以上発酵させます。
IMG_1556koucha.JPG
本には、お風呂の残り湯に浮かべて一晩、とあるんですが
お湯なんて張らないからなぁ… 昼間の車で温まってもらいました。

じっくり発酵させて、紅茶の香りがしてきたら、
平ザルに紙を敷き、茶葉を広げてお日様にあてて乾かします。
IMG_1631koucha.JPG
ほんの半日で乾いてしまいました…
このところの5月の陽気がちょっと怖い。

作った紅茶は、次女のお誕生日祝いのときに淹れました!
優しい香りで、渋みが少なく、美味しかったです♪


慣行農のお茶は、なぜか野菜よりも農薬の基準がはるかに緩く
「飲む農薬」とまで言われているほど。

ここにはせっかく、長年放棄されてきた茶畑があるので、
ちょこちょこ気分転換に茶摘みをして、紅茶を増やしていきたい。
好きになれそうなら、色んな種類のお茶も作って試してみたい。

そしてコーヒーどっぷり生活から、精神的にも経済的にも
半分くらいは自家製のお茶にシフトしたいなぁ〜。
と、夢を描いている40歳なのでした。

IMG_1857chatsumi_minnade.JPG


この春は家も山も畑も、バリバリやってこー!
と決めていたのに、3月末に夫が割と大きな怪我をしまして…
搬送・手術・入院・療養と、一ヶ月不在でして…

書き出したらキリがないほどの野良仕事を
毎日、自然農の本と首っ引きでひとつひとつ進め、
激動の春を駆け抜け、夫が戻り、5月の終わりを迎えました。


お陰様で夫の指はなんとか治癒に舵を切ったようで
最近は、動かせる左手だけで草刈りなど手伝ってくれます。
IMG_1620komugi_karasunoendou.JPG

素晴らしい畑の風景に毎日癒やされ、
数日前に産まれた子ヤギたちの愛らしさにも癒やされ(今度ご紹介しますね)。

なんとかかんとか、梅雨も夏も、乗り切っていこう。



* * * お知らせ * * *

facebookを見てくださっている方はご存知かもしれませんが
6月3日(土)、ドキュメンタリー映画「杜人」の無料上映会を開催します!
moribitoチラシ表 JPEG.jpg
【無料上映会inだいご】杜人(もりびと)〜環境再生医 矢野智徳の挑戦


なんと一日二回上映。合間に夫たちの報告会も挟みます。

無料だけど予約優先なので、ぜひご予約の上、いらしてくださいね。
現時点で、夜の部はとっても余裕があってオススメです^^



* * * まかない日記 * * *

淹れた紅茶の写真は撮り忘れましたが、
次女9歳のお誕生日ケーキを記録しておきます。

お庭のいちごが少なかったので、割引いちごに助けを求めました。
IMG_1737Y_BDcake.JPG
お砂糖なし、乳製品なし、小麦粉なし。
甘さは作り置きの煮詰めたりんごと、新鮮ないちごで。

スポンジ部分は米粉パンケーキを薄焼きにして重ねています。
IMG_1755Y_BDcake.JPG
クリームは、大豆パウダーに煮詰めたりんごピュレ・油・水・塩・ココア。
コクを足したくて、少し白ねりごまかピーナッツペーストを入れたかも。

この材料なら冷蔵庫なし生活でも簡単にクリームを用意できるので、
いい発明をしたわ〜。ほくほく。

デコレーションにいつも悩みます。
なんかわからんけど、こんなんできました。
IMG_1752Y_BDcake2.JPG

「わぁ!ツツジのお花みたいだね!!」と優しいコメントをしてくれました。
IMG_1759Y_BDcake.JPG
9歳おめでとう!楽しんでいこう!!
posted by miya at 22:07| Comment(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月13日

暮らしの密度

IMG_8482niwatori_dakko.JPG

粘土をしっかりこね続けることで
密度の高い、丈夫な焼き物を作るように。

毎日畑や庭に出てこまごまと動き、
焚き木を集めて煮炊きする日々を重ねてきました。

IMG_8504soba.JPG
(今回の写真はどれも10月のもの。ソバは、今では脱穀まで完了している)


私はご近所の、高齢のおばあちゃんに憧れています。

夜明けから起きてやりたいことをやり、
朝に夕に畑へ向かい、くるくると立ち働いて
夜は早々と寝てしまう、くっきりとした暮らし。

IMG_8498obaachan.JPG

スマホは持ちたくないから、
パソコンでブログを書いてきた私ですが、
以前、買い替えに失敗してしまいまして。

極端に調子の悪いNewパソコンをまた買い替えるのが億劫で、
むしろパソコンからかなり距離を置いて過ごしています。

デジカメやパソコンに期待できないので
この夏から秋にかけては過去一番、
目の前のこと(主に畑のこと)に集中できました。

IMG_8486yagi.JPG


発信しない。

発信することを念頭に置かない。


IMG_8509minitomato.JPG

最初、代わりに色々と発信を担ってくれることになる夫や
お仕事つながりの方にはちょっと申し訳なかったのですが

夫は私には関係なく自分のペースでパソコンを触っているし、
意外とこのままでもいいのかもしれません。


前は、SNSやブログなど、
今ここにいない大勢の誰かに伝えることを
常に意識して過ごしていたんだなぁ。


何のために、誰のために、を
一度ぎゅうっと狭くすることで、
暮らしの密度が高まったように感じます。

IMG_8453sanzyaku_sasage.JPG

もちろん、相変わらず手際が悪いので
あれこれやりたいことだらけで、
わぁ〜!終わらん!って騒いでいますけれど。

お庭が気持ちよくなったり、畑が可愛らしくなったりと、
お外の嬉しい風景が増えました。

IMG_8419soba_hana_asatsuyu.JPG


私は、私を幸せにすることができる。


そんな実感を積み重ねながら、
小さく「よしよし」と呟きながら、暮らしています。

IMG_8421tadeai_akamanma.JPG


関連記事:無心、夢中 1日1ワクワク ゆっくりと耳を澄ます



* * * お知らせ * * *

夫がBlogを更新しています。

持続可能性を塗る ※Blog 毎日が「自然農」 に飛びます

私が完全ノータッチを決め込んだ「土壁塗り」と
その周囲に広がる深淵な自然界、そして探究。ほぉぉぉぉ。


あとイベントあれこれのご案内も。
どちらも茨城県北、大子町(だいごまち)での開催となります。

・11/23 古武術百姓を目指す会#04
・11/24-25 さとやま新月カフェ <古民家居場所&お泊り&自然リトリートの二日間>



* * * まかない日記 * * *

今年、自家用としては過去最大の量を育てたじゃがいも。

子どもたちが洗って、私がまとめて蒸かしておいて、
あれこれと料理に使っています。

子どもだけでも、すぐにおかずが作れるから便利。
(自分で作っている間は腹ペコの声がおさまるのも便利…)
IMG_8436potato_tubusu.JPG

細長くて、レタスより扱いやすいチマサンチュ。
8歳の次女が1枚1枚洗ってくれたのを食卓に出すと
マッシュポテトを包んで食べるブームが生まれました。
IMG_8432potato.JPG
3歳の次男もお気に入りで、チマサンチュ好きになりましたよ。


草刈りをしているとヨモギが常に更新されて、
秋だというのに春先のような柔らかいヨモギを摘むことができます。

茹でて刻んだものを餅米と炊いて、混ぜてぺんぺんっと盛り付けて。
夫が作ってくれた、甘酒あんこを塗りました。
IMG_8429yomogi_ohagi.JPG
…よもぎ団子?おはぎ?

不思議な食卓に沸き立つ子どもたち(笑)。
IMG_8430yomogi_ohagi_bangohan.JPG
だってよもぎ団子が食べたかったんだもん。
ごちそうさまでした♪
posted by miya at 08:14| Comment(0) | ゆっくり生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする